《鉄道パス、バスパスについて》…パスの細かい条件については、自分で最新情報を確認してください
001) ヨーロッパバス旅行のための「ユーロラインパス(eurolines pass)」
002) 安く鉄道旅行できるという噂がある「インターレイルパス(interrail pass)」 
003) ヨーロッパ鉄道旅行の基本「ユーレイルパス(eurail pass)」
004) グレイハウンドで北米を回る基本の「アメリパス(ameripass)」
005) 世界旅行者の21日間ヨーロッパ14カ国旅行の実例。
006) 旅行予定に合わせてパスを買っても、旅に出るとパスに引きずられてしまうのが人間の弱さと面白さ。

001) ヨーロッパバス旅行のための「ユーロラインパス」 eurolines pass

ユーロラインパスは、ヨーロッパの国際バスパスです。

ユーロラインのサイトユーロラインパスの説明

英国のナショナルエクスプレスバスのサイトの英語の説明(explanation by national express)

ユーロラインパスは、30日と60日があり、21カ国48都市を結ぶ。

(48都市)
AALBORG - ANDORRE - AMSTERDAM - AVIGNON - BÂLE - BARCELONE - BERLIN - BORDEAUX - BRATISLAVA - BRUXELLES - BUCAREST - BUDAPEST - COLOGNE - COPENHAGUE - CORK - CRACOVIE - DUBLIN - EDIMBURGH - FLORENCE - FRANCFORT - GLASGOW - GÖTEBORG - HAMBOURG - HANOVRE - LILLE - LONDRES - LYON - MADRID - MARSEILLE - MILAN - MONTPELLIER - MUNICH - NANTES - PARIS - PERPIGNAN - PRAGUE - RIGA - ROME - SOFIA - STOCKHOLM - STRASBOURG - TALLINN - TOULOUSE - TOURS - VARSOVIE - VENISE - VIENNE - ZURICH.

料金の例(シーズンにより変更あるかも):
30 days Pass : from FF 1420(24千円)
60 days Pass : from FF 1740 (
29千円)

但し、パスは、国境を越えるルートだけ有効。同じ国内の移動に利用することは出来ない。つまり、例えば、同じフランス内のパリからリヨンへの移動には使えない。

この場合、例えば、スイスのチューリッヒを経由して、「パリ〜チューリッヒ」「チューリッヒ〜リヨン」と国境を越えれば、いいことになる。でも、これって、大変だね(笑)。

しかし、「例外のない規則はない」という通り、このパスでも、指定された都市間では国内でも使えたという情報があります。

まあ、行って、実際に使ってみないとわからない、と思います。

002) 安く鉄道旅行できるという噂がある「インターレイルパス」 interrailpass

インターレイルパスは、6ヶ月以上ヨーロッパに滞在していなければ使えないが、入手して旅行しているという情報が入ったので、参考のために、説明しておきます。

調査によると、6ヶ月以上滞在していなくても、あちこちで購入できるようです。
列車の中でも、ほとんど6ヶ月以上滞在しているかどうかのチェックはない。たまに見つかると、インターレイルパスを没収されるという話がある。

というわけですから、自己責任で、どんどん利用してください

refer to interrail (←これは個人のサイトなので、自分で判断して下さい)

1)インターレイルパスの要件

インターレイルパスとは、ヨーロッパに6ヶ月以上滞在している人に対する、鉄道パス。
ここで取り上げる理由は、6ヶ月以上滞在していなくても販売しているという情報があり、現実的に、利用している人がいるからだ。

特に、アジアを横断して、ヨーロッパに入る日本人旅行者にとっては、東ヨーロッパのブダペストや、ベオグラードで、入手して、ヨーロッパを安く旅行する手段として、人気があると聞いた。

購入した国では、鉄道料金が半額になり、他の国では無料のパスだが、特級料金や寝台料金は、別に支払わなければならない。

ゾーンによっていろいろな組み合わせがある(interrail参照)。
全部を旅行できるグローバルというタイプの有効期間は、1ヶ月。

このグローバルを、ブダペストで310ドルベオグラードでは150ドルで購入できるという噂。
僕がLAで出会った、ローマからNYへ飛んできた世界一周旅行者から、ブダペストで310ドルで購入して、ヨーロッパを鉄道で旅行した話を、聞いた(jan.2001)。

2)旅行できる国

英国、アイルランド、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマーク、ドイツ、スイス、オーストリア、ポーランド、チェコ、スロバキア、ハンガリー、クロアチア、フランス、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、スペイン、ポルトガル、モロッコ、イタリー、スロベニア、ギリシア、トルコ、ブルガリア、ユーゴスラビア、マケドニア、ルーマニア、の29カ国?

3)6ヶ月以上滞在していないのに、切符を購入して、本当に使えるのか?発見されたらどうなるのか?

以下のレポートを読んで下さい。

(フィンランド滞在者からのレポート)

>>この夏フィンランドに3ヶ月間滞在してました。国内どこの駅やSTB(Student
>>Travel Beaurau)にもインターレイルの案内がありました。
>>で、実際に6ヶ月住んでないと買えないかどうかですが、はっきり言うと買
>>えます。なぜかというと、
>>
>> ・利用者が少ないのか、駅員は「6ヶ月以上滞在者用」なんていう細かい
>>ルールまで気づかない(地方の駅の場合:外国人がたくさん来る駅だと、
>>  こうはうまく行かないかも)
>> ・駅員はパスポートを1ページづつチェックしてられない
>> ・ヨーロッパはパスポートに入国印を押さない国があるので、いつヨーロ
>>ッパに入ったか判別できない
>> ・日本の「外国人登録証」のようなカード(社会保障カード)は、1年以
>>上居住する人だけに交付。半年以上1年未満の人には交付されない。
>>→社会保障カードで6ヶ月以上滞在者かどうか判別することも不可能。
>>
>>というわけで、僕も3ヶ月以内の滞在でしたが、6ヶ月以上居住者用の
>>「ユーロドミノパス」を買いまくっていました。これは国別に買えるフレキ
>>シータイプのパスで、有効期間1ヶ月間のうちの任意の3〜7日間を選んで
>>使えます。ちなみにユース(26歳以下)料金もあって、1日あたり100〜
>>150マルカくらいでした。フィンランドだったらすぐに元が取れます。

(アメリカ人、ヨーロッパ留学生のレポート)

>This pass can only be purchased in Europe and provides half-price travel
>in the country of purchase
>and reduced-price travel in most other Western European countries.
>You must live in a country six months before you can buy the pass there;
>this is a strict requirement.
>We've heard stories about students who got around this six-month rule, only to lose their pass
>when a conscientious train conductor checked the entry dates stamped in their passports.

(ヨーロッパ滞在者の話)

>>まー担当者によるでしょうね。私の場合は1年のレジデンスビザを取得 していたのですが、
>>EUに入国した初めてのスタンプを探し、指折り滞在 月数を数えられました。
>> しかしパスポート提出して26歳以上なのがバレバレ&頼んでもないのに ユースパスを
>>発行してくれました。 また買える=安全に使えるというわけではないですので。
>>もぐりの長期滞在者の知人は購入はできましたが、SNCFの車掌にパス ポートの提示を求め
>>られて、資格がないことを指摘されてパスを没収さ れてしまったそうです。
>>#私もMarseill−Nice間の検札時に指折りされました。
>>インターレールパスは発行国の鉄道は半額割引になるだけですので、 少々使いにくいです。
>>#しかしこれに気付かない車掌がほとんどです。窓口も同様。

(フランス滞在者の話)←これはユーロドミノパスの話ですが、列車で身分証明書をチェックされるかどうかという話の関連でここに置きます。

>>私がをEuro DominoをDeutschelandで使った限りにおいてはパスポート提示を求められたことは
>>ありませんでした。
>>(パスポートをチェックされたということは)もしかして生意気な口を車掌に叩いたのでしょうか?

注)この話は、ヨーロッパの鉄道パスの一種「Euro Domino」のドイツのパス(ドイツ滞在者は使えない)をフランスで買って、ドイツで使ったところ、パスポートのチェックがなかったという話です。

003) ヨーロッパ鉄道旅行の基本「ユーレイルパス」 eurailpass

eurailpass世界旅行者のユーレイルパス使用例

1)ユーレイルパスは、ヨーロッパ自由旅行者にとって定番の、乗り放題鉄道パスです。

いろんな種類がありますが、僕は一等のユーレイルパスをオススメします。
というのは、がらがらなので、コンパートメントを一人で占拠できるから。
一等列車乗り放題というのは、優雅だから。
一等ならば、二等にも乗れるので、旅先で出会った二等のパスを持つ女子大生とも一緒に旅できるから。

ユーレイルパスについての日本語での説明は、HISのサイト参照

>>フランス、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、ドイツ、スペイン、ポルトガル、イタリア、
>>スイス、オーストリア、デンマーク、スウェーデン、フィンランド、ノルウェー、アイルランド、
>>ギリシャ、ハンガリーの17カ国の国鉄の乗車料金、急行、特急料金。
>>イタリア〜ギリシャ間の船(6/10〜9/30を除く)、
>>スウェーデン〜フィンランド間を結ぶシリア・ラインの日中の船、
>>一部の私鉄や船にも乗れるボーナス特典。

ユーレイルパスの公式サイトも参照して下さい。

2)ヨーロッパの国で、ユーレイルパスが購入できるか?

ところで、ユーレイルパスの問題点は、ヨーロッパ内でユーレイルパスが購入できるのか?
旅行者の話は、これに尽きます(笑)。

僕自身、かなり前ですが、オーストリアからスイスへの鉄道料金が余りに高いので、スイスのチューリッヒの駅へ、ドイツのレールパスを買いに行ったら、「ヨーロッパに6ヶ月以上滞在していないなら、ユーレイルパスが買えますよ」と言われました。

そこで、パスポートを見せて、21日間のユーレイルパスを購入し、それ以来21日間びっしりと、人格が変わったみたいに、ほとんど列車で寝て、ヨーロッパ中を走り回った経験があります。

あちこちで、ヨーロッパ内で、ユーレイルパスを購入した、購入できる、購入したという人に会ったという話を聞きます。

もちろん日本の旅行代理店や、旅行ガイドブックは、「ユーレイルパスはヨーロッパでは買えない。(それどころか)旅に出る前に、日本でなければ買えない。海外では買えない」とまで、主張しています。
人間って金もうけのためには、なんでもやっちゃうものですね(爆笑)。

そこで、このサイトで、はっきり決着を付けてしまいたいものです。

いただいた情報から、
ドイツ、スイス、北欧各国では、鉄道駅でユーレイルパスが購入できるようです。
イギリスでも購入できる(ただし、6ヶ月以内の滞在者に限る)という話あり。

ところで、フランスや、イタリア、ではどうなのでしょう?
トルコや、モロッコでは当然購入できると考えられますが、あんまり話を聞きません。
引き続き情報をお願いします。

ユーレイルパスの公式サイトの中の「where to buy(購入場所)」によると、

>>When not in a position to buy a Eurailpass, Europass or Eurail Selectpass prior to your
>>departure for Europe buy your pass at a Eurail Aid Office in one of the 17 member countries.
(ユーレイルパスを買いそこなったら、ヨーロッパの17カ国にある「ユーレイルエイドオフィス」でパスを購入できる)
とあるので、少なくとも、エイドオフィスでは購入できるようだ。

その他、ヨーロッパ内の一般の鉄道駅、旅行代理店で買えたかどうか、情報をお待ちします。

3)海外で買う方が、日本より安い→料金表比較

いま、日本の大手旅行代理店の値段と比較すると、

15日のユーレイルパス(一等、大人)が、554ドル:67600円
1ヶ月のユーレイルパス(一等、大人)が、890ドル:10860円

ですから、レートは、1ドル=122円
今のレートが、仲値で1ドル=117円程度、キャッシュレートでも、120円です。
しかし、これは、年末から急に円安が進んだためで、それ以前は、110円以下でした。

ユーレイルパスのサイトによると、料金はドル建てで、一年分決定されているという話。
日本では、適用為替レートが悪く、それで、海外の方が安くなっているようです。

この件に関して、ユーレイルパスがヨーロッパで買えるのは常識との報告をいただきました。

>>日本では、ユーレイルパスの代理店(大手旅行社)が、「ユーレイルパスは、
>>旅行出発前でなければ買えません」と宣伝していました。私も初めてヨーロッ
>>パへ行ったときは、その言葉を信じて日本で買っていきました。

>>ところがその後、ケチケチ旅行を勧めるニュースペーパーに、ヨーロッパでも
>>買える事をすっぱ抜かれました。その金額が、日本で買うより安かったのです。

>>理由は、代理店の大手旅行社が損をしないようにと、独自の為替レートを設定
>>していたためのようです。

注)ユーレイルパスの公式サイトによると、

>>Do realize, however, that the price is 10 % higher than at the regular sales outlets
>>outside Europe.
しかし、ヨーロッパ内のエイドオフィスで購入する場合、ヨーロッパ外で買うよりも、10パーセント高になることに注意。

とあります、これは、「エイドオフィスで買うときは10パーセント高」と、解釈できます。

一般の鉄道駅で購入するときは、ヨーロッパ外と一緒ではないか、と僕は考えますが、引き続き情報をお願いします。

004) グレイハウンドで北米を回る基本の「アメリパス」 ameripass

refer to http://www.greyhound.com/

グレイハウンドの乗り放題パス「アメリパス」は、国外でも、アメリカ国内でも、購入できるが、やはりアメリカ国内の方がちょっと高いみたいだね。

アメリカは広いが、その広さを実感できて、使いやすいのは、バスが一番。

その時の気分で、どこへでも行ける上に、バスの中で宿泊できるのは、体力のある若者には、絶対に有利で、使い出があるよ。

domestic ameripass

  Adult Child Student Senior
7 Day $185.00 $92.50 $157.25 $166.50
10 Day $235.00 $117.50 $199.75 $211.50
15 Day $285.00 $142.50 $242.25 $256.50
21 Day $335.00 $167.50 $284.75 $301.50
30 Day $385.00 $192.50 $327.25 $346.50
45 Day $419.00 $209.50 $356.15 $377.10
60 Day $509.00 $254.50 $432.65 $458.10

international ameripass

  Adult Child
4 Day $135.00
7 Day $155.00 $77.50
10 Day $209.00 $104.50
15 Day $235.00 $117.50
21 Day $285.00 $142.50
30 Day $335.00 $167.50
45 Day $355.00 $177.50
60 Day $449.00 $224.50

 

006) 旅行予定に合わせてパスを買っても、旅に出るとパスに引きずられてしまうのが人間の弱さ。

ある旅行予定を立てて、旅行予定に合うように考えて、上手にパスを購入しようと考える人がいる。
これは、根本的に、大きな間違いです。

というのは、乗り放題のパスの場合は、パスを使わずに移動しないで同じ場所に滞在していたら、移動しない期間は、お金を損していることになりますよね。
で、人間というものは、とてもセコイものなので、パスを手にしたとたんに、連日移動をして、できるだけトクをしようとがんばっちゃうものなんです。

これは、僕自身が、ヨーロッパでユーレイルパスを買ったとたん、人格がガラッと変わったことでも実証されています。
パスを手にするまでは、旅はゆっくりとするのがいいんだと考え、またパスを持って移動しまくっている日本人学生に説教までしたものでした。
ところが、パスを手にしたとたん、ヨーロッパの北の端フィンランドから、西の端ポルトガルまで、連日しゃかりきに移動しまくったことでもわかります。

また、北米をグレイハウンドのパスで移動し始めたら、連日移動し続けて止まらず、これでは体がボロボロになると思ってても、まだワシントンから一気にマイアミまでバスで寝て移動して、最後、もうこれでホントにダメだ!と思ったときに、運良くパスを紛失してしまった(涙)。
それで、ちょうどマイアミで、一週間くらい身体を休めて、マイアミのバスディポで改めて一ヶ月のパスを購入して、それからまた、米国大陸を横断して、西海岸をバンクーバーまで往復して、パスの有効期限の一ヶ月がたって、それでやっと移動が止まったんだ。

こんなに移動するなんて、パスを手にする前に、考えることは不可能だ。
しかし、パスを持っていると、「こんなことをしてたら身体がダメになる」と考えていながら、パスを使うために移動が止められなかったんだよね。

だから、特に、ヨーロッパの鉄道旅行などでは、列車に乗り始めてしばらくして、身体が鉄道の移動に慣れてくると、これはもちろんバスよりも快適だし、横になって眠れる上に、ホテルに泊まるよりも安いので、絶対に列車の乗り続けになるものだ。
これが、昔の学生が卒業旅行で、ほとんど列車で寝て移動したとか、寝るためにわざと長距離列車に乗り続けて、ヨーロッパの端から端まで行ったり来たりしていたという理由なんだよね。

最近、フレキシパスという、ある期間の中で何日か日数を決めて、その日だけパスを使うというちょっと変わったものがあるけれども、これはなかなか使いにくいものだ。
というのは、先にも書いたように、パスを手にしたら人格が変わってしまい、「パスでどれだけトクをするか」と考え出す。
すると、短距離の移動には、もったいなくて使えない気持ちになるんだよね。
つまり、意味もないのにヨーロッパ大陸の端から端まで、移動してしまうものなんだ。

それか、僕の友人の経験だけれども、いちいち考えるのが面倒になって、短距離の移動で使ってしまう。
結果的にはわざわざパスを購入した意味がなかったってことになる。

そういう意味では、フレキシパスというのは、中途半端なんだよ。
どうせ移動しまくることになるのだから、普通のユーレイルパスの方がイサギイイ。

また逆に、パスなんか持たずに旅に出れば、そこにはそれなりの鉄道の割引切符があったりするし、現地の安いバスもあるわけだし、飛行機だって案外と安かったりするものなので、却って、パスなんか持たずに旅に出た方が自由度もあるし、安くつくかもしれない。

だから、旅は二つに分けられるってことで、一つはパスを持って移動しまくる旅、もう一つは現地で一つ一つ交通機関を見つけながら移動する旅なんだよね。
ま、どちらでも、旅はそれなりに楽しいものなので、サイコロでも振って、決めたらいいかもしれないね。

一つだけいえることは、日本で旅行計画を立てて、それに合うようにパスを買っても、旅はパスを持つことによってガラッと変化してしまうので、計画を立てるだけ、意味がないってことでしょうか。