『ロッカリービーチからブリッジタウンへマイクロバスで往復』@バルバドス/カリブ海

 

 

朝は、ぼんやりしたまま明けた。
注意しておくが、ぼんやりしているのは僕の頭で、バルバドスの朝は壮快そのものだ。

まぶしい光の差し込む窓から目を細めて外を見ると、真っ青な空に椰子の木がすっくと立ち上がっている。
二日酔いの頭で、南の島へ来たのだと再確認する。

昨夜は寝不足で疲れていたのに、アラベルホテルのレストランで地元のビール"BANKS" を小瓶で4本も飲んでしまった。
1本 3.5B$、つまり140円だが、これはレストランの値段で実際はもっと安い。

さて、今日は忙しいぞ。

まずは、バルバドスの首都ブリッジタウンを歩き回る(つまり観光)。
それから近くの島へのフライトを調べて、切符の手配をする。

絵ハガキを買って、中央郵便局から絵ハガキを出す。
アメリカンエアのオフィスに寄って、帰りの便の再確認もしなければならない。

それにビーチで泳ぐこと。

いやいや、一つ一つ数え上げればなかなか大変なものだ。
しかしこれだけやってしまえば、後は(たとえほかの島に飛ばなくたって)のんびりとビーチでごろごろ出来るだろう。

時計をバルバドス時間に合わせてなかったので、二日酔いの頭では今が何時かわからない。
でも、起きてしまったのだから、このまま行動を開始しよう。

ホテルの受付はまだ開いてなくて、セキュリティの黒人のお爺さんがいた。
ブリッジタウンに行くローカルバスの値段を聞くと、 1.5B$という。

ことで、25セント硬貨を2つ貸してくれた(バルバドスでは25セント硬貨が不足しているらしい)。
ホテルの前の海岸沿いの道を右に曲がってちょっと歩くと、コンクリート造りのバス停がある。

強い日差しをまともに浴びながらボーッと待っている。
と、レゲエのテープをがんがん鳴らして日本製のマイクロバスがやって来た。

ほとんど満員なので乗り込むのを躊躇するが、ちゃんと車掌が乗っていて、席を詰めて僕を一番後ろの席に座らせてくれる。
乗っているのは全員黒人だが、みんなこざっぱりした服装で、僕が一番みすぼらしい雰囲気だ。

どうやらこれは通勤の人たちらしい。
そのまま20分ほど走って、マイクロバスは終点の広場に着いた。

バスがたくさん止まっているので、バスターミナルだと思われる。
が、行き先の標識などは全くなくて、大型バス、マイクロバスなどのバスの種類でかたまっているだけだ。

通勤の人の歩くとおりにだらだらと歩いていると、どうやらメインストリートに着いたようだ。
昨夜観光案内所でもらった小冊子の地図を見ると、これがBROAD STREETらしい。

BROAD(幅広)といっても道路の幅は片側一車線の狭さだ。
一通り中心部をチェックすると、通りの両側に銀行、レストラン、土産物屋などが軒を連ねている。

ほんの15分も歩くと、アメリカンエアのオフィス、アメリカ大使館、マーケット、GPO、それから絵ハガキにもなっているトラファルガースクエアなどがあった。
めぼしいところは簡単に全部見つけてしまった。

ただ問題は、まだ店が開いていない。
どうやらやって来るのが早過ぎたようなのだ。

ブリッジタウンの問題点は、店が開いてないと時間をつぶすところがないところかな。
町の中心は、さすが元イギリス領らしく、トラファルガースクエア。

ここも、ただ中央に戦没者を記念するモニュメントがぬぽっとつっ立っているだけ。
アスファルト舗装されているだけの、間抜けな広場で、木陰もなく、とても時間をつぶせるところではない。

波止場に歩いても腰を下ろして休むところもない。
河口に停泊しているアメリカのコーストガードの船を眺めて、ぼけっとしていた。 

やっと8時半になって、最初に開いた土産物屋で絵はがきを買い、中央郵便局へと歩いて、ここできれいな切手を買い込んで、時間つぶしも兼ねて絵ハガキを書く。
旧イギリス領の特徴は立派な中央郵便局を持っているところだが、このバルバドスでも町の中で一番立派な建物だし、窓口も親切だ。

次に、アメリカンエアのカウンターで帰りの便の予約をしにいった。
カウンターの女の子が「ヨコハマでビルが爆破されたの知ってる?何百人も死んだの」と言った(ように聞こえた)。

僕が日本を4月14日に出発したのは、実は15日に東京でなにかオウム真理教関連の事件が起こるとの噂を信じたせいもあった。
これはオウム真理教の仕業だと確信して「そうそう僕もそれが怖くて日本から脱出して来たのさ」と、オウム真理教の説明をしてあげたが、彼女は不思議そうな顔をしていた。

しかし、後になってみると、これはオクラホマの連邦ビル爆破事件の話だとわかった。
ヨコハマとオクラホマを聞き違いしたらしい。

やはり睡眠不足と二日酔いでぼけっとしているようだ。
切符を買った時は帰りの日は変更不可能と説明を受けていたが、聞いてみると、30ドル払えば変更できるということなので、一日早めて26日にする。

LAでやることがまだあると思ったからだ。
正直、中途半端なところへ旅に出るよりも、「ホテル加宝」でのんびりしていた方が、楽しいしね。

次に、最初に見つけた、開いていた旅行代理店で近くの島への飛行機を予約した。
僕としては、出来るだけ多くの島をまわりたかった。

結局旅行代理店のD夫人の言うとおりに、した。
グレナダ、セントビンセントに1日づつ滞在していったんバルバドスへ戻り、それからセントルシアに1泊して戻ってくるというルートだ。

よくわからないがこの買い方が一番安いのだそうだ。
無理すればもっと北にあるマルティニックにも行けないことはなかったのだが、ここはフランスの海外県なので厳密に言うとひとつの国とはいえず、『世界旅行者』としては二の足を踏んでしまった。

いつもならば旅行代理店を最低2軒は当たって料金の比較もするし、いろいろと情報を手に入れるのだが、この日はその気力がなかった。
この時刻になって、急に疲れを感じ出したのだ。 

ブロードウェイに面した二階にある"NELSON'S ARM BAR"でビールを飲んで休んだ。
土産物屋を冷やかしているうちに水着がないのを思い出し、あわててビキニの水泳パンツと半ズボン、それからサンタンオイルを購入。

ビーチで読むために、TOM CLANCYの"DEBT OF HONOUR"を買った。

外はかなり暑くて歩くのも疲れるが、デパートの中は冷房がきき、快適なので目的もなくうろうろしていると、どどっと観光客が団体で入って来る。
どうやら高級リゾートホテル宿泊者は、ホテルのバスで集団で買い物に来るようだ。

あ〜疲れた。

あと残っているのはいつものとおり教会で祈ることだが、ここはもとイギリス領でカトリックではないせいか、教会の中へ入れず断念した。
とすると、これ以上ブリッジタウンで見るところはない。 

マイクロバスを降りた広場へと戻り、広場で「ロッカリー!」と大声で叫んだ。
別に暑さで気が狂ったのではない、僕の泊まっているホテルはバルバドス島のロッカリー地区にあるのだ。

まあだいたいこういう時は、行き先を大声で言いさえすれば、誰かがそこ行きのバスまで連れていってくれるものだ。
今回もみんなで寄ってたかって僕をマイクロバスへ押し込んでくれた。

バスに乗るのは簡単だがバスを降りるところが問題。
ちょうど学校の下校時間なのか、たくさん乗っていた制服姿の女子高生に「僕はロッカリーへ行くんだ」と聞かれもしないのに自己紹介をした。

女の子たちからは不思議そうに「観光客なのに車は持ってないの?」と言われた。
マイクロバスはだいたい僕の来た方向へと海岸に沿って走った。

が、途中で急に曲がって山の方へと入り、まだ海も見えないところで止まる。
そこで、「ロッカリーだよ」といって、皆で寄ってたかって親切に降ろしてくれた。

僕もボーッとしているので言われるままにバスを降りた。
ここは、僕の降りたかったところではないんだけれど。

バルバドスは島なのだし、万が一の時には歩いて海に出さえすればなんとかなると思った。
前を歩いていたすらりとした黒人の若者にアラべルホテルの場所を聞いてみる。

どうやら僕は、バスでは単純にアラベルホテルかロッカリービーチへ行きたいと言うべきだったらしい。
地図を持っていたので、余計な頭を使ってしまったのだ。

ここは山手にあるロッカリーゴルフクラブの前だった。
しかし、運のいいことにゴルフクラブの前のリゾートホテルから海岸までのシャトルバスが出ていて、それにタダで乗せてもらい、ビーチ(そしてホテル)へと戻った。

ホテルに着くと、ホテルから道路を隔てたところにあるビーチへと出る。
ペーパーバックを読んでは泳ぎ、泳いでは読みしながら陽が沈むまでそこにいた。

夕食はホテルの隣のミニマートで買ったフランス製のワインと、昨夜のファーストフードのピザにした。
明日はグレナダだ。

グレナダと言えば昔、社会主義革命が起きて、米海兵隊が軍事介入したという記憶がある。
この国の名物は社会主義者なのだろうか??

今日、町で買った新聞でも『グレナダでココナツ労働者がストに入った』とのレポートがあった。
あんまり観光地として魅力的なところではないかもしれないね。 

でも、僕は行く。

ガイドブックもなく、ホテルの予約もなく、どんなところかわからない、神が指し示すところ(=僕がおもいついたところ)へ。
なぜなら、僕は『世界旅行者』なのだから。

 

westindies13

home back next list [beach]