#7《バブルのころに土地を売れば遊んで暮らせたはずの僕の友達》

 

 

切符はHISオフィスのコンピューターから、その場で簡単に発券された。
全線AA(アメリカンエア)で、1995年4月19日のフライトは

AA898便 LV:LAX 753A
AR:MIA 334P
JOUANEY TIME − 4:41

AA651便 LV:MIA 440P
AR:BGI 804P
JOUANEY TIME − 3:24
(このBGIというのはバルバドスの首都ブリッジタウンの略称)

LAの出発が朝の7時53分でバルバドスの到着が夜の8時4分。
では12時間かかるのかと考えると、それは単純過ぎる。

アメリカ大陸内には4つのタイムゾーンがあって、つまりその時差は3時間ある。
このアメリカ国内ではすでにサマータイムを使っていて、アメリカ内部では同じようにずれて問題がないのだが、そのせいでバルバドスのタイムゾーンとアメリカの東部標準時が夏期は同じになっている。

マイアミで飛行機を乗り換えるのだが、ここでの待ち合わせが1時間。
飛行機に乗っている時間は、合計8時間。
東京からLAまでが9時間なのだから、これはなかなかの旅行ということになる。

出発の19日は水曜日。
月曜、火曜と忙しく動き回った。

ちょうどアメリカに旅行に来ていた若者たちと出会ったので、彼らのグアテマラ旅行にいろいろとアドバイスをした(彼らが出発したのが火曜日だ)。

お土産も買っておきたいと、ロデオドライブへ車を走らせ、『GUESS』でジーンズを3本(計199ドル)、ルイヴィトンの財布を1個(211ドル)、ベバリーセンターのバナナリパブリックではお土産用にTシャツ(1枚18ドル)を2枚。

メルローズのファッショナブルなポルノショップ『DRAKES』で、これもお土産用に、バイブレーターを5本、金貨パッケージのコンドームを20個買った。
本当に必要なものを自分で買うとよくわかるのだが、アメリカの物価は確実に日本の半分以下だ。

日本でも年間200万円あれば(住居費が問題だが)なんとか暮らして行けるだろうがアメリカなら100万円で大丈夫だ。

もっと物価の安い中南米やアジアなら、遊んで暮らせる。
なぜみんなそうしないのだろう?

僕の友人の一人は、バブルのころ、売れば10億円以上あるという渋谷の狭い土地を持っていたが、あくせくと小さな旅行代理店でツアコンをしていた。
そんなしょうーもない仕事をする理由は、「旅行が好きだから」なのだそうだ。

だったら、その土地を売り払って、税金を払っても結構な現金が入るのだから、一生旅行をして楽しく遊んで暮らすべきではないか?
そう本気でアドバイスしてあげたが、彼は僕の話を聞かず、バブルのときに土地を処分しなかった。

現在は土地は売るに売れず、相続税を恐れて神経症になってしまったとか。

僕は人の多い、物価の高い、なにかと気苦労の多い日本で、一生会社にこき使われて、我慢するしかないと思いこんでいる日本人は、馬鹿だと思う。

まあ、馬鹿に説教するのはもっと馬鹿のすることなのでここで止めておこう。

当然このあいだ、バルバドスについていろいろと調べてみた。
西インド諸島のはずれで、辺鄙なのんびりした島だろうと思いこんでいたが、ちょっと違っていた。

ここは元イギリス領の観光地で、ヨーロッパ人、アメリカ人に取っては良く知られたところらしい。
日本人に取ってのサイパン・グアムという感じだろうか?

イタリア人のロベルト君は『ケン、僕もバルバドスへ行こうと考えたことあるけれど、ホテル代が高いんだ。だから1週間で125ドルの加宝へ来てるんだよ』と言う。

旭屋書店で『地球の歩き方』を読むと、どうやらレポーターはどこかの旅行代理店ですべて予約して旅行したようで、泊まっているところは100ドルを越すリゾートホテルで、紹介してあるホテルも非常に高い。

ほとんどタクシーを利用したらしく、ローカルな交通手段についてもお座なりなレポートしかない。

もちろん『地球の歩き方』なんかを利用して本気でカリブ海旅行をする人がいるとはとても考えられないが、考えられるのはアメリカンエアの周遊券を利用する場合だ。

アメリカンエアの周遊券にいくらか足すと、プエルトリコまで飛べる。
そこからカリブの島に足を伸ばすというタイプの旅行は、可能性としてあるだろう。
しかし、学生時代からカリブ海へのリゾート旅行をするようではだめだ。

学生はまず、グレイハウンドバスでアメリカ大陸横断するのが基本だ。
それから、ヨーロッパの町を列車で寝ながら、ユーレイルパスで訪ね歩く。

こういう旅行をすると日本の小ささわかるし、日本の文化の底の浅さが実感出来る。
つまり、アメリカとヨーロッパを旅行して、謙虚さを学ぶのが若者には必要だ。

これを勘違いして、最初からインドや東南アジア、中国、まあこれまでは許せるが、なにを考えているのか、アフリカや中南米へ最初に旅行する若者がいる。

これは完全に間違っている。

もちろん知的レベルの高い人間ならば、どんなところへ旅行してもそれなりのものを経験として得ることが出来る。
しかし、英語もフランス語もまともに出来ない、本といえば漫画しか読んだことのないレベル以下の若者に最初からアフリカへ行く理由が存在するはずがない。

彼らはただ自慢したいだけのために旅行に出るのだ。

アフリカへ行ったという話をすれば、まあ話を聞いた人は一応は驚いたり感心したりしてくれるだろう。

今まで一度も人から感心されたりほめられたりしたことのない若者(これが馬鹿者)はこれで舞い上がってしまう。
しかし、まわりの人が感心してくれるのもほんのしばらくで、いずれは『ほかに話すことないのー?退屈な話に感心するのも疲れたよ』と、飽きられる。

そこで、心を入れ替えて、勉強でもして頭を鍛えればいいのだが、勉強するのはなかなか大変なので、また旅行に出ることを考える。

いくら旅行をしても頭が悪いのでなんにも残らない(残るのは性病ぐらいだ)。

これが馬鹿者の若者が旅行で人生を破壊してしまう典型的なルートで、誰でも身の回りを見渡せば、一人や二人は簡単に見つかるだろう。

日本人がカリブ海でリゾートするのは、NYに勤務のエリート社員(これも現在では英語もしゃべれない、日本企業の落ちこぼれだとだいたいバレているが)が、休暇を取って家族で旅行する場合を除いては、似合わないのだ。

それで、腹の出た中年の黄色人種が白人に混じってビーチで一人寂しくパチャパチャするのが、いくら『世界旅行者』だといっても、似合うだろうか??

 

westindies7

home back next list