月の谷に行って、ガッカリする@ラパス/ボリビア
ボリビアの首都ラパスに来たのには、それなりの理由があった。
ペルーのチチカカ湖を見たら、そのままラパスへ移動するのが自然だということ。
ずっと気になっているブラジルのビザを取っておくこと。
なにしろ、キト(エクアドル)で、ブラジルビザを取りに行ったら「出国航空券が必要」といわれて追い返されてるしね。
陸路で入国できるボリビアならば、出国航空券は必要ないと聞いていた。
ラパスでブラジルビザは取れるだろう。
あと、ラパスの近くにある有名なティワナコ遺跡を見ること。
5000m級のチャカルタージャ山に登ること。
4000mの高地にあるラパスの町自体も、すり鉢状の都市として、非常に興味深い。
僕個人としては、もう一つ、別の目的があった。
それは、「愛のコリーダ」という日本最初の本番映画を見ることだった。
プーノのボリビア大使館でビザを取り直したとき(この時期、日本人がボリビアにはいるにはビザが必要だった)、暇つぶしで読んだ新聞に映画の広告があったんだ。
世界中の名所旧跡は、天然災害で破壊されない限りそこに存在する。
でも、普通の映画なんてせいぜい数週間しかやってないからね。
愛のコリーダを南米のボリビアで見るなんて、これは、普通の人間には絶対にできない。
これこそ世界旅行者の旅を彩るイベントになる。

これらを全部やり終えた。
そのうえに、芸術関係ではフォルクローレの、有名なチャランゴ演奏家エルネスト・カブールを聞く。

1989年7月9日、ちょっと時間が空いた時、僕は「月の谷」に行こうと思った。
これは、ラパスからちょっと行った所にある、世にも奇妙な風景だというのだ。
「地球の歩き方・南米編」にも大きく取り上げられていた。
ラパスの中心部から、11番のバスで30分、山道を歩いて30分。
ゲーブル君にも薬剤師くんロボくんの3人と毎日一緒だったが、この日は一人で行動した。
旅先では、友達とべたべた付き合ったりしないのが、人間関係を保つコツだからね。
一人になりたかったのでしょう。
でも、ゲーブル君と薬剤師くんも別の日に来たようだ。
山道を歩いていくと、山を降りてくる白人旅行者がポツポツいる。
彼らはみんな、軽く挨拶をして「サイテー」という手振り身振りをして去っていく。

僕は「どんなひどいものなんだろう♪」と期待が膨らみ、やっとそれらしいところへと到着する。
「月の谷」は存在した。

しかし、その横には民家が迫っていて、月のような荒涼とした風景とは思えない。
月の谷の横にはフットボール場まであるんだから(涙)。

現地の人にも一応は観光地らしく、ボリビア人のおじいさん、おとうさん、子供の3人と会う。
彼らと世間話をしながら、下のCACTARIO(サボテン公園)まで降りていきました。

南米旅行者の笑い話の一つとして「Valle de la Luna(月の谷)!」と叫ぶことが流行していた。
この話は、いまでは僕くらいしか知らないだろうね。

【旅行哲学】観光地には行っても仕方のないところがあるが、それを見るのがまたポイントなんだよ。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx