《海外個人旅行とインターネット》
001) 海外旅行に出たらe-mailで日本と連絡を取ってはダメ
002) 本当の海外旅行情報は、インターネットでは手に入らない

003) 下手に日本の情報が入ると、旅が続けられない最悪の状況になることも
004) 自分の長期海外旅行をHPでレポートしても、やるだけ無駄
005) 海外で自分のコンピューターを使うときは、AOLが楽ですが…
006) 旅先でインターネットカフェを利用する時
007) Hotmailの作り方使い方は、とても簡単ですが、使うときにはちょっと注意が必要かも
008) ネットカフェでのバンキングはとても危険
009) 日本語入力出来なければ、英語でe-mail
010) これからは、国際ケータイ電話で連絡を取るようになるでしょうが
011) インターネットの掲示版では意味のない同じ質問の繰り返しで、時間の無駄
001)海外旅行に出たらe-mailで日本と連絡を取ってはダメ
海外個人旅行の本質から考えると、一度海外に出たら、インターネットにはさわらない、関わらない方がいい。
というのは、海外個人旅行は、日本から脱出するのが目的なわけだから、当然、日本の日常生活と少しでも縁を切っていたほうがキモチイイからです。
例えば、女の子とグアムやサイパンに、よくある2泊3日のセックス旅行に出たとき、誰がわざわざインターネットをチェックしようと思うでしょうか。
思うとしたら、セックスがうまく行かなくて、何もやることがなくなったときの暇つぶしだけです(涙)。
海外旅行というのは、別に女の子と一緒に行かなくったって、知らない町を歩き、珍しいものを見て、とんでもない人と出会い、わけのわからないことが起きるわけですから、普通のセックスよりもずっと楽しいかもしれませんよ(ただ、脳血管が破裂しそうなものすごい変態セックスだったら、ちょっとわかりませんが…)。
つーことは、海外旅行に出て、わざわざインターネットをチェックするようでは、最初から、海外旅行に新しい面白い、何か変わったことを期待しない、環境の変化を楽しいと思わない人だってこと。。
そんな人は、最初から、海外旅行なんかに出なかった方がいいんだよ(笑)。
海外旅行に出て、旅先で出会う人とも話をせず、毎日、現地のインターネット喫茶に通って、メールチェックをして、日本の友達(?)と連絡を取るならば、日本にいた方がずっといいでしょう。
しかし、最近、東南アジアでは、こういうタイプの日本人旅行者、特にくらーい感じの若者、が多いようです。
僕は思うのですが、誰が考えても友達のいそうにない人ほど、「友達と連絡を取らないと…」と言ってますが、多分、友達がいるふりをしているだけで、本当はいないんだと思いますよ。
ですからメールチェックしても、ほとんどメールは来てないのだとか(笑)。
僕にしても、女の子からの色っぽいe-mailを除いたら(もちろん原稿依頼、テレビ出演のe-mailは大歓迎ですが…)、中身のないe-mailなんか来ないほうがすっきりして、気持ちいですからね。
僕の場合は、メールチェックをするのが面倒で、メールチェックなんかしないんですけどね…。
それに、海外で日本からの変な情報が入ると、旅を楽しめないし、下手をすると日本に戻らなければならなかったりしますから。
海外旅行をしていて、わざわざインターネットをやるような人は、本当は海外旅行が楽しくない、つまり、最初から日本にいて、朝から晩まで引きこもってインターネットをしていたほうがいいようなタイプ、ってことですね。
結局こういう人たちは、海外旅行の中でも、自分で出会いを作れずに、さびしくなって、日本と連絡を取って、一人ぼっちの寂しさを紛らわそうという考えなんだと思います。
つまり、海外旅行に出てしまったら、根性を据えて、インターネットカフェに閉じこもって、中身のないe-mailなんかせずに、いろんな人と現地で出会った方がいいってことですね。
ただ、旅先で出会った他の旅行者とe-mailアドレスを交換して、旅をしながら現地情報を交換したり、別の旅先で再会する計画を立てるなら、ま、ある程度許容できるかもね。
でも僕は、旅先で一度別れた旅行者とは、無理に会わないほうがいいと思うよ。
会うときは、イヤでも会うものなんだからさ(笑)♪
002)本当の海外旅行情報は、インターネットでは手に入らない。
最近では、海外にいるのに、現地で自分で情報を捜そうとせず、わざわざ日本のインターネットの海外旅行掲示板に、日本語で(または、ローマ字で)質問をして、旅行情報を得ようとする、恥ずかしい人たちもいます。
重ねて言っておきますが、海外に出て、現地で得る情報が一番確かなのですから、日本に聞いても無意味で無駄です。
海外旅行の情報は、自分のいるその時に、現地で見つけることしかないわけです。
「最新情報を教えてください」などと聞いても、その情報は一日たてば古くなるわけですし、また海外旅行の状況は質問をする人の性格によってもどんどん変化しているんです。
例えば、ビザの取得日数や料金は、情報を持っていてもいなくても、結局自分で自分で実際に取ってみるしかないんですね。
で、その時の取得日数や料金を、「これはいい情報だ!」と、お節介にも日本の海外旅行掲示板に書き込んだところで、喜ぶのは旅のことを知らない素人さんだけです。
旅をよく知っている人からは、「どうせ変化するのだから、細かい情報を送っても仕方ないじゃないか(笑)」と、馬鹿にされます。
「貴重な情報、ありがとうございました」なんて、返事を書くようなインターネットオタクは、役に立たない旅の情報を集めているだけで、一生旅になんか出ません。
003)下手に日本の情報が入ると、旅が続けられない最悪の状況になることも
ですから、海外個人旅行に出たら、出来る限りインターネットには触らずに、無視していた方がいいわけです。
ただ、もちろん、時々e-mailをチェックして、親や、親戚や、恋人や友人が、死んだりしていないか、をチェックする必要もあると思います。
しかし、知人が亡くなっていても、そのために日本へ帰国するのでは、せっかくの海外個人旅行が台無しになりますし、またわざわざ帰国したり、連絡を取ったりすると、日本にいる人の迷惑にもなりますから、ここは運命と諦めて、知らないふりをしているのがオトナです。
海外旅行に出てしまえば、いろいろと言い訳が出来るので、下手に正直に、あわてる必要はありません。
タテマエのミエミエの理由でも、波風を立てないように、それを認めてくれるものです。
それが日本人というものですからね。
僕の友人のSくんは、世界一周旅行に出て5年帰ってきませんでしたが、戻ってきたらお父さんがなくなってました。
しかし、お父さんがなくなったことを旅先で知って帰ってきたら、もう長期旅行は続けられなかったことでしょう。
お父さんにしても、どうせ生きているうちにSくんと会えないのなら、最初の計画通り世界一周をさせてやりたいと考えるのが、普通ではないでしょうか。
自分の病気のことで、Sくんの一生に一度の長期旅行を中途半端に終わらせたとしたら、お父さんの本意ではないはずです。
つまり、Sくんは、お父さんの死を知らなかったことによって、少なくとも自分が満足するような長期旅行ができたわけです。
これはインターネットが普及していなかった時代の話ですが、今では、インターネットで簡単に連絡が取れてしまいます。
ですから、最初から、「一度海外旅行に出たら、帰るまでインターネットに触らない」と決意し、宣言しておくのがいいでしょう。
そうすれば、「何も知らなかったから」と、言い訳が出来るかもしれません。
004)自分の長期海外旅行をHPでレポートしても、やるだけ無駄
よく、海外旅行(特に世界一周などの長期旅行)をしながら、旅先から、自分の持つHPに旅行記を書いたりする人たちがいるが、それ自体たいして珍しくも面白くもなく、友人が義理で読んでくれる以外アクセスもないので、だいたい途中で更新を止めてしまう。
そんなことをやっても労力の無駄だし、「またやってるな(笑)」と馬鹿にされるし、機材を持ち歩いたり、アクセスポイントを探したりするのが大変なので、そんな馬鹿なことは最初から考えない方がいい、と心からアドバイスしておきます。
僕も一時期、世界一周の現地レポートを計画したサイトを時々チェックしていましたが、その理由は「どこで更新をやめるのだろう?」「どこで海外旅行に飽きるのだろう?」という、野次馬的な興味だけです。
ただ海外旅行をしているという話は、誰の興味も引きません。
海外旅行を書くならば、そこに自分なりの解釈が必要ですが、それを毎日やっていたら、海外旅行自体が不可能になりますよ。
【旅のヒント】海外旅行中に、ブログの更新などは考えてはならない
005)海外で自分のコンピューターを使うときは、AOLが楽ですが…。
海外旅行をしながら、仕事関係などでやむを得ずインターネットでe-mailを使いたいという場合もあるでしょう。
僕の場合は、ロサンジェルスの高級ホテルに泊まって、部屋で原稿を執筆したり、日本と連絡を取ったりする場合がある。
こういう風にやむを得ず海外の旅先からインターネットをする場合、世界中にアクセスポイントを持つAOLを使うのがいいでしょう。
AOLのブラウザーは独特で、ブラウザーから世界中のアクセスポイントを選べるので、海外から接続するのが簡単です。
(最近は、他のプロバイダーも海外接続ソフトを入れているところもあるようだが、僕はよく知らない。でも、AOLの海外アクセスの設定は非常に簡単だ)
また、日本のAOLの無制限コースに入っていると、米国からは無料で通信できる(電話代はかかるが、米国は一通話に時間制限がないので、電話料金は非常に安くなる)ので、特に米国からインターネットをやるときは、AOLが有利だ。
詳しくはAOLに問い合わせください。
AOL → http://www.jp.aol.com/
問い合わせ番号 : 0120−275−265(無料) / 03−5331−7400(海外からー81−3−5331−7400)
ただ、最近は、日本のプロバイダーが、海外ローミングの新しいシステムを導入しているようなので、状況はすぐに変化します。
出発前に、自分で確認してください。
006)旅先でインターネットカフェを利用する時
最近は、インターネットの特性を利用して、旅をしながら旅人同士で連絡を取り合うことが流行しているようです。
この場合、一度出会ってe-mailを交換して、別れた後でe-mailで連絡を取って、旅先の情報を交換したり、また別の場所で再会したりする。
このとき使われるのが、今では世界中のどの町にも必ず存在する、インターネットカフェのコンピューター。
どのコンピューターからも使えるウエブメイルとして、e-mailを受け取ったり送ったりするには、マイクロソフトのHotmailを使うのが普通です。
Hotmailと普通のプロバイダーのe-mailとの違いは、プロバイダーのe-mailを使うためには、プロバイダーとの契約を結んでお金を払っていなければ使えないということ。
一般的には、プロバイダーのe-mailは、アウトルックエクスプレスなどのメイルソフトを立ち上げて使うのが普通です。
ただ、最近は、プロバイダーのe-mailもウェブ上から直接アクセスできるようになっています。
短期の旅行で、プロバイダーとの契約を続けていて、プロバイダーのメールアドレスを持ち続けている場合は、ですから、たいていの場合は、旅先でもウェブ上からそのまま使うことができます。
長期の旅行で、プロバイダーとの契約を止めてしまった場合はHotmailに代表される無料のウェブメイルを使うことになるわけです。
Hotmailの長所の一つは、Hotmailのアドレスは使い捨てにできるので、旅先でメールアドレスをだれかれかまわずばら撒いても気にならないという点にあります。
それにまあ、海外のインターネットカフェのコンピューターは、Hotmailをすぐに使える状態になっているので、とっとと使いやすいということもあるのではないかな。
007) Hotmailの作り方使い方は、とても簡単ですが、使うときにはちょっと注意が必要かも
Hotmailを作るには、まずマイクロソフトネットワーク(MSN)のサイトにアクセスします。
マイクロソフトネットワーク → http://www.msn.com/
ここにアクセスして、自分のHotmailのアドレスを作り、パスワードを設定します。
そのときに設定したHotmailのアドレスと、そのパスワードを入力すれば、インターネットにつながっている世界中どのコンピューターからも、自分宛のメイルを受け取ったり送ったりできます。
海外のインターネットカフェでは、すぐにHotmailが使えるように設定してある場合が多いようです。
もちろん、Hotmailのほかにも、ヤフーも、他のウェブメイルも使えます。
旅行者の多いある地域では、みんながHotmailを使うために非常にアクセスに時間がかかるので別のウェブメイルを使った方がいいという話もありますが、僕は気にしていません。
インターネットがよくわからないなら、みんなが使っているものを使っておくのが賢いです(笑)。
海外でHotmailを使うときの注意としては、使い終わった後で、からなずサインアウトしておくこと。
サインアウトしないままにしておくと、次に使おうとする人に、e-mailを読まれてしまいます。
また、(現在は違っているようですが)昔のブラウザーでは、パスワードをコンピューターの中に記録してしまうタイプのものがあります。
僕が、カンボジアで使ったコンピューターでは、アドレスを入れようと最初の英字を入れたら、ずらりと名前が出てきました。
古いブラウザーのまま使っている場合は、将来も、こういうコンピューターに出くわすかもしれません。
これは、パスワードのクリア(「ツール」→「インターネットオプション」→「コンテンツ」→「オートコンプリート」→「フォームのクリア」「パスワードのクリア」)で、記録を消去できるはずですが、プノンペンのシンカフェ横のインターネットカフェでは、何度もやってみましたが、消えませんでした。
008)ネットカフェでのバンキングはとても危険
また、最近はインドなどで、インターネットで銀行取引などをやると、いろいろな仕掛けがあって、そのパスワードなどが破られて非常に危険だという話があります。
日本でも、インターネットカフェのコンピューターに、他人が取引したパスワードなどを記録するソフトを入れておいて、他人の銀行口座からお金を引き出すと言う事件がありました。
とにかく、変なところでインターネットをしない方が賢いということ。
009)日本語入力出来なければ、英語でe-mail
僕が東南アジアでコンピューターを使った経験では、キーボードが日本のものと少し違うので、特殊な記号を入力するときにちょっと戸惑うかもしれません。
でも、使い方がよくわからない場合は、店の人に聞けば教えてくれますから、あんまり考えない方がいいでしょう。
LAのリトル東京の図書館にあるコンピューターは、日本語は読めますが、日本語で書き込むことはできません。
しかしその近くの日系スーパーマーケットの入っているビルには、韓国系のサイバーカフェがあって、日本語入力のコンピューターがずらりと並んでいます。
東南アジアでも、中南米でも、日本人旅行者の行くところのインターネットカフェでは、だんだん日本語が読み書きできるように設定されているものがふえています。
ですが、現代人としては英語で読み書きできるのが基本ですから、コンピューターで日本語が使えなければ英語でe-mailを送りあえばいいだけです。
日本語が入力できないコンピューターを使うときにローマ字でe-mailを書いては、知的レベルが疑われます。
正確を期するために、ローマ字で書かなければならないとしても、その前に英語で書いておいて、相手が簡単に内容がわかるように、英語とローマ字文を両方使うのが、親切ですね。
010)これからは、国際ケータイ電話で連絡を取るようになるでしょうが
2003年の年末の段階で、日本のケータイ電話会社では、ケータイをそのまま海外で使えるようなシステムを作っています。
このまま行くと、近い将来には、世界中どこにいても、ケータイ電話で直接連絡を取り合えるようになるでしょうね。
でもそうなってしまったら、特に長期海外旅行そのものが成立しなくなるかも…(涙)。
011) インターネットの掲示版では意味のない同じ質問の繰り返しで、時間の無駄
インターネットには海外旅行の掲示版がいろいろあるが、実質的にその存在意味を失っている。
というのは、質問が同じことの繰り返しで、それを何回も使いまわしているだけだから。
質問に対する答えは決まっていて、質問自体が無意味なんだよ。
また、答える意味もない。
いま、掲示版でされる典型的な質問を取り上げてみよう。
001) ○○駅、○○バスターミナルには荷物預かり所があるでしょうか?
そんなもの行けばわかる。
002) ○○から××への、バスの本数、時刻を教えてください。
こんなものは、行かなければわからない。
003) ○○空港への到着が、夜になるのですが、どうしたらいいでしょう。
だいたい切符を買うときに、到着時間が夜になるような切符を買うこと自体がおかしい。
でも、行けば何とかなる。
というのは、他にも同じような人がいるので、空港で寝るにしても、ホテルを捜すにしても、何とかなるに決まっているからだ。