『西インド諸島旅行記』1995

(注意)ここに書かれた内容は1995年の時代背景、環境のもので、現地の状況、物価、旅行条件は変化していると思われますので、自分で確認してください。また、このエッセイに表明された著者の見解は、必ずしも現在の意見ではありません。

 

#1《ただ神の定められしままに》

一般大衆が海外旅行に出る理由にはいろいろとあるだろう。
恋人同士で思いっきりSEXするためにサイパンやグアム、ハワイに行くのは良くある話だ(中には現地調達が簡単なバリ島へわざわざ2人で行くというルール違反をする人もいるが、こういう間違ったことをすると、あとでろくなことがない)。

また、海外の名所旧跡、大自然を見るというありふれた理由で旅に出る人もいる。
もちろん会社の命令で、しかたなく旅立つ人もいる。
最近は個人で海外で買い付けをして、小遣い稼ぎをする若者もなかなか多いようだ。

以前は海外で一旗揚げようというので、アメリカや南米に海外雄飛の夢をかける人たちも多かった。
最後の場合はだいたい失敗したようだが。

海外留学に関しては、現在はもう無意味だとバレバレなので、笑い話にしかならない。

 

さて、僕のような『世界旅行者』が旅に出る理由は一体なんだろう。
女の子とSEXする、名所旧跡を見る、海外留学、仕事で、というあらゆる理由で何度も旅に出た後に残る理由は、もう存在しない。

つまり、『世界旅行者』は理由なく旅に出る。

しかしこの世の中に生きる人間の行動に、理由がないということがあるだろうか?
人間が理由なく行動する場合は存在する。
それは神がそう指示した場合だ。

神は常に啓示を表す。
それを的確に読み取ることが、人間として正しい生き方である。

 

例えば恋人に振られた場合を考えてみよう。

恋人に逃げられてさしあたりSEXする相手がいない場合、生き方を間違えると、目の前にある煮えたぎる性欲をおさめるために、風俗に走ったり、ソープランドへ行ったり、夜道で女の子を襲ったり、近くの看護婦寮に忍び込んで下着を盗んだりすることは良くあるものだ。

しかし、これはすこし間違っている。
この場合神の啓示は『海外旅行へ行け!』というものなのだ。

海外旅行に出れば女性の一人旅も多い(女性の場合は男性)。

人間はもともとSEXをするために存在する、と『世界旅行主義』では説明している。
それではなぜ日常生活でSEXが不足しているのかというと、ただご近所の噂好きのおばさんたちが怖いせいなのだ。

例えば昼夜に限らず道端の電信柱の影でSEXをしていると、悪い噂たつことがある。
近所で『あのスケベ女』『変態男』と評判になって、見合い結婚の時に問題になるかもしれない。

これが日常生活でみんながSEXに狂わない理由なのだ。
ところで海外に出て、噂好きのおばさんが近所にいない場合はどうなるだろう。

人間はすべてその本性を現して、SEXに励むことになる。
つまり、SEXをしたければ海外旅行に出ればいいのだ(もちろんコンドームを忘れないようにした方がいいが)。

 

また会社を首になった場合はどうだろう。

この場合の神のお告げは『海外旅行へ行け!』というものだ。

ほとんどの人間は長期の海外旅行をしたいと考えているものだ。
しかし、全員が簡単に長期の海外旅行に出れるわけではない。
もちろんこれだけ円が強くなっている現在では、海外旅行の資金がないという人は、ほとんどいないと思われる(金のない人は日本でも生きて行けない)。

長期の海外旅行に出れない原因は、実は仕事にあるのだ。

普通の日本人はただ長期に旅行に出るためだけに仕事をやめることは出来ない。
もちろん、本当に人生を生きることの出来る有能な人材は、自分からすっと会社を辞められるのだが、一般人は将来の不安や世間体から、会社を辞めるのは大変だ。

そこで神はわざわざ人を選んで、会社の人事部長に話しを通して(『いや〜彼は優秀なので海外旅行に出したいんだよ。仕事も大切だとよくわかっとるんだけどね、ここはひとつ私の顔に免じて、お願いしてるというわけだ。わっはっは!』)会社を首にしてくださるのだ。

つまり、神は選んだ人を後顧の憂いなく海外旅行に出すために、また世間体を取り繕うために、会社を首にしてくれているのだ。

現在は不況だが、海外旅行に出ている間に景気が良くなるかもしれない。

すると再就職の時に、長期海外旅行に出ていたということがポイントになって、一流会社に就職出来ることもあるだろう(もちろん勤務地はコンゴ支店ゴリラ監視所になるが)。

また、もし不況が回復していなければ日本にいてもクビツリすることになるだろうし、そうなれば死ぬ前に一度長期旅行をしておけば良かった後悔することになる。

つまり、会社を首になったなら長期海外旅行に出ろということだ。

 

さて、仕事も順調で恋人や妻ともうまく行っている人はどうだろう。

実は僕はこういう人については多くを語りたくない。

しかし、こういう一見人生がうまく行っている人ほど、神に嫌われていることを自覚してほしい(僕自身もこういう人は大嫌いだ)。

『禍福はあざなえる縄のごとし』とヒトラーも言っている。

幸福の絶頂は長続きしない(これはSEXのクライマックスが長続きしないことから類推出来る)。

いずれは会社が倒産し、家は地震で倒壊し、妻はカルチャーセンターで知り合ったテニスコーチと駆け落ちをすることになる。

だからこの場合の神のお告げは『海外旅行に行け!』というものなのだ。

人生が下り坂になる前に、自分から虚構の幸せを捨てて、一人で長期海外旅行に出なければならないのだ。

westindies1

 

home back next list