『ボートでチチカカ湖へ乗り出しウロス島へ行き、葦舟に乗る』@プーノ/ペルー
1989年6月28日朝、昨夜のホットワインは後に残らなかったようだ。
午前6時半、スカッと気持ちよく目覚める。

今日は、とにかくチチカカ湖を船で遊覧し、ウロス島に上陸しなければならない。
ウロス島は、トトラと呼ばれる葦で出来た浮島で、チチカカ湖の名物。

ある特定の一つの島ではなくて、40個くらいある浮島の総称だ。
浮島だから、いくらでも分けたり、くっつけたりできるからね(笑)。

プーノまで来て、この浮島ウロス島に上陸しなければ、話にならない。
チチカカ湖観光は、「コレクティーボ(乗り合い船)で8000インティ(350円)、ボートを一隻借り切ると4万5千インティ(15ドル/この時期2千円程度)」という話を聞いていた。

昨日ツアーの申し込みをしなかったのは、「波止場に行けば、観光船に乗れる」と判断したからだ。
一緒に行動している薬剤師くんと会わなかったので、打ち合わせが出来なかった。

ツアーに参加するならば、知ってる人と一緒の方が何かといいからね。
薬剤師くんを誘って、2人で船着場へ歩く。

前夜は非常に寒かったので、プーノの通りには氷が張っていた。
薬剤師くんが調べたのでは、チチカカ湖観光ボートは1万インティ(430円)。

これにはウロス島への入場料、千インティが含まれている。
高いツアーだと、1万5千インティ(650円)のものもあるとか。

昨日得た情報では、1人8千インティの船があるはず。
その時は、船着場で待っていれば、船があると言われたんだし。

薬剤師くんと僕が船着場で「いい天気だよねー」などとなごんでいる。
昨日僕と一緒にホットワインを飲んだ日本女性の2人がやってきた。

「昨日はご馳走さま♪」「黙っておごって去っていくなんて格好よかったわよ」と、僕の評判がいい。
プーノの飲み屋の支払いなんて、数百円だけどね。

東京の六本木で数万円使うよりも、プーノで数百円おごった方が、ずっと評判がいい。
読者の皆さんも是非、お試しください。

彼女たちはツアーに申し込んでいたので、あっさりと船に乗って出て行った。
取り残された僕たちは、「安い船はないんでしょうか?」などと文句を言う。

僕たちが考えているのが、8千インティのボートで、ツアーならば1万インティ。
たった2千インティ(86円)程度の差しかないんだけどね(笑)。

86円のために、ツアーのボートに乗らずに、女の子たちを見送るなんて、どう考えても変だ。
それを変に思わないのが、「海外個人旅行の変なところ」なんだ。

2人で港に座り込んでいると、「西本さーん♪」と声がかかる。
振り向くと、クスコで別れたゲーブルくんだ。

ゲーブルくんは、他の日本人旅行者2人とクスコへ来た。
その3人はクスコで別れて、ゲーブルくんは昨日1人でプーノへ来たそうだ。

3人でボートを待っていると、だんだんと他の国の人もやってきた。
アルゼンチン人のカップルが「ウロス島へ行く船はここで待つのか?」と、僕に声をかけてくる。

僕たちは朝食も取らずに午前8時から港にいた。
ざっくばらんに言うと、早すぎたんだね。

日本人は何でも他の人に遅れないようにと考える、テンションの高い民族だ。
南米の人たちは、朝食をゆっくりとることのほうが、大事なんじゃないかな。

船が現れたのは、午前9時半ごろ。
僕たちは、1時間半も、船を待っていたってことね。

結局午前9時半過ぎに、8人程度を乗せて、ボートはチチカカ湖へ乗り出す。
料金は、1人6千インティ(260円)で入島料が千インティの合計7千インティ。

僕たちが予定していたボートは8千インティなので、千インティ(43円)ほど安い。
1時間半も待った結果が出たというところかな。

船はゆっくりと進む。
天気は快晴で、チチカカ湖にはほとんど波がない。

のんびりして、とてもいい感じだ。
港で会ったアルゼンチン人の男性が、英語で話しかけてくる。

話したのは、「黒澤映画がすばらしい」とか、そういうことだけどね。
ただ僕は、チチカカ湖のボートで日本映画の芸術論を語るつもりはなかった。

適当に話を切り上げる。
別のアルゼンチン人カップル2人の写真を撮ってあげようと声をかける。

すると、「以前、日本人に写真を取ってもらったら、1人しか写ってなかったことがあるよ」と言われる。
アルゼンチンでも日本人の悪い癖は有名なのか。

日本人というのは、表面は親切なんだけれども、裏は何を考えているかわからない。
旅先で写真を取ってもらうと、わざとピンボケにしたり、いろいろ変なことをやるんだ。

これは僕自身も、日本の旅先でやられた経験がある。
どう撮られているか確認できない、フィルムカメラの時代はよくあった話だ。

日本人がデジカメを愛用する理由は、これが大きな理由だと思うよ。
デジカメならば、他人に撮ってもらった写真をすぐ確認できるからね。

こういう旅行哲学をしていると、船は浮島に着いた。
小さな島に2つ軽く上陸して、ふわふわ感を味わう。

最後に大きな島に着いて、歩き回る。
草で教会が作ってあって、中を見ると小さな祭壇があった。

僕はその祭壇に祈りを捧げた。
中南米の旅行とは、教会、大聖堂で祈ることが第一なんだ。

祈り終えて外に出ると、小さな葦舟に乗れる。
日本人3人でいっしょに乗って、子供にほんの少しだけ漕いでもらう。

1人千インティで、3人で3千インティ(1ドル/130円)。
島のまわりを軽く回った程度なので、いい商売になっていると思う。

チチカカ湖とウロス島ツアーは終了。
午前9時半に港を出て、昼ごろに戻った。

2時間半程度のツアーでした。
さて、午前でチチカカ湖ツアーが終わった。

まだまだやることはある。
ボリビア行きのバスを予約する。

だって、今日でプーノは切り上げ。
明日、とっととボリビアへ行ってしまうつもりなのだから。
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx