#6《人生で一番大切なこと、それは、決断だ!》

 

 

バルバドスという言葉は僕の胸に懐かしく、ずきんと響いた。

僕が学生時代に京都に住んでいたために、『〜ドス』という響きに懐かしさを覚えるのだ。

これだけ共通点があれば、ここに決めよう。
いつまで迷っていても意味はないのだから。

人生で一番大切なのは、たとえ間違っていても、『決断する』ことだ。

これがわかって初めて大人になるのだが、わかるためには決断して失敗したと感じる経験をしなければならない。

しかし、その経験の中で、失敗したと一度は思っても、もっとあとになると決断したこと自体は決して後悔しないことがわかる。

人生には完全に正しいことも、完全に間違っていることもない。
だから後悔するのは、決断すべき時に決断しなかったということだけなのだ。

それがわかっている僕は、この時『バルバドスへ行く!』と決意した。

J旅行社のLA〜バルバドス往復切符の値段は、約1200ドル。
マイアミ経由のアメリカンエアだそうだ。

出来るならこの西インド諸島を島伝いにアイランドホップをしたいと思ったが、無理にストップオーバーするとしたらプエルトリコのサンファンぐらいという説明。
プエルトリコはアメリカ領なので、ここへ行っても旅行国数が増えるわけではなく、魅力がない。

しかし、地図を見ると、バルバドスのご近所に小さな島国が散らばっているではないか。
バルバドスを起点にして、ちょろっとまわれば、旅行国数が簡単に増えそうだ。

現在まで世界88か国を旅行している『世界旅行者』としては、これはおいしい。

J旅行社は値段が高そうなので、HISへ行った。

ケリーさんの話では、バルバドス首都ブリッジタウンの往復切符の値段は、$734で、税金を入れて762.95。
やはりアメリカンエアで、LAを朝の7:53に出発する。
マイアミ乗り換えで現地到着が夜の8:04。
アメリカンエアのターミナルで2時間前にチェックインすること。

2時間前にチェックインとは朝の6時ということで、スーパーシャトルを使うとほかのホテルにも寄るので加宝を出るのが5時。
5時に用意をして出発するためには、4時に起きなければならない。

ちょっと時間に余裕を持ち過ぎとは思うが、だが、これが僕の考え方だ。

ちょっと早いと言うと、夜に出発して朝に到着する便もあるがそれだと100ドル程度高いのだそうだ。
切符に100ドル余分に払うくらいなら、現地で100ドルのホテルに泊まった方がいいだろう。

しかし、夜中の8時過ぎに見知らぬ南の島に到着して、さて部屋は見つかるだろうか?

でも、そこまで考えていたら、なんにも出来ない。
この切符を買うことにした。

LA出発が明後日の19日、帰ってくるのは27日の午後。
以前HISでは、T/Cかキャッシュ払いだったが、最近はクレジットカードでも払えるそうなので、それで払う。

これで4月19日、明後日朝の出発が決定した。
明日出発しなかったのは、LAでやることがまだ、いっぱいあるからだ。
27日の午後にLAへ着いて、日本へ帰るのが29日。

帰ってきたらたった一日しかない。
それに、バルバドスがどういうところか、調べなければならない。

きっと、大西洋にぽっかりと浮かぶ、僕が中学生のころ大好きだった「ひょっこりひょうたん島」のような、のんびりした静かな島なのだろう。

真っ青なカリブの空の下で、僕の他に誰もいない、真っ白な砂のビーチで横になっていると、椰子の木にするするっと上って遊んでいる目のキラキラした黒人の子供と、お友達になる。

泊まるところは、椰子の葉を編んでつくった、ビーチにある小さなコテッジというところかな。

僕はトドのような身体で、透明な海水にジャックナイフ型のダイブをして、誰もいない海でお魚さんたちと泳ぐんだ。

うふふっ…。

ところが、この夢が無残にも破られるのにそう時間はかからなかった。

ちょっと調べると、バルバドスはとんでもない大観光地だとわかったのだ。

 

westindies6

 

home back next list