『居心地のいいホテルに泊まってても、昼間の居場所がなく、食事がおいしくなくて、面白い日本人旅行者もいないので、長期滞在できない』@ダカール/セネガル

【ホテルオセアニックの部屋】
2001年3月20日、バマコ(マリ)から、「エアセネガル(V7)731便で、ダカール(セネガル)に午前11時35分着。
今度はタクシー料金のトラブルもなく、3000セーファーフラン(100セーファーフランが17円と考えるので510円)で「ホテルオセアニック」へ。
ホテルオセアニックの2階の角部屋102号室にチェックイン。
これが16600フラン(2800円)。
チョット高いがホテルの部屋も気に入った。
ホテルにはレストランもあり、中庭もある。
とてもホッとする、いい感じのところだ。
しかし、まだお昼だよ。
だから、食事に出たい。
ダカールで僕の頭に浮かぶ食事とは、「チキンの丸焼き」。
マーケットのほうへ歩いていく途中の「アリババレストラン」のチキンの丸焼きがおいしい。
ただ、チキンの丸焼きは、焼きあがるのに時間がかかるので、午後3時以降がちょうどいい。
それまでどうやって時間を潰すかというと、もちろん、ステキな部屋で寝ててもいい。
でも昼間から寝てしまうと、夕方まで起きられないかも。
すると、(ダカールの夜道は危険なので)ホテルから出ないことになる。
ま、ホテルにはレストランも付いてるから、飢え死にはしないんだけどね。

【日本大使館@ダカール/セネガル】
まあ、ベッドに横になるとすると、僕は本を読みながら寝ることになる。
もちろん手許には英語の本や雑誌(Newsweek)がある。
でもこういう風に、久しぶりにダカールへ戻ってきて、ホッとしたときは、頭を使わない、日本語の本を読みたいものだね。
ダカールで日本語の本が読めるところ、日本語の本が借り出せるところはただ一つ。
それは、在ダカール日本大使館の図書室なんだよ。
ということはだ、まず日本大使館へ行って、図書室で本を読み、誰か面白そうな日本人がいたら捕まえて、話し相手にする。
日本人がいなくてもそこで時間を潰して、帰りにアリババレストランで、チキンの丸焼きを買えばいい。
こう計画を立てた僕は、早速日本大使館へ歩いて行く。

【在ダカール日本大使館の図書室で旅行情報ノートを読む世界旅行者】
日本大使館は、町の中心からちょっと外れたところにあるので、歩いていくと20分はかかったかな。
旅行者がだらだらと暇つぶしできるところでもない。
図書室があって、そこでは、日本語の本やビデオカセットがあり、借り出すこともできた。
僕はこの時、日本語の本を4冊借りることにして、借り出しの記録簿に記入した。
あと、旅行情報ノートもあった。
が、中身はたいしたことは、書いてない。
情報ノートには、一つ、面白いレポートがあった。
それは、エジプト、スーダン、チャド、ニジェール、マリと陸路国境を越えてダカールまで来たという人の話。
「タンクローリーの上に一週間乗っていた」というのだが、あまりにスゴすぎて、一般受けしないだろう。
旅の話というのは、あまりにすごいと、「ヘーッ」で終わってしまうんだよね。
ビザ情報などもいろいろあったが、結局今の状況は、行ってみなければわからない。
だから、下手に情報を集めるよりも、集めないほうがすっきりしているわけだ。
例えば僕が乗った「ダカール〜バマコ」の国際列車についても、細かいこと、乗り方のウンチクをいろいろ書いている人がいた。
でも僕は、特に何にも考えずに、切符を買って、ひたすらビールを飲み続けて、無事にダカールに着いたしね(笑)。
ちょっと熱っぽくて、身体がだるいと気になっていたこともあり、日本大使館の医務官にマラリアのことを相談した。
それで「BIO21」というところで血液検査をする予約を取ってもらった。
帰ろうとするころに、ジャンベ(太鼓)を持った、ヘラヘラした日本人男性が入ってきた。
僕は、バマコで、雀部くんというジャンべ演奏家と一緒だったから、どうやら西アフリカはジャンべを学ぶ日本人が多いようだね。
僕はとっとと日本大使館を出て、アリババレストランへ行った。
ここで、チキンの丸焼きを半分(ハーフチキン)、お持ち帰りにする。

【アリババレストラン】
チキンの丸焼きは、世界中どこでもあるが、イスラム諸国のものがおいしい。
専用の機械があって、チキンを串刺しにして、ぐるぐると回している。
本当においしいものになると、皮だけがパリパリしていて、中はよく火が通っていて、しかもジューシイ。
僕が旅をしていたときの経験では、一番おいしかったのは、レバノンの首都ベイルート裏通りの店だったね。
一度食べたら、本当においしくて忘れられなくなり、翌日はチキンのことで頭がいっぱいになった。
僕は食べものには、ほとんどコダワリのない人なんだが、この時は、チキンが焼けるのが待ちきれなくて、早いとわかってても、店へ行って、出来上がりを待ってた。

【チキンの丸焼きとワインとニューズウィーク】
ダカールのアリババレストランのチキンも、なかなかよかったが、僕の体験した最高のチキンにはかなわなかった。
ただ、ダカールは、このチキン以外、おいしいものがなかったんだよ(涙)。
僕はダカールで、居心地のいいホテルオセアニックは見つけた。
ところが、昼間の居場所がない。
日本大使館の図書室で本は借りられるが、そこでそんなに人とは出会わない。
また、大使館というのは、一般庶民が、グータラしゃべる場所でもない。
大使館は、町の中心からちょっと離れているので、気軽に暇つぶしに行くのもどうかなと思った。
でも、僕のダカール滞在の最後の数日は、毎日大使館へ行ってたよ。
というのが、他に行くところがないんだから(涙)。
つまり、ダカールでは、夜の部屋は快適でも、昼間の居場所がなくて、食べ物も大しておいしくない。
これでは、長居できないよ。
それと、日本人旅行者がある町に長く滞在するには、同じような旅行者の友だちがいないと無理なんだよ。
例えば、僕が東アフリカケニアの首都ナイロビにいたときは、昼間の居場所としては、イクバルホテルのレストランがあり、リバーハウスがあった。
食事は、中華料理も、インド料理もあったし、日本料理はリバーハウスで作っていた。
ナイロビでは、僕はイクバルホテルに泊まっていた。
友だちといえば、日本人旅行者は、短期長期を問わずたくさんいたし、次々と興味深い旅行者がやってきたものだ。
うーん、つまり、西アフリカのダカールでは、日本人と会えなかったのが、面白くなかったんだろうね。
正直この時僕は、トンブクトゥに行くという第一の目的を果たしてしまっていたので、あとの旅はどうでもよかった。
アリババレストランで、ハーフチキンを買って(2000セーファーフラン/340円)ニコニコする。
もちろん次は、スーパーマーケットへ行って、2650フラン(450円)でフランスワイン(VIN ROUGE)を購入。
ホテルオセアニックの部屋に戻って、チキンとワインで夕食にする。
マリ旅行が終わったが、まだ帰国便まで時間がある。
アエロフロートに聞くと、帰国日変更は、できないとのこと(満席なので)。
そうなれば、時間潰しに、近くのガンビアとかモーリタニアに足を伸ばすことになるだろうね。
まあ、いろいろ考えることはあるが、それは、明日考えることしましょう。
だって、人はただ、今日しか生きられないのだから。