『早朝のシャトルバスで、ロサンジェルス国際空港(LAX)へ到着し、マイアミ経由でバルバドスへ』@ロサンゼルス/米国

 

 

頭がさえて眠れないと思ったのは、夢だった。
眠れないという夢を見ていただけで、実はぐっすり寝ていたのだ。

朝はいつものとおり、目覚し時計が鳴る10分前に起きた。
僕はずいぶん長い間旅行してきたが、目覚し時計のお世話になって目が覚めたことはほとんどない。

たしか2回ぐらいだろうか、それもどうしても起きなければならないというほどの重大な時ではなかった。
常に目覚し時計の鳴る前に起きる。

この理由は、目覚し時計が本当に鳴るかどうか確かめたいという気持ちらしい。
つまり、僕は目覚し時計を信用していない。

旅先では何も信用してはいけないが、機械仕掛けの時計でさえ、僕は本当には信じていない。
まったく、なにも、完全に信用にないようになって、やっと、一人前の旅行者なのだ。 

シャワーを浴びて、まとめていた荷物をもう一度開けて中身をチェックする。
「ホテル加宝」の一階のキッチンに下りて、冷蔵庫のビールを二本取り出し、ロビーで飲みながら空港へのシャトルバスを待っていた。

シャトルバスを待つ時はいつも、シャトルが来ないのではないかという不安がある。
シャトルバスが来ないことは普通考えられない。

だが、以前一番街の「ホテル大元(ダイマル)」で、旅行者がコロンビア行きの飛行機に乗るために、シャトルバスを待っていた。
ところが、結局シャトルが来ずに、飛行機に乗り遅れたのを目撃したことがあるのだ。

旅には常に不確定要因があって、それを常に感じている。
ただ単にシャトルに乗ることだって、飛行機に乗り遅れないことだって、実は十分な冒険になる。

こういう旅の鋭敏な感覚がない場合は、変に「予約の再確認さえしておけば、登場時間ぎりぎりにチェックインカウンターに行っても飛行機に乗れる」と、誤解したりする。
また「常に予約すれば旅行はうまく行く」などという、完全に間違った考えを持ち、往々にして旅行をなめて、大失敗してしまうことになる。 

旅行はそんなに甘いものではない。
一寸先は闇なのだ。

だから、初めからなにも決めてしまわない方がいい。
僕が出来るだけツアーを避けるのも、出来るだけ予約をしないのも、この旅というものの本質が十二分にわかっているからなのだ。

シャトルは予定した時間(朝の4時半!)より20分ほど遅れた。
クラクションの合図で乗り込むと、僕が最初の客だ。

ということはここから何人かをピックアップするために、夜明け前のLAを走り回ることになる(これがシャトルの面倒なところなのだ)。
まだ真っ暗なLAを僕を乗せたシャトルバスは疾走し、まず静かな住宅街に停車した。

しばらく待つと、すらりと背の高い40歳代の白人の女性が乗り込んできた。
挨拶を交わして、会話が始める。

これからモンタナ州に帰る、中学校の先生だった。
僕が「これからバルバドスへ行くんですが、なにか知ってますか?」と聞くと、「それはどこにあるの?」との返事。

「西インド諸島の南のはずれでベネズエラのちょっと北」と説明すると「オー、バルベイドスね!」と発音を訂正してくれる。
これでこれが英語風の発音なのだと初めて知った(もちろんスペイン語では「バルバードス」だ)。

シャトルは空港近くで高速を下りて、かなり立派なホテルの前で止まる。
そこでシャトルを乗り換え、立派な服装の2人の黒人と一緒になる。

黒人はガーナとベニンのビジネスマンで、一般道路を走って空港へ着くまで、西アフリカの話をして時間を潰した。
シャトルを降りる時はみんながお互いに、「良い旅行を!」と言葉を交わす。

ターミナルに到着したのが予定の6時に近く、午前5時50分。
アメリカンエアのカウンターは開いていたが、すこし早く着き過ぎたようだ。

もともとLAからマイアミの便は国内便で、マイアミで出国手続きをしてバルバドス行きに乗り換えるのだ。
だから、こんなに国際線並みに2時間早く着く必要はなかった。

実は、そうかもしれないとは思っていたのだが、僕は2時間前に着くように計画し、2時間前に着いた。
なぜなら、その常識とは違って、なにか特別なことがあって、2時間前にチェックインしなければならないのかもしれないのだから。

AA898便は予定を少し遅れて、8時10分に出発する。
ほとんど満席、イースター休暇が終わったせいか、ビジネスマンよりは家族連れが多いようだ。 

僕の席は34Dで通路から2席目だった。
34Cの通路側の席に誰も来ないので、2席を使ってゆっくりと旅ができた。

考えてみれば、今回LAへ来た時の大韓航空機もがらがらだった。
寝る時は5席を使ってのびのびと横になって寝て来たのだ。

僕が神に愛されている「世界旅行者」だというのは、これからも容易にわかる。
事実によって証明されているのだ。

以前から、ほとんど満席の便でも、僕のまわりの3席のうち他の2人が来なかったりということが良くあって、一人で何席も使うことが多い。
LAからタヒチへ飛んだ時は、僕の席をインド人のおばさんが占領して動かず、スチワーデスがくれたのが、3席全部が空いているシートだった(この時もほとんど満席だった)。

だから、僕は自分の旅行を自分の旅行だと考えているわけではない。
旅行の神が僕を選んで、旅をさせていると考えているのだ。 

マイアミはアメリカというよりは中南米の交通と情報の中心都市で、ここから中南米のすべての国へ直行便が飛んでいる。
着陸直前の機内のアナウンスでも、長々とした中南米の都市への乗り継ぎ便の詳しい案内があった。

マイアミ空港のDターミナルに着いたのが現地時間の3時40分。
マイアミ空港は非常に大きい。

僕の乗るバルバドス行きはE−25搭乗口から、午後4時40分発。
Eターミナルまでは、途中でセイフティチェックを受けて、非常に長い距離を歩かなければならなかった。

E−25は、普通の搭乗口からもう一段下がったところにある待合室で待つことになる。
この待合室が他の待合室とはまったく違って非常に豪華だ。

どこの空港でもよく見かけるプラスチックの椅子ではなくて、ちゃんとした肘掛けのある、ふわふわのクッションつきなのだ。
いやーな胸騒ぎがする…。

ひょっとしてバルバドスというのは本当に金持ちしか行かないところなのではないか????
そう考えると、確かにまわりの客はいかにも金のありそうなリゾート客の白人だらけに見えてくる。

小汚ないディバッグを持ってアーミージャケットを手にしている東洋人は僕だけだ。
どうも、本当に場違いなのではないか。

午後4時40分を過ぎて登場案内があり、乗り込むと満席だ。
みんなが席に就いて、離陸する直前にアナウンスがあった。

「今日は気温が高く、規則により燃料を多く積まなければいけないので、2名のボランティアを募集します」だと。
「ボランティアには、明日同便での席を約束し、マイアミの今夜のホテルとトランスポート、1年有効の300ドルのアメリカンエアのクーポンです。希望者は手を上げて下さい」と条件提示がされる。

僕は迷った。

なんでも経験している「世界旅行者」としては、これは話の種になるチャンスだ。
マイアミの一流ホテルで明日の午前中をプールでゆっくり過ごすのもいい。

しかし、僕がバルバドスについて不安を持っている時に、こういうアナウンスがあるということは、神が僕を試しているのだろうか?
僕のこの一瞬の迷いの間に、いかにも旅慣れた感じの白人が、すっと手を上げて立ち上がった。

そして、みんなにあいさつをして、いそいそと飛行機を降りた。
もう一人がそれに続いた。

これは試練か、神のいたずらか?
しかしもうだめだ。

もう逃げることは出来ない。
僕はバルバドスへの飛行機で、もうマイアミ空港を離陸してしまったのだ。

http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20091024

 

westindies9

 

home back next list