《退屈な人間は犯罪者だ》

 

 

目が覚めたのは7時だった。
昨夜の残りのワインとKFCのフライドチキン、ジュースを飲んだ。
荷物を一度ベッドの上に並べて、チェックしてまとめ、階段を下りて受付に入り、部屋の鍵を返す。
ホテルのオーナーに、「今日バルバドスへ戻る」と挨拶する。

「昨日の夜は、あなたのためにビールを冷やしてたんだよ。一緒に話でもしようと待ってたのに。下へ降りてこなかったね」と、残念そうにオーナーは話す。

僕もこのオーナーが悪い人だとは思っていない。
世の中の人は、よく話をするとたいていは『いいひと』なのだ。
ただ、いいひとと付き合ってもおもしろくないのが問題なのだよね。

だから旅先でいろんな人から家へ来るようにと親切に誘われるのだが、僕はほとんどの場合、誘いを断っている。

おもしろくない人と付き合うのは疲れるからだ。

ぼくらが生きる時間は無限にあるのではない。
ところが世の中には『いいひと』が無限に近く、腐るほど存在している。
そして、その『いいひと』はヘドが出るほど退屈なのだ。

退屈な時間を過ごすというのは、限られた時間を無駄使いするのだから、これは立派な犯罪行為だ。
つまり、退屈な人間は犯罪者だということになる。
退屈な人間と一緒にいるくらいなら、自分一人でぼーっとしていた方がずっといい。

でも僕はそういうことははっきりとは言わない。

読者の皆さんにも注意しておくが、世の中をうまく生きていくには、自分の考えていることをそのまま言ってはだめだ。

しかし言いたいことを言わないと精神衛生上よくないし、身体にも変調をきたす恐れがある。

これを解決するのは簡単で、別の機会に別の人と話を盛り上げて楽しい時間を過ごすときに、その人の悪口は取っておけばいい。

人と会うのは、そこにいない別の人の悪口を言ってすっきりするのが目的なのだ。(『世界旅行主義』による定義)

 

セントビンセントの今朝の天気は『曇り時々雨』というところだろうか?
空は不気味に曇って、ぱらぱらと小雨が降っている。
こんな天気では海岸で泳ぐ気にはならないから、今日バルバドスへ向かうのは正解だ。

日曜日の朝で交通量は少なく、ミニバスがつかまるかどうか心配して少し早めに道端で待ったが、いつもと違ってがらがらのバスがすぐにやって来た。

空港で降ろしてもらい、小雨の中を走ってターミナルビルに入るとがらんとしている。
空港のカリブエクスプレス社チェックインカウンターにも誰もいない。
いつものように早く着き過ぎたようだ。

現在時刻が8時半。
僕の乗るIM122 の出発時刻の午前10時55分までまだ2時間半もある。
いくら小さいとはいっても国際空港待合室なのだから、ここには売店もある。
出国税の20ECを残して、手持ちの東カリブドルを処分してしまってもいい、と少し考える。

というのはこの暑さの中で動き回ったので、体調がおかしく、このままバルバドスへ帰って、そのままセントルシアへ行かずにのんびりしてもいい、と考えはじめたからだ。

売店の貧弱なお土産をチェックしてみると、昨日キングスタウンの町で4ECで買ったプラスチックのキーホルダーがここでは10ECもするので土産を買うのはやめた。

しかし僕の大好きなWEEKLY WORLD NEWS の最新号が5ECちょっとで売ってあるのを見つけた。
この週刊新聞は、東スポのいいかげんな海外ニュースネタになっている、冗談だらけの有名なものだ。
売り物のとんでもない人生相談を楽しんでいると、滑走路で轟音がする。

窓から外を見ると4発の大型プロペラ機が見える。
機体の文字を読むと、米空軍の気象観測機らしい。
つまり、気象以外の情報収集(スパイ)をしているのだろう。

着陸してターミナルの前で停止したまま、プロペラの回転をゆるめず、耳が痛くなるくらいの音が長く続く。
いかにもアメリカ人らしい無神経な傍若無人なやり方だと、ちょっとむかっと来る。
バルバドスの港で見たアメリカの沿岸警備隊の船と、この米軍の観測機の存在を考え合わせて、ここが完全にアメリカの勢力圏だと再確認する。

僕の乗る飛行機はここへ飛んできた時と同じブリテッシュエアロスペース146で、驚いたことに同じスチワーデスも乗っていて、僕を認めてあいさつしてきた。

バルバドス到着は予定より10分早い午前11時20分。
入国審査では最初の入国時と違って出国予定日を書き込まず、つまり最大の28日以内の滞在許可を手にした。
空港内の銀行でECをバルバドスドルへ両替出来るのを確かめる。

今日は最初にここに来た時と違って余裕がある。
ホテルは予約済だし、土地勘もあり、時間は十分にあり、特に今日しなければならない予定もない。

すると、こんな気楽な状況で『世界旅行者』が空港からタクシーでホテルの玄関に乗りつけるというわけには行かないだろう。

こういう状況に僕がいるということは、神が僕を試しているのだ。
つまり、どうしてもローカルバスでホテルまで行かなければならない。

 

観光案内所で聞くと、空港前を通る一本道にバス停があって、そこで12番のミニバスに乗るとアラベルホテルのあるロッカリー地区を通ってブリッジタウンへ行くとのこと。

強い日差しの下をコンクリート造りのバス停に行くと、黒人のおばさんが一人待っている。
笑顔で挨拶をして、世間話をしながら10分ほど待つと、ミニバスがやって来た。

「ロッカリーのアラベルホテルに行きますね?」と確認して乗り込んで、心の中でアラベルホテルの近くの風景を心に描き、降りる場所を間違えないようにと気を配って乗っていたら、バス停に着く前にアラベルホテルでわざわざミニバスを止めて、「ここがアラベルビルホテルだよ」と降ろしてくれた。

さすが観光地のバルバドスだ。
セントビンセントではとても考えられない親切さだ。

 

ホテルは昔の6号室を空けて待っていた(または、客がいないので空いていた)。
部屋に入ってシャワーを浴びて清潔なシーツにくるまってそのまま寝てしまった。

起きたのが午後3時。
海岸に出て真っ白い砂の上に寝転がって、トルコ石色の水で泳いでは本を読むことをくり返して、6時まで過ごした。
あまり食事をする気がなくて、ビールを4本飲んで、それを夕食にした。

 

部屋の鏡に顔を映し、ここしばらく泳いだせいで、日焼けして精悍な顔になっているのを確認する。

まだまだ捨てたものではない。
おなかさえ見なければね。

すべてがきちんとして居心地のいいバルバドスへ戻ってくると、逆に、いいかげんだったセントビンセントが懐かしく思い出される。

旅人は常に新しい地に憧れている。

まだ見知らぬ土地に、満たされぬ想いで恋い焦がれている。

少し迷っていたが、僕は明日また旅に出るのを知っている。

なぜなら、僕は『世界旅行者』なのだから。

 

westindies18

home back next list