『グレナダに入国できない』

 

 

グレナダへ入国出来ないという思いがけない発言を聞いても、僕はぴくりとも動かなかった。

その理由を、常に用意周到で経験豊富な『世界旅行者』だから、なにが起きても動じないので、それで平静だった、と考えた読者もいただろう。

僕を評価してくれて、ありがとう。
しかし、そうではない。

僕はこの朝、飛行機が墜落しない限りグレナダに行けるものと確信していたのだ。
だからその衝撃は非常に大きかった。

自分の立っている地面に深い穴が突然開いて、真っ逆様に墜落して行くような気分だった。

それで、実は一瞬気を失ってしまったのだ。
一瞬気を失っていたので、ぴくりとも動けなかったのだ。  

というわけで、グレナダ入国が出来ないと聞いて一瞬僕は気絶したが、それには誰も気づかなかった。

「あなたはグレナダ入国に、ビザが必要です」と彼女は続けた。
「これからブリッジタウンへ戻ってビザを取るか、グレナダへ行かないのなら、飛行機の切符を買い直せば100B$(50USドル)安くなりますよ」

カウンターの女の子は「ブリッジタウンに中国大使館があったかしら?」などと見当外れの話をしだす。
ひょっとして僕を中国人だと考えているのだろうか?

「僕は日本人ですよ。日本人がビザが必要なのは西インド諸島では、ハイチとトリニダードトバゴだけだと思います。もう一度調べて下さい」と主張する。

ビザの問題については日本でさっと調べていて、問題なかったような記憶がある。

第一もしビザが必要なのなら切符を買った旅行代理店がそういうはずなのだ。

ただ、自分の調査には自信がないし、入国条件などは簡単に変わるものだ。
旅行代理店というものは、もともと信用してはいけないところだ。

彼女は困ったような顔をして、もう一度事務所へと入り、15分ほどして戻ってきて、僕に言った。
「私の知っている人に電話して、特別にあなたを入国させるように頼みましたが無理でした。どうしますか?」

これは決断だ。
もうほかの乗客がどんどんチェックインしている。

これからむりやりグレナダへ行こうとビザを取ったり、切符を米ドルで50ドル安くするためにばたばた動いても時間を無駄にするだけだ。
僕に取っては時間が一番大切なのだから。

この IM115便はグレナダを経由してセントビンセント行きなので、このままセントビンセントへ飛ぶことにした。

グレナダについてもなにも知らなかったが、それにしてもアメリカの軍事介入があったところぐらいは知っていた。

セントビンセントについても情報はまったくない。
そして情報を得るためには人に聞くのが一番だ。

「セントビンセントのホテルで、あんまり高くないところ、知りませんか?」と、この管理職の女性に聞いた。

「泊まったことはありませんが、コブルストーンホテルというのがありますよ」との返事だ。

ちょっとした予定変更があったが、この程度の問題は、旅先ではよくある話。

しかも、いい話のタネが出来たのだ。

 

旅の話というのは、うまく行った話は役に立たない。

絶対に失敗談がおいしい。

旅の成否は実は、死なない程度に適当に失敗して人に話せるおもしろい話のネタをどれだけ作れるか、にかかっているのだから。

今となって思い起こせば、かなりいいかげんに思える旅行会社のD夫人が「このエアラインはいい飛行機を使ってるのよ」と言ったのを思い出しながら、搭乗案内に従って飛行機に近づくと、どこかで見た記憶のある飛行機が待っていた。

中型の BRITISH AEROSPACE 146、これは去年の夏、バンコクからプノンペンに飛んだ時に乗ったことがある。
主翼が機体の上方に付いているので、景色を見るにはいい。
席は自由席でどこに座ってもいいので、はやばやと乗り込んで窓側の席を取る。

 

午前10時50分に離陸、深い青色のカリブ海を飛んで、11時半にグレナダへと到着した。
空から見るグレナダは、バルバドスと違って山がちの島で、建物も何となくみすぼらしく、いいビーチも見えない。

空港もターミナルが非常に小さく、山を切り開いて作ったような雰囲気のところだ。
まあ、これはここで降りなくて正解といったところかもしれないね。

飛行機は正午にグレナダを飛び立ち30分もしないうちに別の島へ着陸した。
これが正式名"ST VINCENT & THE GRENADINES" 。

この国名からもわかるように、この国はセントビンセントという島とグレナディン諸島からなっている。
飛行機の窓からもこのセントビンセント島の沖に浮かぶ島の列が眺められた。

 

空港のターミナルビルは日本の田舎のJRの駅程度の大きさと設備だ。
入国手続きを終えたが、観光案内所をたずねると、ただ何枚かのホテル案内のチラシが差し込んであるラックを指差された。

観光案内所もなんにも、みすぼらしい錆びたラックにさしてある、パンフレットがここの観光案内のすべてらしい…。

ラックから、空港の女性管理職から紹介されたコブルストーンホテルのチラシを見つけるが、一泊シングルがU$60と書いてある。
これはちょっと高すぎるね…。

ほかのチラシを何枚かチェックすると、適当な値段のホテルを見つけた。
"TRAVELLERS INN HOTEL"、一泊シングルがU$15〜20ドル。
さっと案内文を読む。

Featuring a specutacular view of the Grenadine Islands.
The Travellers Inn is located at Villa on the South
Coast of St.Vincent. Just 5 minutes from the Airport,
10 minutes from town and 3 minutes to the beach.

(超訳)グレナディン諸島のごっつええ景色が眺められるのが売りもん、
トラベラーズインは
セントビンセント島の南海岸、ビラにありまっせ。
空港からたった5分、町から10分、ビーチまで3分でおます。

値段は適当。
空港から近いからタクシー代もかからない。

町へも近いのでいろいろ動くのに便利だ。
それにビーチまで3分なら、ここでゆっくり泳げる。

英語のチラシを空港に置いてあるくらいだから、アメリカ人の若者かなんかが多くてうるさいかもしれないが、シーズンも終わったことだし、適当な状況だろう。

観光地のバルバドスで30ドルで、あのきちんとしたアラベルホテルに泊まれたのだから、この島なら20ドル出せばもっときちんとしたところかもしれない、と希望的に判断する。

なにしろ予定ではグレナダ1泊、セントビンセント1泊、のはずがセントビンセントで2泊することになったので、ビーチのそばのホテルでゆったりと過ごしたい。

このホテルに行こう!

空港の両替所で、U$50が現地の 132.26 ECドルに替わった。
このドルは EAST CARIBBEAN の頭文字をとって"EC"と呼ばれ、北はANGUILLAから南はGRENADA まで共通に使われているということだ。

両替所の窓口でトラベラーズインまでのタクシー料金を聞き、8ドルの料金を確認してタクシーに乗る。

タクシーは空港から、海を右に見て狭い曲がりくねった道を走る。
この島も平らな土地は少ないようだ。
このカリブ海の東にネックレスのように連なる島々は山が多く、それから少し東に外れてぽつんと浮かぶ平地の多いバルバドスとは性格が違っているようだ。

 

タクシーの運転手と、日本の建設会社がこの島で、昔、港湾工事をしたという話をしているうちに、目の前に海が広がったと思うとすぐに右に曲がり、タクシーは民家らしい建物の前に停車する。

昼下がりのけだるい午後の暑さと静寂があたりを包んでいる。
「ここがトラベラーズインです」と、運転手が降りるように促す。

でも、ここはただの普通の家だぜ…。

ぼっと立ちすくしていると、家の裏から黒人の女の子が顔を出し、僕を見て走って逃げて行った。

タクシーはすんなり走り去ってしまった。

僕は汗を流しながら、かさばるアーミージャケットを手にして、動こうとしなかった。

なぜか読者にはわかるだろう。

僕はまた、ショックで立ったまま気絶していたのだ。

 

westindies15

home back next list