#2《世界旅行は麻雀だった!》

 

 

神によって『世界旅行者』に選ばれた僕の頭の中は、いつも半分は旅行のことを考えている(残り半分はSEXのことだが)。

さしあたり2週間程度、僕のLAの定宿『ホテル加宝』へ行くことになった。
『ホテル加宝』でぼ〜っとするのはとても楽しいことなので、これだけで十分だ。
しかし、実際に行く行かないは別にして、LAを起点にしての旅行計画はいつも頭の中にある。

僕はこれまで、世界一周旅行中の過程で、ロンドンからニューヨークへ入って、カナダ東部からキーウエストまで東海岸を下り、メキシコ湾岸を伝ってアメリカ大陸を横断し、西海岸をバンクーバーまで上り、そのあとずっと陸路で中米を下り、南米も左回りに陸路でほとんどの国をグルンと一周している(あー、書くだけで疲れた)。

カリブ地域でも、メキシコのカンクンやコロンビア領サンアンドレス島などで泳いだことがある。

つまり南北アメリカ大陸でめぼしいところへは、ほとんど足を伸ばしてしまっている。
しかし、もちろん気になっているところはある。

 

ひとつはキューバだ。

キューバは社会主義国で、現在もアメリカとの正式な国交がない状態で、チャーター便を除いては、直行便が存在せず、以前は長期旅行者の間ではまあポイントにはなるところだった。
しかし、現在はキューバ政府が観光に力を入れている。
メキシコからのツアーで簡単に旅行出来ることが知れ渡ってから、急にその魅力が減退してしまった。

僕の考えでは、もうしばらくすれば体制が崩壊するしないにかかわらず、フロリダやキーウエストから船便で快適な旅が出来るようになるだろう。
またキューバ旅行した旅行者は案外と多いので、今わざわざ行っても自慢にならない。

それに、キューバ旅行を自慢する旅行者に限って、メインの中南米旅行はしていないものなのだ。

以前インド旅行(これだと最低3か月かけないと自慢にならない、3か月がビザの期限だからだ)が出来ないので、ベトナムへちょっと行って、中途半端な旅行自慢をしていた旅行者がいっぱい出たことがある。

人間というものはどこまでいっても惨めなもので、これを分かりやすく例えると、女子高生とSEX出来ないので、ちょっと変わった女子高(例えば女子学院)のスカートをブルセラショップで買って自分で着て自慢するような話だ。

この中南米旅行(最低半年かかる)とキューバ旅行も同じようなもので、中南米旅行をした人間にとってはキューバ自体はそれほどの意味はない。

もちろん僕にとってもどうでもいい国だが、『世界旅行者』としては、どんなレベルの旅行者に対しても勝利しなければいけないという意味では押えておく必要がある。

でも、これはもっと簡単に旅が出来るようになってからの方がいいだろう。

 

もうひとつはジャマイカだ。

なぜかジャマイカという名前が頭の中に響いている。
なぜかと良く考えてみると、レゲエが流行していたのが理由なのだ。
『世界旅行者協会』の女性会員の間で、中南米音楽で踊るクラブへ行くのが流行っていた。

僕は正直言ってレゲエもサルサも良くわからない(ただ学生時代は京都YMCAのダンスクラブでジルバやマンボ、タンゴなどのラテン音楽も踊ったことはある)。

しかし、どんな話題にでもついていける、どんな話でももう一歩深くウンチクを傾けられる『世界旅行者』としては、例えば六本木で頭のからっぽな女の子と話をした時に『僕がジャマイカに行った時はね』と言えるのはポイントが高いだろう。

うまくいったら、『ジャマイカ風SEXを教えてあげるから』ということで、女の子と簡単にSEXが出来るかもしれないのだ。

なにしろ僕は嘘は言わない、言えない人間なので、ジャマイカに行かないと「ジャマイカに行った」とは言えない。

これが僕の弱点でもあり、また強さでもあるのだが。

で、同じようなことを考えている人間はいるもので、調査してみると、大手の旅行代理店のHISでは、すでにジャマイカツアーを売り出していた。
料金は11万から12万円と、結構安い。

ということは誰でも簡単に行けるということだよね。
これではポイントが低い。

しかも僕が行っても絵にならない気がする。
考えてみたらいい。
髪の毛を染めて鼻にピアスでもしている、やせた褐色の肌を持つ、バネのような筋肉をした男の子なら、いくら日本人でも、ジャマイカに行っても絵になるだろう。

ところが僕は典型的な日本人体型をした、おなかの出てきた中年男性なのだ。

これでも逆に、おなかの出たおじさんが、キンキラキンの格好をして、すらっとしたモデル風の女でも連れているなら、これは格好いい。

しかし僕はおそらく永久にそうはならないだろう。

金がないから。(トホホッ)

 

ちょっと気になっているのがパナマだ。

これは中米を下っている時に、行くつもりでいろいろと動いたのだが、パナマの政治情勢が悪くて、入国を断念した。

ここで特別に、専門家だけが知っている秘密を特別に明かしておくが、実は海外旅行というのは『麻雀』だということ、素人さんは知らないと思う。
ただだらだらと旅行しても意味がなく、『上がらなければ』いけないのだ。

麻雀で上がるとは一般には三個づつの牌の組み合わせ(面子)を4組作り、2個の同じ牌(頭)を加えて合計14個の牌をきれいにそろえることだ。

わかりやすく、旅行での面子の例を挙げると、世界3大滝、つまりイグアス・ナイアガラ・ビクトリアというのがある。
これで滝の一面子完成だ。

ところで、パナマには運河しかない。
世界で運河を考えると、当然スエズ運河があるが、そのほかには大きいものはない。
つまり、パナマ運河とスエズ運河を旅行しても、麻雀で言うと頭にしかならないのだ。
それがパナマへ行くのに躊躇していた理由だった。

でも、パナマへ行く人はたくさんいるし、ここは押えておいてもいい。
しかし、わざわざパナマだけのために高い航空券を買うのは無意味だ。
なにかのついでに旅行してもいいが。

 

もうひとつ、どうでもいい国がベネズエラだ。

ベネズエラは物価が高いのが有名で、見るとすれば石油の井戸、お土産は原油の瓶詰というつまらない国だ。
旅行する価値があるとすれば、ブラジルとの国境方面へ行く途中にあるエンゼルフォールズ(滝)だ。

あれー、ということはエンゼルフォールズを押えれば僕は滝の暗刻(ナイアガラ、イグアス、エンゼルフォールズ)が出来るというわけか。

でもこれも南米一周の途中に行ったなら意味があるが、わざわざ行くところではない。
しかし、ひょっとしてジャマイカ・パナマ・ベネズエラをまとめて旅行出来れば、これは意味があるかもしれないね。

そして、僕がLAで最初に考えたのがこの旅行プランだったのだ。

westindies2

 

注)このあと、アフリカのビクトリアフォールズ、ベネズエラのエンゼルフォールズへは行きましたから、現在は滝を4つ、暗カンした状態です。また、キューバへも足を伸ばし、「キューバ、ベトナム、北朝鮮」の「革命面子」も揃えました。(1999/04/05記)

 

 

home back next list