ベトナム製「Lonely Planet」@ホーチミンシティ/ベトナム
【写真】本物とコピー商品(左側のちょっと小さいのがバッタモン)
左がコピー
右がコピー
夜行寝台列車に乗るために、ハノイのホテルから、あわてて部屋を飛び出したせいで、「Lonely Planet South East Asia on a Shoestring(11th Edition)」をベッドに置き忘れてしまったらしい。
でも、ハノイの雰囲気で、少々のボッタクリ以外はベトナムの旅に特に問題はないと考えていたのであわてなかった。
実は、僕にとって「Lonely Planet」を持って旅をするのは、ちょっとした儀式のようなものだ。
もともとガイドブックは絶対的に必要なものではないからね。
特に、東南アジアのように何度も来ていて、だいたいのイメージができていて、旅行者がたくさんいるところではね。
どうしても必要な時は、他の旅行者のガイドブックを見せてもらえばいいだけなんだから。
それに、旅先の情報は、現地で自分で調べるのが一番いいんだしね。
僕の第二弾「これが正しい海外個人旅行」では、「東南アジアの旅行程度にはガイドブックは不要」ということを証明するために、わざわざガイドブックなしにラオスへ旅をしたくらいなんだからさ。

ガイドブックなしに、バンコクからラオスへ旅をしたお話のある「これが正しい海外個人旅行」


というわけで、ハノイでガイドブックをなくしたあとも、フエ、ホイアン、ニャチャン、ホーチミンシティ(サイゴン)と、何の問題もなく旅をしていた。
ところが、ホーチミンシティのバックパッカー街、ファングーラオ通りで本屋を漁っていた時、「Lonely Planet」が山積みになっているのを発見する。
そういえば、ハノイでもなぜか「Lonely Planet」が街角で売られていた記憶がよみがえる。
気になって値段を聞くと、一冊7ドルという。
僕がなくした本が21.99ドル(もちろんこれに税金がつく)なのだが、売られている本を見てもそのとおりの値段がプリントされている。
外から見た感じは全く同じだ。
しかし、本自体はビニールできれいにカバーされているので、中身のチェックはできない。
誰かが置き忘れた本をキレイにして売ってるのだろうか?
ベトナムの「ブックオフ」なんだろうか?
これは、世界旅行者としては、ゼッタイに調査すべきだよね。
というわけで、世界旅行者はさっそく値段の交渉を始める。
言い値の7ドルを、5ドルまで下げさせて、さらにその5ドルを「4ドルプラス7000ドン」、つまり4ドル半までまけさせて購入する。
さっそく中をチェックすると、なんときれいに本物をコピーしたバッタモンだよ。
ただ、ページをめくっていっても、なかなか誠実な仕事だ。
つまり、欠けたページもなく、キレイに全部コピーしてあるんだ。
そのあと、そのころの有名な日本人宿「一期一会」で会った旅行者は「あんまり安いので、次にいくインドも買いました♪」と喜んでいた(笑)。
ただ、厳密に言うと、バッタモンの方が、ほんの少し小さい。
また、地図のページでは裏の文字が見えるので、ちょっと見づらい。
あと、ページの綴じ方が甘いので、長く使うとばらばらになりそうな感じだったけどね。
こういうコピー商品は買ってもいけないし、日本に持ち込むと罪になります。
世界旅行者は「コピー商品と思わずに買った」のですし、もちろん日本にも持ち込んではいません(ですから、世界旅行者の本棚の「Lonely Planet」コレクションにも入ってません!)。
でも、中国でもカンボジアでも、タイでも見かけなかったのに、ベトナムにだけあるってことは、ベトナム人の能力の証明かもしれない。
ファンのみなさまも、話のネタに、ホーチミンシティのファングーラオ通りに行ったら、チェックしてみてください(しかし、コピー商品ですから買ってはダメだよ)。
【旅行哲学】世の中にはニセモノだらけ。本物は世界旅行者くらいのものかな。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア

world index

xxx