『バルバドスから動いて、動く必要がなかったのがわかった』@セントルシア

 

 

翌25日、午前6時に起きて、そのままビーチへ歩いた。
夜半の雨で道が少し湿っている。

昼間が猛烈に暑いせいか、南の国ではどこも朝が早い。
ここセントルシアも、もうすでに人は動き出している。

片側一車線の細い道をピックアップトラックやミニバスが猛烈なスピードで飛ばしている。
セントビンセントの安ホテルで話をした技術者の言った通り、車だらけだね。

僕は命の危険を感じながら、見通しのいい場所を選んで道路を横切る。
ビーチへ出ると、波が静かで、まるで眠っているようだ。

しかし、泳ごうとして、水に入るとわかったが、透明度がよくない。
前夜の雨のせいとも考えられるが、もともとこの島の土が黒くて細かく、それが流れ込んでビーチの水を濁らせているようだ。

あまり気分がよくないので、10分ほど泳いで引きあげることにした。
僕としてはセントルシアで泳いだという経験を作ればいい。

ビーチ自体としては、やはりこの付近ではバルバドスが一番きれいなのだから、今日バルバドスへ戻って泳げばいいだけの話だ。
バルバドスのビーチがいいというのも、この地域で観光地としてバルバドスが最も発展している理由なのだろう。

バルバドスから、わざわざ金を払って、セントビンセント、セントルシアと動いたわけだが、両国ともバルバドスよりもよくなかった。
つまり、観光として考えれば、バルバドスでゆっくりしていたほうが良かったわけだ。

しかし、それがわかるためには、動かなければならなかった…。 

ゲストハウスの25ドルには朝食も含まれている、と昨夜オーナーが熱意を込めて語っていた。
部屋で荷物をまとめ、8時過ぎにリビングルームに出ると、オーナーが付きっ切りで相手をしてくれる。

こんがり焼いたトーストが4枚、マーマレードとジャム、卵2個の目玉焼きとコロッケが3個にビーンズ、ポットに入った紅茶かコーヒー。
イギリスでは散々お世話になったイングリッシュブレックファーストだ(イギリスではベーコンが出るし、ビーンズはないが)。

西インド諸島のこの地域はイギリス風の生活様式なのだから、これが定番なのかもしれない。
今まで朝食付きのホテルに泊まらなかったのでわからなかったのだろう。 

午前中から外は日差しが強く、かなりの暑さで、泳ぐ気にもならない。
飛行機の出発まで部屋でペーパーバックを読んで過ごす。

部屋にいるのも退屈で、少し早かったがショッピングモールにたむろしているタクシーを拾って、空港へ向かった。
早過ぎてチェックインカウンターにはまだ人がいなかった。

が、声をかけて無理矢理チェックインしてしまった(出国税27EC)。
空港横の白い砂浜のビーチに歩いて、木陰に座り込んで、本を読んで時間をつぶした。

僕の乗るカリブエクスプレスのIM114便は午後1時55分発だが、その前にLIATという航空会社のプロペラ機が離陸した。
この航空券を買う時にあんまりチェックしなかったが、おそらくLIATの方がジェット機を使っていない便が多いだけに料金は安いのではないか。

航空券を買うときに、旅行代理店のおばさんにかなりぼられたような気もしているのだ。
これは次に行く旅行者の検討課題として残しておく。 

バルバドスに着いたのが午後2時半。
アラベルホテルの懐かしい6号室へ戻り、夕方までビーチで過ごした。

その後、海岸沿いの道をずっと歩いてみた。
小さなレストランや店が並んでいるので、最後の夜の暇つぶしに探険したかったんだ。

バルバドスはもともとイギリス統治下でも一度も反乱がなかったという温和な国民性で所得も高く、また島国なので犯罪が少ない。
バルバドスに着いた最初の夜も、夜道を歩いていた太った黒人のおばさんにレストランを教えてもらった。

15分ほど歩いて、ガソリンスタンドに付属したスーパーマーケットで白ワインと、「ホテル加宝」仲間へのお土産にバルバドス製のラムを買って、テイクアウトのピザとフライドチキンで夕食にした。
ホテルで明朝6時のモーニングコール(ドアを6時にたたく)を頼んで、6時半にタクシーを予約した。

バルバドスドルの残りと必要なお金を計算して、時間が余ったので、絵ハガキを思いつくかぎりのところへ書いた。
海外からの絵ハガキは誰にとっても嬉しいものだし、いい記念になる。

僕自身は(海外から出された)絵ハガキを集めていて、友人にも送ってくれるようにお願いしている。
人に協力を頼むからには、自分も他人に協力しなければいけない。 

という非常にまともな考えから、『地球の歩き方』へ余った絵ハガキを送った。
このガイドブックはバルバドスのホテルは100ドル以上の高いホテルの情報しか載せていなかった。

でも僕が旅したように、現地に来れば、安いホテルはどこでもあるものだ。
こういうふうに自分で行動して、自分だけが出来る話をたくさん持っていなければ、本物の旅行者ではないんだよね。 

明日はロサンゼルスへ戻る。
加宝にいる人達に、さて一晩話すだけの材料が出来ただろうか?

旅行とはどれだけおもしろい話を人に話せられるかというだけのことなのだ。
と、僕は今度の旅行の話の種をチェックして、ムフフッと笑った。

もちろん、僕はもっと深いものを人に語らず積み重ねている。
でもそれは誰にも本当に語ることはない。

なぜなら、それは神と僕との2人だけの内証話だからだ。

 

westindies20

home back next list [beach]