#3《セマーナサンタの襲来》

 

 

パナマ、ベネズエラ、ジャマイカの大して意味のない3か国でも、まとめて旅行すればまったく無意味ではない。

だから僕はLAへついたその日に、カリフォルニア州運転免許の更新手続きをすませると、HISロサンジェルス支店(321 E 2nd st. #1000, LA CA 90012, PHONE 213-613-0943,FAX 213-626-3752)へと、まず足を伸ばした。

顔なじみのケリーさんが『久しぶりですね。今度はどこへ行くの?』と流暢な日本語で話しかけてくる。
この代理店は、僕が南太平洋の島々をアイランドホップしながらLAからオーストラリアまで旅行する切符を買った時に利用したのが最初だった。
この時に片道切符でオーストラリアへ入国するためのビザ取得の書類制作をしてもらって以来、ひいきにしている。

スタッフは全員日本語が話せるし、ロサンジェルスタイムズの旅行欄にも広告を出しているきちんとしたところで、信頼性も高い。
僕が『ホテル加宝』の滞在者を中南米へ送り出す時は、HISで切符を買うようにアドバイスしている。

ちょっと旅行をして、自分のレベルの低い英語が通じるので舞い上がっている素人旅行者に限って『日系の旅行社は高いですよ。地元の旅行代理店を使わなければ』などと大きな口をたたく。

実は僕はこういうレベルの旅行者には、あくびが出るほど出会っている。

日系であろうと地元であろうと、信頼できて切符が安ければそれでいい。
英語も十分に出来ない素人は、ブロードウェイにある『地元』の旅行代理店に入って行くのだが、実はこれはカリフォルニアの地元の代理店ではなくて、中南米系の会社なので、スペイン語が飛びかっていたりするものなのだ。

僕はこういうところではスペイン語でペラペーラと冗談混じりで話をするが、素人は普通のアメリカ人にはとうてい理解不能な英語を使う。
しかし、アメリカ人には理解不能な英語でも、下手な英語しかしゃべれない中米系の人にはなんとか理解可能で、それでますます変な自信をつけてしまう。

これは結構迷惑なものだ。

『ホテル加宝』へ来て、笑い者になった旅行者がいる。

彼は中南米への切符を買おうとして、新聞に載っている旅行社に電話をかけて、彼が安いと思うところを見つけた。
そしてそれをおせっかいにも、『どこどこは安いです、他はだめでした』と書いたメモを『ホテル加宝』のロビーの南米地図(僕が寄付したものだ。現在は改装されて取り払われている)の下に貼り付けておいた。

でもまず電話を自分でかける前に、『ホテル加宝』の宿泊者に聞けばいいじゃないか。
そうすれば、簡単に切符の情報は手に入るのに。

以前、新宿から来たという、わけありげな中年カップルが、自分たちで南米旅行の航空券を買ってきたことがあった。
それでいいのかどうか、僕に相談を持ち掛けてきたが、この切符は値段が非常に高いうえに、長期旅行にとっては意味のないものなので、「現地では陸路でバスを利用した方がいい」と説明して、買い直させてあげたことがある。
二人は涙を流しながら感謝して旅立っていった(が、それきり二度と姿を見ないし、噂も聞かない)。

自分から人に話しかけて情報を入手するのが旅行の基本だ。
それができないのなら、旅行はできないのだ。

あんまりかわいそうなので、そのメモを取りはずさないままにして、そのまましばらく、いい笑い話の種にしておいたが。

 

ケリーさんに、このパナマ・ベネズエラ・ジャマイカ3国旅行切符の話を持ち出した。

『西本さん、ベネズエラ〜ジャマイカが飛んでませんよ。ラクサ(コスタリカの航空会社)でカラカスの往復が650ドルでありますが、これならサンホセ(コスタリカ)とパナマでストップオーバー出来ますが、どうします?』が答だ。

つまり、650ドル(この時期5万円)でコスタリカ、パナマ、ベネズエラへ旅行出来る。
もちろん、これで単純に喜んではいけない。

『世界旅行者』は『それなら、パナマ〜ジャマイカの往復を使えないかな?』ともう一歩踏み込む(早い話が頭がいいってことだけれどね)。

早速予約状況を調べて、その場でルートを作る。

LR 641H 18APR LAX PTY 155A 415P
CM 418Y 20APR PTY MJB 1100A 145P
CM 417Y 25APR MBJ PTY 215A 355P
LR 653H 26APR PTY CCS 445A 805P
LR 652V 28APR CCS SJO 1055A 100P
LR 640V 28APR SJO LAX 305A 830P

これだとパナマからジャマイカの往復切符が460ドルかかり、税金を入れて全部で1143ドルになるそうだ。
たった1143ドルで、パナマ、ジャマイカ、ベネズエラ、コスタリカへ寄れるというわけだ。

しかし、パナマ運河しか見るもののないパナマ滞在が長過ぎる。
パナマ(PTY)からカラカス(CCS)が20日まで満席で、このルートになったらしい。

なぜ混んでるのかと聞くと、なんと『イースターホリデーにぶつかってるんですよ』との返事だ。
イースターホリデーといえば、セマーナサンタの休暇ではないか!
しまった!またセマーナサンタにぶつかってしまった。

このイースター(復活祭)休暇というのは、早い話が欧米では学生の春休み、カトリック諸国では国中が祭りや帰郷で移動する時期だ。

これが3月から4月にかけて毎年違う時期にあるのだが、日本の学生の卒業旅行にぶつかると、とんでもない悲劇を引き起こすことになる。

この時期は各国の交通機関がほとんど満席で、日本への飛行機の出発地にたどり着けず、日本に帰り損ない、就職をだめにしたという話も多いのだ。

僕も北アフリカからローマに入った時、セマーナサンタにぶつかって宿を捜すのに非常に苦労した記憶がある。

また、中米を下っていた時、メキシコシティでセマーナサンタに遭遇し、メリダへのバスが1週間先まで満席と宣告されたこともある。
メリダへのバスへ乗れなかったので、最初は行くつもりのなかったオアハカへと立ち寄り、そのまま次々とマヤの遺跡を見ることになって、中米を下る速度が遅くなってしまった。

でも、良く考えてみると、それなりに楽しい旅行をした記憶がある。
中米を遺跡も見ずに急いで下っていっても、意味はないのだから、いまは感謝している。

ということは、今回も『急いで旅をするな』という神のお告げなのだろうか?

今朝LAへついたばかりで、頭がぼーっとしている。

ヤオハンプラザへ行って、旭屋書店でガイドブックでも、立ち読みしてこよう。

ヤオハンで2リットルで5ドルのサッポロ樽生ビールを買って、『ホテル加宝』の部屋でゆっくり飲もう。

急いではいけない。

世界旅行者のたびのすべては、神によって、すでに決定されているのだから。

 

westindies3

home back next list