《海外旅行の楽しい出来事、それはトラブル》
海外旅行での楽しい出来事は、だいたいどこでも同じようなことが起きて、もう語りつくされ、旅行本にはそういう出来事だけを集めたものもあります。
他人が強盗にあった、ものを盗まれた、という話は、読んでも聞いても楽しいものですが、自分に起きたら、冗談じゃ済みませんから、注意をするのが大事。
でも、注意しすぎても、楽しくないし、難しいところですね。
インターネットでも、あちこちに自分のトラブルを報告しているところがありますが、僕自身の体験を入れて、整理してみます。
001) 睡眠薬泥棒
002) 海外振り込め詐欺
003) 宝石詐欺、オーダーメイド詐欺、カード賭博詐欺(タイ)
004) ボリビアの待ち伏せ誘拐
005) 500円玉両替詐欺(タイ)
006) 大使館の職員に口内射精される(日本)
007) ボッタクリ国際電話(イタリーなど)
008) 写真撮影に注意
009) 重要書類に間違いがある
001) 睡眠薬泥棒
世界各地で起きている睡眠薬泥棒。
これは、旅先で親しくなった人とお酒を飲んだり、食事をしたりしたときに、食べ物飲み物に睡眠薬を入れられて、気が付いたら丸裸になっているという興味深い事件です。
特に「列車のコンパートメントなどでちょっと話をして、ジュースをもらって飲んだら、睡眠薬が入っていて、身ぐるみ剥がれた」というのが、有名ですね(涙)。
僕が被害者に直接話を聞いたのが、最初が、スペインのバルセロナで出会った演劇関係者。
彼は、イタリアの夜行列車に乗って、ちょっと話をした人からジュースをもらって、飲んで、気がついたら病院で寝ていたということでした。
イスタンブールでは、ガラタ橋の付近で、船着場を教えてくれると、親切に案内してくれたトルコ人に、コーラを飲まされて、全部盗まれた日本人カップルと会いました。
ただ、彼らは結構金持ちだったみたいで、事件後、イスタンブールの高級ホテル「フォーシーズンズ」に泊まって、日本から金を送ってもらって、シリア方面へと旅を続けました。
ラオスで出会ったアジア横断中の旅行者は、日本からシンガポールへ飛び、そこで、「アジア横断には、ドルキャッシュが必要だ」と話を聞いた。
そこで、あわてて3千ドルを口座からおろした。
そのままマーライオン見物中に声をかけてきた中国人と食事をした。
気がついたときは、「知らないホテルに裸で寝ていた」そうです。
もちろんお金はなくなってました(バックパックは自分の部屋においていたので、それで旅は続けられたんだけどね)。
むやみと人からもらったものを口にしないのが原則ですが、レストランなんかで一緒に食事をしていて、トイレに行った隙に、食べ物に薬を入れられる場合は、これは避けようがないですね。
つまり、「他人と食事をするときは、途中でトイレに行かない」のも大事かもしれませんね。
これは、日本国内でも、睡眠薬を使ったデートレイプが増える傾向にあることから、女性は気をつけておいたほうがいいでしょう。
海外では、麻薬や睡眠薬を食べ物に入れられて、お金を盗まれるばかりか、強姦されることはよくあるようです。
002) 海外振り込め詐欺 → 個人情報は教えないように
海外で個人情報を知らせてしまうと、海外からの振り込め詐欺(オレオレ詐欺)がある。
これは、最近新聞でも報道された。
だから、とにかく、海外で個人情報は明かさない方がいいでしょう。
これに関連して、パスポートの中に、住所や電話番号などを書かないように。
緊急連絡先などは、財布の中にカードとして入れておけばいいでしょうね。
003) (特にタイの)宝石詐欺、オーダーメイド詐欺、カード賭博詐欺
これは、旅先で声をかけて来る人を信用しなければ防げる(笑)。
どういう詐欺かは、それぞれ、有名なので、グーグルで検索かければすぐにわかります。
004) ボリビアの待ち伏せ誘拐
ボリビアの首都ラパスから、ちょっと行ったところにある有名な「ティワナク遺跡」。
ここは、ラパスから公共交通機関を使って行くのは、そんなに難しくはない。
ラパス始発のバスがあるからね。
でも、帰りが問題だ。
ティワナク遺跡始発のバスなんかないから、どこからかやってくる(おそらくは満員の)バスを捕まえて乗り込まなければならない。
それは、かなり大変だろう。
実は僕はそれを考えたので、ローカルバスで行かずに、ツアーに参加したんだ。
でも、そういう帰りのことを考えない、軽率な個人旅行者の皆さんを狙った「待ち伏せ誘拐」が出現したとか。
これも興味深い話だね。
---------------------------------------------------------------------------------------
在ボリビア日本国大使館サイトより

http://www.bo.emb-japan.go.jp/jp/seguridad/index.htm

1.待ち伏せ誘拐に注意して下さい!

(1) 現在、コパカバーナ村やティワナク遺跡といったボリビアの観光地等において、
タクシーやミニバス(ワンボックスタイプの乗用車に座席を多数配置し10数名が乗車できるよう改造したもの)
で観光客を待ち伏せ、乗った客をそのまま誘拐し、監禁してクレジットカード等を奪った上、暗証番号を答えるよう脅迫する
といった悪質な事件が報告されています。

(事例)
ティワナク遺跡に隣接する博物館前でミニバスに乗ったところ、しばらくするとラパスへ向かうはずのミニバスが突然方向を変え未舗装道路に入った。
後方から別の車両がやってきて、中から数名が飛び出し(一部は拳銃様のものを所持)、同人らに手首を縛られ、頭から布袋を被せられて目隠しをされ、家屋の一室に連れていかれ監禁された。
現金等所持品の他にキャッシュカードやクレジットカードを奪われた後、銃を突きつけられ、「カードの暗証番号を答えろ。銀行には仲間が行っている。うそをつくと殺す。」と脅迫された。

また、単独に限らず、複数人(親子、恋人、友達)で被害に遭っている事例もあり、複数で行動する場合でも注意が必要です。

(2) ついては、コパカバーナ村やティワナク遺跡等ボリビアの観光地を訪れる際は、できるだけ個人旅行は避け、ツアーに参加することをお勧めします。
ツアーに参加しない場合は、乗客が殆どいない等の不審なバスは避け、ミニバスは「待ち伏せ誘拐」の手口に利用されることが多いため、ミニバスは利用せず、大型のバスで移動するよう心がけて下さい。

また、タクシーを利用する際は、ドアに電話番号の書かれたラジオタクシーを利用する等十分注意するようにして下さい。
--------------------------------------------------------
つまり、僕がやったように、最初からツアーで行けばいいんだ。
この話はこちら。(南米ボリビアティワナク遺跡、太陽の門
005) 500円玉両替詐欺(タイ)
これは、タイの観光地で子供が寄ってきて「日本人から500円玉をもらったけど、タイバーツに両替できないので、替えてくれないか」と頼まれるという詐欺。
これだけなら納得できる話だが、子供は「1円は3バーツだから、1500バーツだ」と言う。
普通の観光客は、両替レートについてあまり深く考えない。
なんか変だなと思っていると、「でも、1500バーツじゃなくて、1000バーツでいいから」と続く。
ここで、財布が膨らんでいる日本人観光客は500バーツ札を2枚渡してしまうわけだ。
それであとになって、ずっと考えていて、やっと気が付く。
騙されたことに(笑)。
実は1円が3バーツではなくて、1バーツが3円なんだ。
つまり、500円は170バーツ程度だ。
だから、500円をうっかり1000バーツに替えたとすると、830バーツの損。
2500円も損をしている。
しかも、500円玉は1個だけではないんだってさ。
でもこれは、絶対にバックパッカーは引っかからない。
だって、物価を自分の身体で知っているからね。
ただ、実際にこういう詐欺があって、引っかかる人がいたというのは、興味深い話なので、ここに残しておきます。
006) 大使館の職員に口内射精される(日本)
日本の女子大生(19)が九段のインド大使館へビザをもらいに行ったら、インド人職員に部屋に連れ込まれて、セクハラをされて、口内に射精されてしまった。
これは、警察で立件されたが、当のインド人職員はとっととインドへ帰国した。
その記事など。→【ビザを取る時にも、強制わいせつの怖れが】
007) ボッタクリ国際電話(イタリーなど)
空港やホテル、有名観光地にある公衆電話に、日本語で親切に国際電話案内が書いてある。
が、その通りに電話すると、クレジットカードにボッタクリ料金がチャージされる。
イタリア、北京、フランスでのトラブル報告がある。
ちょっとかけて5千円、普通にはなして数万円がクレジットカードにチャージされる。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/travel/5919/1156482218/
「地球の歩き方」でのレポート
カード会社に交渉すると、返却される場合もあるようだが、まあ、もともと観光地から日本へ国際電話なんかしないほうがいいと思うね。
料金のわからないものに、軽々しく手を出さないこと。
008) 写真撮影に注意
書き割りで写真を取ったら、撮影料を請求される(料金が小さく書いてあった)@ワットポー/タイ
民族衣装を着た人を写真に撮ると、あとで写真のモデル料金を請求されることがある。
また、駅、空港、公共建築物などを撮ると警察に逮捕されることもある。
観光地で勝手に写真を撮って、日本へ送るからと金を要求される@バッキンガム宮殿/イギリス
009) 重要書類に間違いがある
パスポートをもらったら、性別が間違っていた。(パスポートも、航空券も、ビザも、受け取ったら自分で記述内容を確認する
航空券に記載された名前が違っていた。 (切符の名前が違っていた/勘違いアルゼンチン旅行者
ビザに書かれたパスポート番号が違っていた。 (ポイペト国境で旅行哲学する