《旅行記がはじめて完結する》

 

 

旅立つ日はなぜか心が騒いでしまう。
6時にモーニングコールを頼んでいたが、僕の習慣として、目覚し時計も鳴らないのに5時半には起きてしまった。

昨夜から雨と風が強くて、がたごとと音がしていた。
今朝も明けたばかりのバルバドスの空は曇ったままで、風が強い。
すらりと背の高い椰子の木が揺れているのが見える。

"THE LONG AND WINDING ROAD" のメロディーと歌詞が自然と頭の中に流れてくる。
この歌と同じように、僕は神へと続く道を求め続けている。
旅をするということは実は試練であり、それゆえに巡礼なのだ。

 

午前6時のウエイクアップコール、すなわちドアのノックは予期していたとおりになかった。
ただ、僕の経験から他人にはまったく期待していないので、問題になるようなことはない(昔は「嘘つき!」と喧嘩したこともあったが、いまはもともとものごとが約束通りになるとはまったく期待していないので、腹も立たないのだ)。

タクシーは時間通りに到着し、空港で降りた時には早朝から出てきてくれたことへの感謝の気持ちを込めて、「サンキュー!僕の旅の無事を祈れ!」と元気よく言って、運転手にB$2のチップを渡す。

さらに元気よく、荷物のデイバッグをタクシーから無意味に外へ蹴り出した。
まるで酔っ払っているようだが、実は昨夜の残りのワインを「残しても無駄になる!」と朝から引っかけてきたので、本当に酔っ払っているのだ。

 

アメリカンエアのマイアミ行きAA700便のカウンターの前にはアメリカ人のツアー客を中心にして、もう長い列が出来ていた。

気分が高揚している僕は、腕を組んであたりを睥睨(へいげい)しながら「このド素人のアメリカ人旅行者たちめ!こつこつ貯めたドルでこんな手近なリゾート地に来て太った身体を日に焼いてたら、皮膚ガンになるぜ。こんなところにツアーで来るんじゃないよ。このタコ!」と酔っ払い特有の、劣等感を無理やり優越感に変換するしつこさで、バックパックを蹴っては進み続けていた。

すると、どこからかアルコールの臭いがしてきた。
誰かアル中のおじさんでもいるのかとまわりを見回したりしていたが、しばらくすると僕のバックパックがぐっしょり濡れて、蹴るたびに液体の跡がついているのを発見した。

酔っ払った頭でもさすがにピンと来た。

ラム酒の瓶が割れた!

昨夜買ったお土産のラム酒の瓶をデイバッグの中に突っ込んでいたのに、乱暴に扱い過ぎたようだ。

僕は用事を思い出したような素振りをして列を離れ、こそこそと柱の陰に進み、そこでバッグを開くと、ラム酒の瓶はきれいにスッコンと底が抜けて、すべてのものがラム酒漬けになっていた。

ただパスポートはジーンズのポケットに入れておいたので助かった。
つまり、バルバドスの出国にもアメリカの入国にもなんの問題もないが。

起こったことは話の種がまたひとつ出来たことと、T/Cを再発行しないと使えないだろうということだけだ。

座席は20Dという通路側の席だが、EFにも客がいないので結局3席を占領してマイアミまでの景色を楽しむことが出来た。
マイアミでアメリカの入国管理を受けて、また6ヶ月の滞在許可を受ける。

LA行きのAA213便でも、29Cの通路側シートだったが、DEが空席でゆっくりと過ごせた。
マイアミからの飛行時間は4時間45分。

LAXから乗ったスーパーシャトルはダウンタウンの地理を知らず、『ホテル加宝』へI−10からサンペドロストリートを北上したので、かなりの時間がかかった。

『ホテル加宝』到着が午後5時半。
バルバドスから送った大山さんへの絵ハガキは今日着いたとのことだった。

 

グアテマラから戻ったばかりの女の子nanaちゃんといっしょに、「ホテル加宝」の近くの日系スーパーYAOHANへ買い物へ行き、夜はみんなでホテルのロビーで飲んだ。

イタリア人のロベルト君がバルバドスの宿の話を聞きたがったので、ホテルリストをコピーして渡すことにした。

翌日、nanaちゃんがアンティグアで知り合ったグアテマラ人にスペイン語で手紙を書くのを手伝い、グアテマラで米国のビザを取った旅行者の話を詳しく聞いた。

nanaちゃんその日に日本へ帰り、さらに翌日別の男の子がグアテマラへ飛んだ。

旅人は出会っては別れる。

僕の今度のLA滞在にも終わりが来る。

すべてのものに終わりがある。

こうして僕の『西印度諸島旅行記』の終わりが来た。

 

さて、この話をわざわざ書いた意味はなんだろう?

それはただ、僕の『中米旅行記』『インドシナ駆け足旅行記』が完結していないのに比べて、『西印度諸島旅行記』はなにも特別な事件にも遭わず、特に分析したいこともなく、ただカリブ海の島に行って泳いで来たというだけの、おもしろくもなんともない話だからだ。

しかし、こんなありふれた旅行をこれだけ長々と書けるのは、これはまさしく天才だね。

そこで、読者のみなさん、僕のほかの旅行記がどんなに奇想天外、抱腹絶倒で深遠な思索と、哲学的分析に満ちているかわかるだろう。

読みたい人は『世界旅行者』先生に励ましのお便りを出そう掲示板へもどうぞ)

(『西印度諸島旅行記』・完)

 

 

westindies21

home back next list