《海外旅行の航空券の常識と買い方》

【旅行代理店の前の料金表@アールズコート/ロンドン】
001) 切符は、名前の通った、大手の、さしあたり倒産する恐れがない旅行代理店で買う。
002) 往復切符の復路放棄は、ごく普通の、世界の旅行常識。
003) ツアーに参加して、最後にそれを離団して自分の旅を続けるのも、面白いテクニック
004) 海外で切符が安いと噂のところへわざわざ行って、本当に安かったためしはない。
005) 長期旅行では、「帰りの切符は現地で買う」と考えるのが、気楽でいい。
006) 航空会社を選ぶ時には値段が大事のはもちろんだが、到着時間は生死に関わるかも。
007) ヨーロッパ、中近東はアエロフロート、ロサンジェルスは大韓航空、バンコクはバングラデシュやエアインディアで決まり。
008) 海外旅行では、到着した町とは違う町から戻ってくることを考える(オープンジョーができないか?)。
009) 『世界一周航空券での世界一周は意味がない』
010) 帰国便変更可能のオープンチケットの復路変更の仕方について。
011)  ロサンジェルスからメキシコDFの往復切符(コンチネンタル航空)
012)海外留学を最初から決めない方がいい。現地を知らずに長期の契約をするのは、必ず失敗する。

xxx