#5《イタリア人は「馬」と書く》

 

 

しかし、ここでやるべきことはベネズエラ入国にビザが必要かどうかを調べることではない。

(注)実は、やはりロンリープラネットに書いてある通り、ベネズエラ入国にはツーリストカードがあればビザは不要だった。僕は1998年12月のベネズエラ旅行でこれを確認している。「歩き方」はここでも、いつものとおり、素人ライターをつかって、とんでもないことを書き、純情な日本人旅行者を惑わせたのである。

ここまでの旅行の流れを読んで、神の意思がどこにあるのかを正確に読み取ることが、もっとずっと大切なのだ。

つまり、パナマ・ベネズエラ・ジャマイカの強引な3国旅行は、HISで調べてもかなり無理があり、そこで迷って旭屋書店に来たら、そこで『ベネズエラ入国にビザが必要だ』という否定的な情報が手に入った。

ここは、実際にベネズエラへ入るのにビザが必要かどうかではない。
はっきりしているのは、神の意思は『あんさん、無理しなはんな』ということだ。

しかも金曜日にLAへ着いて、その午前中に今回の旅行のひとつの目標だった運転免許の更新は簡単に終わってしまった。
だから時間はある。

『旅行する時間はあるけれど無理をしてはいけない』という神のお告げが読み取れる。
では神は僕の旅行先を指し示しているのだろうか?

少し迷っている。

迷った時はビールを飲んで寝ればいい。
起きた時はなにを迷っていたか、忘れているものだ。

というわけで金曜、土曜、日曜と『ホテル加宝』の滞在者と酒を飲んで過ごしていた。

 

特に今回はイタリア人のロベルト君と久しぶりに出会えたので盛り上がる。
彼は毎年『ホテル加宝』へやって来ているのだが、その理由は誰も知らない。

僕は6年ほど前に初めて出会って、今回が3度目だ。
『ホテル加宝』は日本のガイドブックにも紹介してある有名な安宿だが、以前は英文ガイドブック『レッツゴーUSA』にも紹介されたことがある。

最近来たドイツ人の話によると、ヨーロッパのガイドブックにも『欧米人にも親切な日系の宿』と書いてあるとか。

で、実は外人に親切なのは、僕が長期に滞在していた時の話だったのだ(つまり、僕が親切にしていた話が評判になったって事ね)。

大山さん自身は誰にでも非常に親切な人だが、僕も外人をみたから逃げ出すようなことはない。
外人旅行者にも一応旅行者のするような話をして、LAの案内までしてあげていた。

ロベルト君にも、イタリア人というのでほかの滞在者が避けていたのを、イタリア語を駆使して仲間にいれてあげたのだ。

僕は英語はもちろん、フランス語、スペイン語もできるし、イタリア語だってロンドンの英語学校でイタリア人の女の子用に勉強したことがある。

『ボンジョルノ、ヨソノジャポネーゼ(こんにちは、僕は日本人です)』

このあともペラペラッと続けた。

『オーソレミオ、アリデベルチローマ、ジョルジュアルマーニ、グッチ、…パスタ!』

ロベルト君は『ソレハドノ国ノ言葉デスカ?』と日本語で返事をした。

今度会ったときは、ロベルト君はますます日本語が上手になり、『ワタシ日本語書ケマ〜ス』と言って、『馬』という漢字を書いて、にっこり笑った。

なぜ馬なのか、なぜ馬しか書けないのか、それは誰にもわからない。
しかし、それを詮索しない、馬という漢字を無邪気にほめてあげる、これがみんなが大好きなLAのいいかげんな雰囲気なのだ。

毎日酒を飲んで、機嫌よく眠りについて、問題を先送りしていても、いつか月曜日が来る。

どんなに親の言うことをよく聞くまじめな女の子にも、いずれはガニマタで歩く朝帰りの日が来るようなものだ。

月曜日の朝、加宝のロビーでコーヒーとトーストの朝食を横目に、僕はインスタントラーメンを食べていた。

今日は切符を買わなければいけない。
ただちょっとした問題があって、どこ行きの切符を買うかまだ決めていないのだ。

ジャマイカ行きはある。
ただ、イースター休暇でアメリカ人の学生がどどっといるところに中年の日本人が一人では相手にされないのではないか。
居心地が非常に悪いのではないか。

なぜこんなことを考えるかというと、当然経験があるからだ。

経験といっても、僕自身が相手にされなかったというのではなく、相手にされずに独りぼっちのかわいそうな日本人中年男性の恐ろしい姿を見た記憶があるのだ。

これは、シリアのパルミラ遺跡にくっついているホテルゼゴビアに泊っていた時の話。
ロンドン始発カトマンズ行きの団体旅行ツアーバスがホテル前に停車した。
これは以前マジックバスと呼ばれていて、インドからヨーロッパへのオーバーランドトリップ(陸路旅行)で評判だったものだ。

この時期のバスはイラン通過が出来ないので、一部飛行機を使うという話だった。
バスから降りてきたイギリス人と世間話をしていると、『日本人が一人バスに乗っているよ』と教えてくれた。

バスをのぞき込んで『こんにちは〜!日本の方ですか』と明るく挨拶をしたが、そのバスに一人でぽつんと残っていた50才半ばの男性は、僕を見ても反応がなかった。

ほかのヨーロッパ人たちは若くて朗らかでやかましいほどなのだが、この日本人はヨーロッパ人の若者のど真ん中に中年の(暗い)日本人が混じって旅行するという、とんでもない失敗をしたようなのだ。

この中年男性の瞳には孤独と絶望と虚無しかなかった。

僕はなにか見てはいけないような、たとえれば尊敬する先生がオナニーしているところを目撃した女子中学生のような気持ちがして、目をそらしてしまった(女子高生ではこの例えにうまく当てはまらない。女子高生だと、『先生も男よねー。寂しいなら一発やらせてあげようかな?』とショックを受けないのだ)という記憶がある。

考えてみると、男性一人で旅行するのに、やかましい学生の白人カップルがたくさんいるであろうリゾート地というのは最悪だ。

まあひとつ面白いのは、ジャマイカには首都のキングストンからリゾート中心のモンテゴベイまで鉄道が走っていることぐらいだ。
これに乗るのは面白いかもしれない。
それならリゾート地への旅行という話にはならないが。
ただ残念なのは、僕は鉄道マニアではないのだ。

考えていても仕方がない。
まあとにかく、行動することだ。

まず2番街とサンペドロの角にある日系のJ旅行社へ足を運んだ。
なぜHISへ行かないかというと、料金を比較するためだ。

ジャマイカへの切符の値段を聞くと800ドルだという。
ジャマイカ往復が800ドルというのは高いね。
HISでは650ドルという話だったのだ。

まあ、ここで買わなくても、いろいろな情報を手に入れてみよう。

壁のカリブ海の地図を見ていると、ベネズエラのちょっと北、小さな島が連なっているその脇にぽつんとひとつ丸い形をした島を見つけた。

『あの〜、その島、その島へ行く飛行機はありますか?』

『あっ、これですか。バルバドスですね』

なぜか、バルバドス、その響きが心地よい。

よし、この島へ行こう!

 

westindies5

home back next list