ウユニ塩湖について考える@ボリビア/南米

【ウユニ塩湖について考える世界旅行者みどりのくつした】
僕はウユニ塩湖にいったことがない。
僕が南米一周していた1989年はウユニ塩湖なんて聞いたこともない場所だったからね。
でも、日本人観光客は多いようなので、いろいろ考えてみます。
【事故】ウユニ塩湖の交通事故で日本人5人死亡/ボリビア/南米
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/travel/5919/1150839904/72
2008年5月1日午後2時半(日本時間2日午前3時半)ごろ
ウユニ塩湖で、日本人観光客5人を乗せたRVがイスラエル人を乗せた車と正面衝突して、日本人5人を含む13人が死亡した。
ウユニ塩湖というのは、実は、2008年現在、世界遺産になってない。
それなのに、日本人には結構人気なんだよなー。

これは、絵になるので、日本のテレビで放送しやすいからなんだ。
また、観光業者としては、ボリビアの売り物がなかったので、「ウユニ塩湖」を無理矢理に人気観光地としてでっち上げているんだと思うよ。

何しろ南米のボリビアだよ。
しかも、ボリビアの首都ラパスからも遠いところだ。

ラパスからウユニへ行くだけでも大変だ。
その上に、アウトドア大好きな外国人旅行者と一緒に車に乗せられて、結構ハードなツアーに参加することになるらしい。

日本人というものは、欧米人とは違うのだから、そんなハードなツアーが好きなわけがない。
でも、せっかく地球の裏側まで行ったので、無理に「よかったー♪」と言ってるんじゃないかな。

と、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は思ったりする。
日本人というのは、安全にものすごく気を配るから、この事故のあとは、ウユニ塩湖へ行く人は減るんじゃないかな。
参照:「ウユニ塩湖研究所
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20080503#p1