tt020 バックパック
僕のバックパッカー人生は、おそらくたった一つのバックパックによって終わるだろう。
それが、写真にある「Wilderness Experience」の緑色のバックパックだ。
これは僕が1984年に、池袋の西武百貨店で、インド旅行に出る前に購入したもの。
大きさは40リットル程度で、機内にも持ち込める大きさだ。
でも、このとき並んでいたバックパックの中では一番高かったと思うよ。
このバックパックの特徴は、肩ヒモが全部収納できること。
収納してしまえば、つるりんとした形になって、乱暴な扱いをされても肩ヒモが切れる恐れがないってワケね。
でも、正直、飛行機に預けたバックパックの肩ヒモが切れたなんて話はあまり聞かないけどさ(笑)。
最初の世界一周中は、なにしろ毎日持ち運んで、どこで踏み潰し、どこでぶつけと毎日、2年8ヶ月もやっていた。
だから、あちこちで糸が切れて、旅の途中で糸で縫い合わせたりしていたものだ。
ロンドンのハロッズ百貨店で買った針と糸で、ビクトリアステーション裏の安いB&Bの部屋でバックパックを縫っていた世界旅行者なんて、絵になるよね。
でも、バックパックを洗うなんて聞いたことがないように(聞いたことないよねー)、汚れは付いたままだ。
だから、どんなところに預けても、誰も触ろうともしない。
とても安全なバックパックだろうね。

「新しいバックパックを買おうか」なんて、時々思ったりする。
でもね、「新しいバックパックは危険」だし、もうそんなに長い旅をするつもりもない。
このままでいいや!って思ってるよ。
関連: 『海外個人旅行に使うバックパックについて』 / 『旅の持ち物リスト』 / 『旅の持ち物リストの説明』