《世界旅行者がCARIB EXPRESSのカウンターで衝撃的な宣告を受ける》

 

 

考えてみれば、昨日はおかしかった。
頭が働かなくて、なにか現実観のないまま、ふらふらといろんなことをしてしまった。

まあ、これには理由があって、まず僕は時差ボケがなかなか取れない体質なのだ。
日本からLAへ飛ぶと、だいたい1週間は体調がおかしい。

その時差ボケが直らないうちに、更に3時間も時差があるところへやって来た。

LAを出る前夜遅くまでビールを飲み、睡眠時間が足りないまま二日酔いで長時間飛行機に乗って、やっとホテルを見つけて、またビールを飲んで、お日様と共に睡眠不足で起き出して、昼間からビールを飲んで、いろいろと動きまわってしまった。
それで昨日は一日中ボーッとしていたのだ。

 

しかし、今朝は大丈夫だ。
今日はなにしろ、グレナダという島国へ飛ばなければならない。
しかも、アメリカが軍事介入したところという以外、グレナダの情報はまったくない。

この国が観光地なのか、社会状況、政治状況がどうなのかも、なにも知らない。

こういう未知への挑戦が眼前にある状況が『世界旅行者』として、一番刺激的なのだ。

アドレナリンの分泌が激しくなり、やる気が異様に盛り上がる。

これを誰にでも理解しやすいように、わかりやすく具体的に例えると、ベッドにキャバクラ風の茶髪のスリムな身体だが出るところは出ている飯島愛のようないい女がシャワーを浴びたあと、わざわざパンティを付け直して(「私ベッドで脱がされるのが好きなの〜」)横たわっているその横で、覚醒剤を射って『天狗十王精』を飲んでスタンバイしているヤクザのような気分だ。

だから、行動もきびきびして、目つきもきりっとしてくる。

 

荷物を手早くまとめる。
タクシーを呼んでもらって、待つ間に2日後のこのホテルの同じ6号室の予約をする。

荷物を預けようかちょっと迷ったが、かさばるアーミージャケットやスエットシャツも持って行くことにした。

というのは、予約をしても予約金をいれているわけではないので、このホテルに戻ってくるかどうか、それはわからないからだ。
世界旅行者は、未来がどうなるか、全く信用していないのだ。

 

タクシー料金はやはり公定らしく、アラベルから空港まで22B$。
ホテルのタクシーを呼んだおばさんは「24B$払って」と、チップ込みの値段を言ったが、僕はチップは払わない。

アメリカ人なら払うだろうが、ここはヨーロッパ人のリゾートでもあるのだ。
常に気前よくチップを払うのはアメリカ人だけで、ヨーロッパ人も、オーストラリア人も、チップは払わない。
訳のわかったような顔をして言われるままにチップを払う日本人は、これはただ旅行業者のカモになっているだけだ。

もちろん高級ホテルに泊まっていればそれなりの対応の仕方があるが、旅行会社からの聞き書きでガイドブックをでっちあげている、自分の金では一度も海外旅行をしたことのない、日本の旅行ガイドブック編集者諸君は、『世界中のチップの渡し方と相場』などどいう『トンデモ本』をでっちあげたりする。
それを読んで、旅行もしたことがないのに事情通をきどる連中が繁殖する。

日本には本物がいないというのが悲しい現実だ。
でも、逆に日本では生活しやすいとは言える。

レベルの低い状況の中にいれば常に優越感を感じていられる。
人間なんてしょせんは『自分が他人より勝っていると感じていたいだけのお猿さんの進化したもの』に過ぎないのだから(『世界旅行主義』より)。

 

僕が乗るのは CARIB EXPRESS社の IM115便、午前10時50分発、グレナダに着くのが午前11時35分。

いつもの習慣で2時間前の午前9時には僕は空港へ着いていた。
旅行代理店の話では結構席が埋まっているという話だった。
昼のフライトでカリブ海を飛ぶのだから窓際の席を取るのが観光客の定石で、そのためには早めにチェックインしなければならない。

というのは言い訳で、僕は常になにか問題が起きることを予期しているので、それに対応するためにも必ずチェックイン開始時刻にはチェックインカウンターにいるという習性がある。

例えば空港へ行く途中だって、タクシーが動かなくなるかもしれず、事故を起こすかもしれない。
だから時間に余裕を持ってタクシーに乗る。
僕が早めに行動するのは、万が一のことが起こっても、それに対応出来るようにと常に考えているからだ。

CARIB EXPRESSは、空港のずらっと並んだカウンターの一番奥にあった。
まだ時間が早いのか、客らしい人は誰もいない。
黒人のすらりと背の高い、口の大きな、歯並びがきれいな女の子がいた。

「グレナダ行きのチェックインはここですか」と聞くと、そうだという。
切符渡すと、切符と僕を見て、そのままカウンターの後ろのドアに入っていった。

ちょっと背の低いかわいらしい感じの黒人の女の子が、笑顔で「あなたは日本人ですか?」と話しかけてくる。
「日本の自動車はとても性能がいい」と続ける。

こういう話を聞いて「日本の自動車は世界中で大評判だ」と喜ぶのは旅行の素人だ。
相手の国をほめるのは、これはただ話をする時の礼儀でしかない。
自動車をほめられるのは、「自動車しかほめるところが見つからない」という意味なのだ。

僕も「バルバドスはとてもきれいな国で、みんな親切で、すばらしい。ハワイよりずっといい。地上の楽園だ」と、思いきりほめまくる。

さっきの背の高い子が戻ってきて「あなたは英語がとても上手ですね」と僕に言う。

ところで「英語が上手」とは、実は「英語はそれほどうまくない」という意味なので、これで本気で喜んで「僕は外国で英語をほめられた」と自慢するのも旅行の素人だ。
これもありふれたお世辞なのだから。

こんなのを簡単に信じるようでは、「私は日本ではモテないけれど、海外ではメチャモテるのよねー。私って外人男性にモテモテー!」などと言っている、ヤリマンの女子大生やOLと同じレベルだ。

 

ただ、僕はこういうことにはなれているので、返事は自動的に出てくる。
「お嬢さんはお世辞が上手ですね(Oh,You flatter me, young lady!)」

「日本人はみんな英語をしゃべるの?」と聞かれるが、この返事も慣れている。

「みんなじゃありません。僕のように頭のいい人間だけです」

これで、どっと女の子たちから笑いを取る。

日本ではこの「笑い」が「怒り」となるので、僕の書くものは人気がないが、それは、怒る人の国際的な感覚が欠如している証拠なのだ。

この高いレベルの笑いがわからない人は、無理でも、努力して笑ってみるといいだろう。
僕の笑いがわかるようになれば、国際人にどんどん近づいていって、ありふれた退屈な日本人からは嫌われるようになる。
まあ、退屈な日本人などという種類は、いずれ地球上から絶滅するのだから、そんな連中などは、どうでいいけどね。

「日本にはまだ侍がいるの?」
「忍者もいるのよね」
「日本人は空手を使うんでしょ?」
と女の子たちは話しかけてくる。

そこで僕は、日本には侍も忍者もまだたくさんいて、日本人は全員学校で空手と柔道を習う、と詳しく説明してあげる。

事実とはほんの少し違うが、日本に侍や忍者がいた方が日本に興味を持ってもらえるし、日本人が空手が出来て強いという噂が広がれば、旅先で強盗にやられる機会が減少する。

 

つまり、話とはなにかの効果をねらってすることなので、意味のないおもしろくない話はしない方がいい。

僕の話がおもしろいのは、こういう、常に意味のある、効果的な話を続けてきたからで、これは旅行者として当然なのだ。
逆に言うと、「話の面白くない旅行者がいたら、それはニセモノだ」ってことなんだよ。

 

こうして CARIB EXPRESSの女の子たちと、キャッキャッと話が盛り上がっている時に、さっき背の高い女の子が入っていったドアが開いて、管理職らしい中年の女性が出てきた。

「ミスターニシモト?」

僕がそうだと返事すると、僕の切符を持ったまま、ちょっと肩をすくめて言った。

「西本さん、あなたはグレナダへ入国出来ません」

あれれ…。

でも、僕はこの衝撃的な言葉を聞いても、ぴくりともしなかった。

それはなぜか?

その理由は、おそらく読者の誰にも予想がつかないだろう。

 

westindies14

home back next list