《バルバドスはとんでもなく物価の高いリゾート地だった》

 

 

旭屋書店で、旅行者の中では名の知られたガイドブック『地球の歩き方』を立ち読みして、バルバドスが、のんびりした南の島などではなくて、どうやらリゾート地らしいと、一応理解出来た。

もちろん、旅行者としては、日本のガイドブック、特に「歩き方」は信用しないのが基本だ。
これはちょっとでも旅行したことのある人の間では常識だ。

しかし、どんなくだらない本でもそのごく一部には役に立つことも書いてあるものだ。
もちろん情報が間違っているからといってガイドブックを非難するのでは、まるで売春婦が性病だったと怒るようなものだ。
そんなことを問題にしても、まともな人から笑われるだけだ。

僕がこのガイドブックを批判しているのは、表面に出てきたごく一部の情報がちょっと間違っていた、ホテルやレストランが情報通りではなかった、というそんな皮相的な問題を取りあげているのではない。

このガイドブックを編集している、その編集方針の裏側にある旅行についての考え方、すなわちいいかげんで安易な旅行観そのものを、旅行の社会的な位置付けという哲学的な立場から本質的に批判しているのだ。

 

日本語のガイドブックをチェックしたら、もちろん、次は英文のガイドブックを読むことになる。

火曜日に買い物をしたついでに、LAのダウンタウンの中心の7番街へ行った。

ここには旅行図書専門で有名な『トーマスブラザーズ』、同じ通りの少し西側に『フラワーブラザーズ』、通りの南側にあるブロードウェイプラザの中に『ウォールデン』という旅行ガイドブックを扱う3件の本屋がある。

(注)1999年現在、トーマスブラザーズはユニオンスクエアの西の6番街に移動。フラワーブラザーズは店が消滅。

アメリカの場合、本は買い取り制なので、専門店とはいっても目当ての本が品切れで在庫がない場合が結構ある。

しかしLAでは、ダウンタウンのこの3店を当たれば、だいたい見つかるようで、『ホテル加宝』から歩いて行ける距離にこの本屋があるのが『ホテル加宝』の旅行拠点としての優れているところなのだ。

一日中買い物で忙しく走り回って、閉店時間寸前に車を通りに止めて、次々と本屋へ飛び込み、バルバドスの情報をチェックした。

これでわかったのは、かなりホテル代が高いらしいということだ。
ただガイドブックは買わなかった。

ガイドブックの目的は、旅先の交通手段とホテル情報がメインなので、バルバドスのような島国では飛行機で旅するしかなく、観光地なのだからホテル情報は空港で入手出来ると考えられるからだ。

予約なしに旅をするのに、ガイドブックに掲載してあるホテルを選び、そこに泊まると決めても意味はない。
ガイドブックのホテル情報は、ツアーで利用する予定のホテルがどんなところなのかをチェックする程度しか役に立たないのだ。
他にもたくさんホテルはあるだろうし、全部が掲載されているはずはないのだからね。

それにもともとガイドブックの情報はどんどん古くなって行くもので、そのまま信用してはいけない。
ただ、ある程度の見当をつけられるのと、僕の今までの旅行経験から、その雰囲気はつかめるということだ。

ところが、ある英文のガイドブックには『バルバドスでは高級ホテルで一泊500ドル以上、中級は、250ドル、低級で150ドル見当』とあった。

おいおい、これはとんでもない値段だよ!

僕は19日に出て27日に帰ってくる予定で、切符はすでに手元にある。
旅行代理店ではこの切符の旅程変更は不可能という話だった。
つまり、8日間もバルバドスにいるのなら、安くても1000ドルは最低覚悟しなければならないだろう。

もちろん何とかもっと安いホテルを見つけることは出来るかもしれないが、全体的に物価レベルが高ければ、安宿があったとしても、ものすごく設備が悪いことが予想出来る。
そういう安ホテルはビーチにはなくて、町中の横丁の奥の奥にたつ売春宿のようなものが想像できる。
リゾート地で汚い部屋に泊まってゴキブリのような生活をするのでは、わざわざリゾート地に行く意味がないのだが…。

 

もともと『南の島』というものは、普通の人が想像するのとはかけ離れて、案外と物価が高く、生活しにくいものだ。
島では椰子の実ぐらいしか取れないし、ほとんどの食料品、生活必需品は輸入品だ。

タヒチに旅行した時、安宿はドミトリータイプのものしかなく、ゆっくりとホテルに泊まりたかった僕は、一泊を空港のベンチで過ごし、もう一泊をモーレア島を目の前に見るまともな『ホテルパシフィック』へ泊まったことがある。

またクック諸島のラロトンガ島では、ホテルの値段は安かったが、スーパーマーケットの食料品の棚にはコンビーフとパンしかなかったことを覚えている。

まあどんなところでもリゾートホテルの中は別天地で、すべての設備が整っているものだが、ホテルの中は異常に物価が高いものだ。

これもフィジーの『ホテルフィジアン』に泊まって、ひどい経験をしたことがある。
下手すると、とんでもない旅行になる可能性がある…。

まあしかし、それならそれでバルバドスを脱出して、近くのもっとひなびた島へ脱出してしまえばいいと思い直した。

 

とんでもない島へ行ってとんでもない経験をしたならば、これはいい話のネタになる。

もし生きてさえいればのことだが、どうやら命の危険はなさそうだから、なんとかなるだろう。

 

加宝へ帰って、買い込んだお土産をバックパックに詰めて、ホテルに預けた。
バルバドスへはデイバッグ一つで行くことにする。

大山さんに明日の空港行きのシャトルを朝の4時半に予約してもらった。
ホテルの自動モーニングコール機と自分の目覚まし時計を4時にセットした。

出発準備が終わって、ホテルの宿泊者に『バルバドスへ行くことにしたが、とんでもなく物価の高そうなところで、ひょっとしたら、まともなものは食べられないかもしれない』と話をして、みんなを喜ばせ、座を盛り上げる。

誰でも、他人の不幸は嬉しいものなのだ…。

でも、盛り上がってどんどん大げさに話しているうちに、自分でも大変な間違いをしているのではないかと、本気で心配になってくる。

やけになって、ビールをがんがん飲んだ。

大山さんは『このまま朝まで飲んでいれば目覚ましの必要がないわよ』と、いつもの通り、わけのわからないアドバイスをくれる。

ベッドに入ったのは12時過ぎ、頭がさえて眠れない。

大丈夫だろうか…。

でも、まあ、なんとかなるだろう(多分ね)。

 

westindies8

home back next list