《ホテルは神が与えてくれるもの》

 

 

「ここにはホテル案内所がない」だとー?!

頭にドラの音がが〜んと響いて、背筋をぞっと悪寒が走る。

そういえばこの大きな空港ビルを出たところは、道路にただタクシーが止まっているだけで、その向こうは漆黒の闇だ。

つまり、空港のまわりにはなにもない。

空港ホテルというものもない。

しかし、どう考えてもこんなに大きな空港ビルに観光案内所がないとは考えられないが…。

ということは、慌てて自殺する必要はないし、気転をきかせたつもりでタクシーの運転手に直接ホテルを紹介するように交渉する必要もない。

旅先でなにか問題が起きた時は、神が旅行者を試しているのだと考えるべきだ。

 

ふんふん、ここで一番適切な対応は、もう一度聞くことだよね。

「ここにないなら、どこにあるんですか?」

恰幅のいい黒人は、またにやっと(よしよし合格だとでも言うように)笑った。

「いま君が通ってきた税関の手前にあったんだよ」

僕がさらに細かく聞くと、このおじさんは僕を連れて一緒にビルの中に入り、税関の職員に「この中国人(チーノ)がホテル案内所に行くから!」と挨拶をして、指さして説明した。

なるほど、入国審査を通って右側のところにちゃんと観光案内所があって、その横には銀行がオープンしているではないか。

ちょっと焦り過ぎたようだ。

 

観光案内所へ行って、ホテルの値段を聞いた。

大学を出て2〜3年といった雰囲気の若いすらりとした上品そうな黒人が、英国風のきれいな発音で、親切に「どの程度のホテルがお好みですか?」と聞き返す。

「バルバドスは高いと聞いてますけれど、安い方がいいんですが。なんとか50ドル程度でありませんか、いえ馬鹿にしてるんじゃないんです。見てのとおり貧乏なので」

僕は気後れして、おどおどと返事をした。

「50ドルのホテルだってー!天下のバルバドスにそんな安ホテルがあると思ってはんの!ペッ(唾を吐く音)おとといおいで!この中国人のおっさん!」と言われるのを覚悟していたのだ。

それで、あまり怒られないような『なにも知らない純真な旅行者タイプ』をさっと装った。

しかし、彼の返事は「バルバドスにはいろいろなタイプのホテルがありますよ。それにいまはオフシーズン料金ですからね。このホテルリストを見て選んでくれますか?予約しますから」という、思いがけなくお優しいお言葉である。

さすが大観光地バルバドス!

バルバドスのホテルの電話番号、FAX番号から、部屋の料金と部屋の数、どういう設備があるかまできちんと説明した100軒ばかりのホテルのリストがあったのだ!

どうやらこのイースター休暇までが冬のオンシーズン料金、イースターを過ぎると夏のオフシーズン料金になるらしい(ラッキー!)。

 

バルバドスへ夜に到着した、この場合のホテル選択術を伝授しておこう。

まず考えなければいけないことは、これは最初の一泊だけの確保だということ。

ホテルの居心地が悪ければ翌日にはチェックアウトして、別のホテルに移るつもりだ。
その場合、町の中にも当然観光案内所があるはずだから、町に近くなければならない。
つまり、変に町から離れたホテルを取るのは避けるべきである。

また、空港から遠いと、ここからのタクシー代が馬鹿にならない。
一番いいのは空港と首都ブリッジタウンの中間に位置する所にあるホテルを選ぶことだ。

それを説明したら「アラベルはどうですか?」と言う。

アラベル はアルファベット順のホテルリストのトップにある。
とてもわかりやすいホテルだ。
これはこのホテルを選べと神が僕にお告げを下したに違いない。

僕がアラベルを選ぶと、観光案内所の若者はホテルへ電話をして予約をしてくれた。

「エアコン付きとエアコンなしの部屋があるがどうしますか?」
「とにかくいちばん安い部屋がいいから、扇風機があればいいや」と返事する。

「いちばん安い部屋でシングル US$30です。タクシー料金は22バルバドスドル(B$)米ドルだと11ドルです」

彼はそう言って、てきぱき予約を済ませると、観光案内の小冊子"BARBADOS IN A NUTSHELL"をくれた。

観光案内所となりの、閉まりかけの銀行で50ドルのT/Cを両替すると、手数料を引かれて98B$になる。

 

外に出て、さっきのおじさんに手を上げてあいさつをして、タクシーに乗り込む。

空港からタクシーに乗り込む時は料金の確認をしておかないといいカモになる。
だから、原則的には見知らぬ場所でタクシーを使うのは避けた方がいい。

しかしバルバドスはその点きちんとしているようだった。

タクシーが空港から出る時に「アラベルへ!」とちゃんと行き先を係員に告げて出発する。
22B$もどうやら公定料金らしい。

タクシーはきれいに舗装された道路をひた走り、途中でぐるんとロータリーを回った。
ふむふむ、ロータリーがあればこれは旧イギリスの植民地の証拠だね。

更に進むと突然、にぎやかな通りに入った。
小さなレストランやホテル、店が道の両側に並び、まだ明かりをつけている。
車の数も多く、人が夜道をゆったりと歩いている。

これはこれは、確かになかなかきちんとしたリゾート地だよ。
この雰囲気を簡単にわかりやすく表現すれば、タイのパタヤビーチを少し小さくして、2段階程度高級にしたところ、といったらいいだろうか。

車は海岸に沿って走る道路からすっと右に入り、レストランと大きな2階建ての民家の前の駐車場で止まった。
これがアラベルホテルだ。

 

レストランに入る右の窓がホテルの受付だ。
もう一人白人の宿泊客がいて僕の前で手続きをしていた。

バルバドスではホテル代に税金が付くので69B$、ここで50ドルのT/Cを両替すると100B$になった。
銀行よりレートはいいが、これはバルバドスでは他のところでも1ドルをそのまま2B$として使えるので、普通のことだと後にわかった(つまり、両替の必要はないといえばないわけだ)。

受付の女性が部屋へ案内してくれた。
駐車場に面した2階建てのイギリス植民地風の建物へ入り、二階の裏側にある6号室が僕の部屋だという。

いちばん安い部屋なのでまったく期待していなかったが、部屋を見て驚いた。
よく磨かれた板張りの床の部屋には、きれいなベッドと大きなクロゼットと机、タイル張りの大きなバスルームにはトイレとホットシャワーがある。
角部屋だから2方に大きな窓が開き、壁には大きなファンが付いている。
真っ白な壁にはしみひとつない。
これでUS30ドル(この時期のレートで2500円)!

いいじゃないかー!

 

僕は部屋で一人になると、まずひざまずいて祈った。

神は僕にここへ来るようにと告げた。
僕はすべての困難を乗り越えてここにやって来た。

そして、神は僕にこの宿を与えて下さった。

そう、この世にあるものは、ただすべては神の定め!

 

westindies11

home back next list