《一人だけの夜があれば、それが幸せ…》

 

 

思いがけなく、素晴らしい部屋が手に入ったら、急にお腹がすいたのを感じた。

ホテルが決まるまでは、実は、今夜は寝るところが見つからず野宿しなければいけないのではないか、野宿しているとギャングに襲われて、ガソリンをかけられて火を付けられて焼け死んでしまうのではないか、という、常識のある人間なら誰でも予想できる危険で、ポコチンも縮み上がっていたのだ。

しかし、ホテルに落ち着くと、縮んでいたポコチンの皺もダラーンと緩んだ。
安心できる宿が確保できたとたんに、緊張でキュッと縮んでいた胃袋も膨らんで、空腹を感じ出したのだ。

それに、お酒も飲みたいよねー(うふっ)。

デイバッグのファスナーに小さな南京錠を掛けて、それを部屋にある大きな机の脚に、細いワイアロックでつなぐ。
つまり、こんな、元イギリス植民地の、有名な観光地の、観光案内所で紹介された、きちんとしたホテルの安全性も、僕はまったく信じていないんだよ。

今回のバルバドス旅行には持ってきていないが、LAの「ホテル加宝」に置いてきた僕のバックパック、僕といっしょに世界一周をしたばかりか、それ以前の長期インド旅行でインドの子供におしっこを掛けられてその染みまで残ったままの、僕の愛するバックパックも、数限りないところで、このワイアロックで数限りない机や、暖房パイプなどに結び付けられていたものだ。

バックパックをワイアで室内の動かないものに結び付ける話をすると、「だって、バックパックなんかビニール製なんだから、ナイフで切られたら、中身取られてしまうでしょ!」という人がいた。

もちろん、ナイフを使われたら、簡単に盗まれてしまう。

でも、実は、海外旅行の盗難と言うものは、そんなにきついものじゃないんだよ。
ホテルの部屋での盗難は、盗まれたかどうかわからない状態、つまり、ほとんどは置きっぱなしにされた状態で起きるわけだ。

旅行者は、本気で盗む気持ちになった人間から、自分のものを防衛することは不可能だ。

しかし、「盗まれた」ということを「誰にもわかるように証明して、盗難保険を受けやすくする」ことはできる。
カギを掛けるのは、盗難が起きたときに、盗難が起きたことをわかりやすくしているだけなのだ。

バッグがナイフで切られていれば、ホテルにも警察にも「盗難があった」と簡単に証明できる。
つまり、旅行保険が簡単に降りる。

それ以上に、まともな泥棒は、一応は防御してあるバッグなどは狙わないのだ。

 

というわけで、僕は部屋に荷物を置いて、トントンとイギリス植民地様式の建物の階段を降りて、駐車場を横切り、ホテルの受付へ足を運んだ。

近くにレストランがあるかどうか聞く。
それから、「夜中に一人で歩きまわっても危険はないですか?」と確かめる。
「ノープロブレム」だそうだ。

受付で聞いたレストランは、海沿いの道をほんの数分歩いたところにあったが、閉まっていた。
レストランの前にある看板を読んでいたら、ふとった黒人のおばさんが、ゆっくりと通りかかった。

おばさんに食事のできるところを聞くと、ちょっと先にレストランがあるという。
そこまで歩いたが、それは、ハンバーガーショップとピザ屋とフライドチキン屋が合体した「総合ファーストフードレストラン」だった。

ここで、ハンバーガーとチップスをテイクアウトして、ホテルへもどり、ホテルのバーでビールを4本買って、部屋へ持ち込んだ。

テーブルに座って、ビールをのみ、ハンバーガーにかぶりつく。
ビールはちょっとライトな感じの”BANKS”、ハンバーガーもいい味を出しているよ。
これなら、食生活はなんとかなりそうな雰囲気だね。

 

大判のノートを取り出して、明日の計画を立ててみる。

まず、バルバドス脱出のために、アメリカンエアの予約を再確認しなければならない。
それから、近くの島へ飛ぶ航空券の値段やルートを調べる。
できれば、バルバドスからマイアミまで小さな島国を片っ端からアイランドホップしたいものだ。

旅行代理店では「予約変更不能」という話だったが、もちろんそんな話は信じていない。
代理店は説明するのが面倒なことは、全部「できません」というものなのだ。
だから、現地で当たってみれば、何とでも融通はきく。

帰りの切符の「バルバドス〜マイアミ」を捨てて、「マイアミ〜LA」だけを使えれば、次々とアイランドホップをして、そのままアメリカへ戻れるが…。
ちょっと無理なような気もするが、一度バルバドスから出て、また戻ってくるというのは、どうも精神的に良くない。

一度出たら、そのまま帰ってこない方が、旅としては面白いんだよねー。

それと、絵葉書を書いて、友人と自分あてに送ること。

 

まあ、旅先でホテルに落ち着いて、ビールを飲みながら、明日の計画を立てているときほど、幸せなことはない。

このとき、すべての条件は明確で、自分のすべきことは決まる。
自分はなにものであるか、自分の目的はなにか、それが単純明解に、目の前にある。

誰にも邪魔されない、一人だけの夜の時間が、もう少しある。

ビールもある。

 

人は、これ以上何を望むことがあるだろうか。

 

westindies12

home back next list