#4《日本の旅行ガイドブックの酷さを嘆く》

 

 

リトルトーキョーの二番街から三番街の外れへ歩いて、懐かしい旭屋書店に入った。
店に入ってちょっと歩くと、昔とちっとも変わってない雰囲気がする。
ここでは毎週金曜日になると、日本からその前一週間に発行された雑誌が一挙にどっと届いて、LAの長期滞在者はそれを目当てにここへ集まることになっていた。

ここは立ち読み自由の、本好きにとっては天国のようなところだったのだ。

その時代時代でいろんな日本人がここに集まっていたことを僕は覚えている。

一時期は金髪のハードロッカーが集合して、漫画を立ち読みしていたことがある。(念の為にいっておくが、もちろん日本人の話だ)

その後バブルのころの、スポーツカーに乗った頭の悪そうな留学生(といっても、これは語学学校へ留学の形をとって、落ちこぼれの日本人同士で同棲してSEXに狂い、遊び歩いていた連中のことだが)が幅をきかせていた時代も記憶している。

その中のほんの一時期、なぜか急に中南米旅行がブームになって、『ホテル加宝』へ来る旅行者の半分が南米へ行く計画を持っていた時代もあった。

その時期はガイドブックのコーナーに人だかりがして、中南米帰りの僕のうわさを聞いて、話を聞くためにわざわざ宿へ訪ねてくる人も多かった。

まあ、こういう旅行者全盛の時代はあっという間に過ぎ去ってしまったが。

現在は景気が悪いにもかかわらず、本格的に旅行をしようという人間はどうやら『ホテル加宝』にも少ない、と名物マネージャーの大山女史は言う。

旭屋書店にはずいぶん世話になった。
『ホテル加宝』滞在中に、何もすることがなくて、暇つぶしにこの書店へ来て、ほとんど一日中、本や雑誌を立ち読みしていたことがあった。

まあ、旅行の本質とは、かたっぱしから名所を見たり、時間に追われて次々と交通機関を乗り継いだりすることもその一部として確かに存在するのだが、何日もなにもせず、ぼーっとしているということも、その中心にある。

本物の旅行者になるためには、一度はなにもしない一見無駄な時間を持つことが肝要だとおもう。
それが最低3か月続いて、そして初めて旅行者は自分の人生を考え始め、その苦悩の中から、本物の旅行哲学者が生まれる(こともある)。

もちろん、これが僕のことなのだ。

懐かしく歩き回って、マンガコーナーへやって来た。
去年はここで『ナニワ金融道』を全巻読破したものだ。
また『厳格に聞け』とかいう小林よしのりの説教漫画を読んだのもここだった。
僕が『ホテル加宝』へやって来る若者や女子大生、人妻の人生相談にのるようになったのは、この説教漫画を読んで感動したせいなのだ。

今回またその漫画を見つけて感動を新たにしようとしたら、なっな〜んと、漫画本にビニールがかぶさっているではないか!

LAの自由な雰囲気がなくなってしまって、日本のセコイ金儲け主義がここまで進出してきたらしい。
まあ、僕にとっては漫画本などは大して重要ではない。
ここには日本のグラビア雑誌、はっきり言うと不細工な女の水着やヘアヌードを満載した雑誌が山と積まれていて、それを立ち読み出来るはずなのだ。

オリャ〜!

ヘアヌード雑誌がないじゃないか!(日本から来たばかりでそんなに焦ることないでしょうが?見飽きてるんだからさ)
堂々とカウンターで女の子に質問すると、アメリカで日本のヌードへの規制が厳しくなって、置けなくなったんだそうだ。

まあ、旅行にでると以前と状況が変わることは常識で、それについて本気でびっくりしたりはしない。
でも、旭屋書店で漫画やエロ雑誌が読めなくなったのでは、ちょっと興ざめかな。

おっとっと、旭屋書店へ来たのは漫画やヌード写真を見るためではなかった。
旅行ガイドブックを読んでこれからどこへ行くか、それをチェックしたかったのだ。

ガイドブックのコーナーへ行くと、予想通りに『地球の歩き方』が山積みだ。
カリブ海方面を調べてみると、なんと『地球の歩き方』では『カリブ海1』と『カリブ海2』という2冊を出して、2倍売ろうというどあつかましい金儲けを企んでいるようだ。

中身を読んでみるが、もちろん中身はない。
よくこれだけ中身のない本を書けるというくらいスカスカだ。
頭の悪い3流の暇な人間を安い金でこきつかって、適当なホテルに泊まらせて、適当なパンフレットを集めて、見事に2冊もでっちあげているのだ。

きれいな写真と建前だけの役に立たない解説。
あいもかわらず、嘘と勘違いてんこもりで、旅行というものをなめきった、バブル編集者のでっち上げ本だ。

僕はこの『地球の歩き方』には以前はずいぶんだまされ、ずいぶんと金銭的な損害を被って、それを文書で送りつけてあるが、一度もまともな返事が来たことがない。

こういうガイドブックを読むと、人間が金のためにどれほどひどいことが出来るかといういい例になるので、僕は繰り返し読んでいる。

普通の人も自殺したくなったら、このガイドブックを読むといい。
人間はどんなに惨めな仕事をしても、とにかく食って生きて行けさえすればいいと考える人がいることがわかって、こういう人達よりはまだましだと、どんな人にも生きる自信がつくことだろう。

『地球の歩き方』南米編はゆっくりチェックしてみた。
僕が南米旅行をした時は『地球の歩き方』と『シューストリング』を持っていったが、当然『地球の歩き方』は途中で捨てた。
役に立たないのにかさばって荷物になるからだ。

中身もパクリ損なって(辞書も十分に引けないバイトを使ったらしく)とんでもない記事が満載だった。
それをチェックしようとしたのだ。

調べてみると南米編も2冊に分けて、2倍儲けようという計画が見え見えだ。
もともとこの雑誌を出していた出版社は経済関連の会社だったと記憶しているが、1冊に納まる分量を2冊に水増しして2倍儲けようなどという単純な戦略が成功すると考えいるのだろうか?(信用という言葉を知らないのだろうか)

そうそう、ベネズエラを見てみよう。
エンゼルフォールズ以外になにか見どころがあるかもしれないからね。

読んでみるとベネズエラの最初、ビザのところに、いかにも旅行初心者の書きそうな興奮したタッチで『英語のガイドブックにはベネズエラへはビザがなくても入国出来ると書いてあるがそれは間違いだ!』と鬼の首でもとったように書いてあるのを見つけた。

ここの『英語のガイドブック』というのは『シューストリング』に決まっているので、これだけ断定的に書くということは、おそらくは書いた本人が『シューストリング』を信じてノービザで入国しようとしたら、入国拒否にあったということを示していると想像出来る。

でも、入国拒否は顔が悪くても、態度が悪くても、愛想が悪くても、ただ役人の気分の持ち方で決定されることだ。

『地球の歩き方』のレポーターをしているくらいだから、まともな人間ではない。

この本のレポーター連中がどういうひどいことをして来たか、僕は情報を握っている。

態度のでかい素人旅行者だ。
たぶんただ嫌われただけだろう。

でも、どんなに知的レベルの低い人間のいったことでも、僕は正面から受け止める。

『シューストリング』では飛行機で出入国すればビザはいらない(または空港でもらえる)となっていたはずだが、さて、本当はどうなのだろう。

 

westindies4

home back next list