海外でビザを取る時、大使館、領事館の探し方

【ダカール(セネガル)で取ったモーリタニアとガンビアのビザ】
(1)大使館と領事館の違い

まず、大使館と領事館の違いを確認しておきます。
大使館は一般的にそれぞれの国の首都にあります。
それにたいして、首都以外の都市で国の代表をするのが領事館です。

ビザを発行するのは、大使館の領事部門です。
これは、(小さな国では)大使館と一体になっている場合外多いです(ほとんどはそうです)。

しかし、ビザの申請が大量にあるところでは、大使館とは別の建物に領事部門を独立させていることもあります。
この場合、大使館へ行ってもビザは申請できません。

でも大使館へ行けば、「ビザの申請はこちらへどうぞ」と表示があるものです。
領事館の場合は、行けばビザを受け付けてくれます。

ここでは、いちいち「大使館や領事館」と書くのが面倒なので、大使館と書きます。
大使館と書いてあれば、「大使館または領事館」のことと理解ください。

(2)海外でビザを取るのは、長期旅行のとき。

まず、「海外でビザを取る」ポイントを復習してください。
つまり、(もちろん例外はありますが)一般的には、日本でビザを取るよりも、海外でビザを取るほうが簡単明瞭です。

特に東京以外に住んでいる人は、ビザを取るのに、個人で手配するには大変な時間と手間がかかります。
もちろん、ビザ取得の代行業者を使うと、お金もかかりますね。

僕がケニアのマリンディで出会った日本の女の子は、ケニアのビザを取るために東北の小さな町から東京まで、交通費を使って、何度も出てきたそうです。
ちなみに僕は、(そのころ必要だった)ケニアのビザはロンドンで取りましたけどね。

さて、海外でビザを取るのは、これは基本的には長期旅行の場合です。
短期旅行でビザを取るために海外で時間を使うのは無駄です。

ビザを取る条件は、いつころっと変化するかわかりません。
ですから、海外で簡単に取れていたビザが、状況が変化して、突然取れなくなったり、取るのが難しくなったりします。

この例としては、1999年にクンジュラブ峠を越えて、パキスタンに入ったとき、スストの入国管理事務所では、7日間のビザを無料で発行してました。
そのあと、この制度がなくなったと聞きましたが、いまはどうなっているのかわかりません。

日本でも、自分で足を運んで申請する以外にも、郵送やインターネットで自分でビザが取れる場合もあります。
ですから、取れるビザは取れるうちに取っておいた方がいいです。

例えばインドビザは、日本ではたった1200円で簡単にゲットできます。
ところが、海外に出ると、ビザの料金が高かったり、取得に時間がかかったりと面倒になります。

また、日本では簡単に取れるのに、海外だと取るのがほとんど不可能な場合もあります。
これは、以前、ナイジェリアのビザが日本でないと取れないという話がありました。

しかしまた逆に、日本で調べるとビザが必要なのに、国境へ行ってみると、簡単にビザ無しで通過できたりする場合もあります。
この例としては、2007年グアテマラからベリーズへの国境で、1日で通過する場合は、ビザ無し(ビザの料金50ドルを支払わずに)でした。

ですから、海外でビザを取るのは長期旅行で、時間にたっぷりと余裕があるときに限ります。
実際、大使館へ行ってみると、ビザの発行条件が全く変わっていたり、ビザ取得に予想以上に時間がかかる場合もありますからね。

重ねて強調しておきますが、短期旅行の場合は、ビザが日本で簡単に取れるものならば、取っておいた方がいいです。

ただもちろん、ビザには有効期限があります。
ですから、本格的な長期旅行になると、どうしても海外でビザを取らなければならないわけですね。

(3)大使館の場所を調べて、行く。

ビザを取るためには、まず海外の大使館がどこにあるかわからなければ、話になりません。
現在では、たいていのことはインターネットで調べられます。

ただ、そのインターネットの情報が更新されてなかったり、最初からインターネットに情報が存在しない大使館も結構あります。
そして、旅行者がビザを取らなければならないような国では、インターネットではほとんど情報が入らないことが多いです(涙)。

ですから、とにかく大使館へ行くことが大事。
ところが、大使館の場所、これが案外とわからないことがあるんです。

というのは、大使館というのは、結構移動したりしますから。
一週間前に確かに存在しても、予告なく、あっという間に移動してしまいます。

そこでまず、普通は、ガイドブックで目当ての大使館の場所を探します。
これは「Lonely Planet」を見ると、だいたいあるものです。

しかし、大使館がどこかへ移動していることはあります。
例えば、僕が西アフリカのダカール(セネガル)でマリ大使館へ行ったら、移動してました。

参考:《世界旅行者は行く気もないのに、マリ大使館にビザを取りに行く》

大使館のあるはずの町に観光案内所があれば、観光案内所で最新情報を確認した方がいいです。
ダカールには観光案内所がありませんでしたから、直接大使館の場所に行っちゃったんですね。

観光案内所がないところでは、旅行代理店に飛び込むのがいいです。
旅行代理店で行き先への切符を買う話をしながら、ビザが必要かどうか、ビザの取り方、そして大使館の場所を聞き出します。

僕がカラカス(ベネズエラ)でトリニダードトバゴ大使館へ行った時は、旅行代理店でビザが必要だということを確認しました。
さらに、観光案内所へ行って、大使館の住所を入手しました。

ただ、カラカスの住所表示のやり方がわかりにくく、大使館に着くまでに大変な回り道をして、疲れきってしまいました。
そのせいか、ビザを取る気力がなくなってしまったんですね。

こういうときは近くの地下鉄の駅から、タクシーに乗って「トリニダードトバゴ大使館!」と言えば、それで済んだわけです。
僕がモロッコの首都ラバトでアルジェリア大使館を探した時は、タクシーに乗って「アルジェリア大使館!」と言いました。
すると運ちゃんは、警察官に聞いたり、同じ運転手仲間に声をかけたりして、何とか連れて行ってくれました。

ダカールでモーリタニア大使館へ行ったときは、泊まっていたホテルの前にいつも停まっているタクシーに声をかけられました。
「どこへ行くんだ?」「モーリタニア大使館」「それなら良く知ってるから乗ってけ」という会話です。

行ってみると、モーリタニア大使館のドアが堅く閉まってました。
ひょっとして僕1人だったら入れなかったかもしれない。

しかし、運ちゃんが現地語で話してくれて、ドアが開きました。
それで、ちょっとチップを多めに出しましたけどね。

またもちろん、世界各地にある日本人宿、バックパッカーストリートへ行けば、同じようなことを考えた旅行者がいるものですから、情報は入ります。
ただ、バックパッカーが集まっているところでは、自分で大使館へ行くよりも、旅行代理店に頼んだ方が安くて速いってこともあります。

例えば、サイゴン(ホーチミンシティ)ではシンカフェに頼んだ方が自分で動くよりも簡単にビザが取れます。
また、バンコクのカオサンでも、ビザは旅行代理店に頼んだ方が、時間の節約になります。

というわけで、海外のある町で大使館の場所を探す時は、
まず「Lonely Planet」で探す。
それを観光案内所で確認する。
旅行代理店で場所を聞く。
日本人宿などで、同じようなバックパッカーから情報を入手する。
道がわからないときはタクシーに頼る。
現地の旅行代理店に頼む。
で、何とかなると思いますよ。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20070531