『サンチアゴからバルパライソとビーニャデマールへ日帰り旅行』
1989年7月22日、午前8時に起きる。
最初の予定では、今日サンチアゴを出て、鉄道でプエルトモンへ行くことにしていた。

ただ、まだチリの首都サンチアゴに心残りがあるような変な感じ。
結構居心地のいいサンチアゴを出て、また移動の連続を始める決断が、できてない。
出発を25日に変更したのに、だらだら過ごしてはもったいない。
サンチアゴから太平洋を見に動くことにする。

サンチアゴはチリの細い海岸線から、ちょっと内陸に入ったところにある。
海岸には、バルパライソ(VALPARAISO)やビニャデルマール(VINA DE MAR)という町がある。

サンチアゴからこの太平洋岸の町へは、バスで2時間程度だ。
午前10時に「TUR BUS」に乗って、正午ちょっとすぎにバルパライソのバスターミナルへ到着(550ペソ/220円)。

バスターミナルから「ソトマヨール広場(PLAZA SOTOMAYOR)」へ歩いた。
ソトマヨール広場から港にかけては、観光客むけにきれいに整備されている。

港を見て、港のお土産屋で、「VALPARAISO」とロゴの入ったTシャツを買った(1100ペソ/440円)。
バルパライソへ行ったら必ず体験するもの、それはアセンソール(ASCENSOR)だ。
アセンソールとはスペイン語で、エレベーターのこと。
もちろん、普通のエレベーターではない。

バルパライソという町は、住宅地のある高台が海岸線に迫っていて、海岸と住居の間に段差がある。
その段差を埋めて、移動するための乗り物がアセンソールなんだ。

高台と海岸を結ぶ「長い急な階段」があると考えればわかりやすいだろう。
でもそんな階段を毎日登ったり降りたりするのは大変だ。

そこで、その階段のところに、エレベーターを作った。
だから、エレベーターとはいっても、垂直に上り下りするわけではない。

垂直な屋外のエレベーターで有名なのは、ブラジルのバイーア(サルバドール)だけどね。
この話は、サルバドールのお話でキッチリ書きますから、お楽しみに。
バルパライソのエレベーターは、斜面に沿って作られているので、もちろん、斜面に沿った形になっている。
エレベーターの箱自体が、歪んで、斜めになっているわけだ。

このアセンソールが、一つだけならば、それほど話題にはならないだろう。
バルパライソには、アセンソールがたくさんあって、それが名物になっている。

とはいっても、僕のような観光客は、一つのアセンソールに乗って降りてくれば、それで十分に話のネタになる。
料金が35ペソ(14円)と、僕のノートに書いてある。

これが、片道なのか、往復なのか、記憶にない。
が、上に登って、ちょっと歩いて、また降りてきたので、片道だろうね。

普通の日常生活で使うものだから、往復があるはずもないしね。
アセンソール自体は、作られてから百年もたった、とても古い物だ。
ガタゴトとゆっくり動くので、それなりの感慨はあったね。
バルパライソへ来るのは、アセンソールに乗るのが目的なので、これで目的達成。

「AV. ERRAZURIEZ」でバスに乗って、ビニャデルマール(VINA DE MAR)へ(70ペソ/28円)。
ビニャデルマールとバルパライソと名前は異なっているが、二つの町はくっついている。
バルパライソとビニャデルマールは隣り合わせの町で、バルパライソは昔からの伝統のある町。
ビニャデルマールはちょっとファッショナブルな金持ちの住む町ということかな。
バルパライソからバスに乗り、ビニャデルマールの鉄道駅でバスを降りて、軽く喉を潤す。
チリでチョップ(SCHOP)と呼ぶ生ビール(120ペソ/48円)を3杯飲んで、ちょっと酔っ払う。

別のレストランへ行って、焼肉定食(290ペソ/120円)をビールで流し込んだ。
僕が参考にしている旅行ノートにはメモしてないが、このときに、僕はモアイ像を見た記憶がある。
海岸線に立って、イースター島の方向を向いているモアイ像を見たような気がする。
それを見て、「うむ、イースター島へは行かなくていい」と、最終決断した記憶があるんだが。
ビニャデルマールからバルパライソのバロン(BARON)駅まで、電車に乗って戻る(50ペソ/20円)。
この日は晴れてはいたんだけれど、やはり南半球は冬で、ちょっと肌寒かった。
午後4時発の「TUR BUS」で、とっととサンチアゴへ。
午後6時ごろにサンチアゴのバスターミナルへ到着して、そのまま行きつけのレストランで夕食を取る。

すると、ゲーブルくんが偶然やってきた。
2人で今日の出来事を交換する。

今日もチリワインを1人1本、2人で2本飲んでしまった…。
気の合う友達と偶然会って、ワイワイ話が弾むって、とっても楽しいね(笑)。
僕としては、今日一日は充実していた。
バルパライソとビニャデルマールへ行って、名物のアセンソールに乗ったのだから。
プエルトモンへ行くのは、7月25日に決めた。
出発の日をまた動かすつもりもない。
僕はサンチアゴを出て、更なる移動の連続に入る。
その日その日に泊まる部屋を、また見つけなければならない。
サンチアゴではロンドレスという落ち着ける部屋があること自体が、幸せだ。
僕は、暖かい部屋に戻って、ベッドで本を読みながら、眠りにつきました。
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx