『危険を意識してトルヒーヨを歩き、両替すると不思議な現象が起きていた@トルヒーヨ/ペルー』
1989年5月29日。
昨日エクアドルからペルーへの国境を越えた。

トゥンベスからバスに12時間乗って、深夜零時にトルヒーヨに到着。
待っていたタクシーが「ホテルコンチネンタル」に連れて行ってくれた。

これが、日本でのビジネスホテルより立派で、たった3ドル(この時期500円弱)だ。
部屋にはちゃんとしたベッドがあり、電話もあった。

お風呂場には、もちろんキレイな水洗トイレがあり、シャワーとバスタブも付いていた。
中南米を旅してきて泊まった宿の中で、一番まともだ。

長期旅行の一番の喜びは、国境を越えたとたんに通貨の価値が変化して、思いがけなく安く旅が出来ること。
この時期のペルーがまさにそうだったんだよ。

ホテルの清潔な部屋で朝起きて、町へ飛び出す。
最初にやることは、とにかくお金の両替だ。

この時期の、ペルーの通貨はインティ(INTI)。
しかも毎日のようにインティの価値は落ちていた。

できるだけ細かくその日の分だけ、少しずつ両替した方がいい。
5月28日に国境で両替したときは、1ドルは3050インティだった。

この日、トルヒーヨのアルマス広場の両替所に行く。
この日のレートは、ドルキャッシュで、1ドルが3100インティだ。

逆に1ドルを入手するには、3150インティかかる。
ここで、ドルの現金を両替した。

ドルの現金は貴重なので、トラベラーズチェックを替えたいと考える。
「Banco de Centro del Peru」に行って、ドルのトラベラーズチェックをインティに両替する。

このときのトラベラーズチェックのレートが、1ドルが3170インティ。
手持ちの50ドルのトラベラーズチェックを両替したので、手にしたのが15万8500インティになった(手数料はかからない)。

すると、興味深いことが起きる。
銀行で1ドルを3170インティに両替して、それをそのままアルマス広場の両替所に持っていったらどうなるか?

アルマス広場の両替所では、3150インティ出せば1ドルの現金になる。
ということは、銀行でもらったインティをそのまま両替所に持っていけば、1ドル当たり20インティ儲かることになる(笑)。

こういう不思議なことも、この日の午前中には起こっていた。
多分、アルマス広場の両替所に戻ったら、また両替レートが変化していたかもしれない。

とにかく、毎日インティは下落を続けていた。
それでは本当に毎日コンスタントに下落を続けるかというと、時々上昇したりするんだよ(笑)。

わけがわからない。
だから僕は、外国通貨を売り買いする「FX取引」なんかには手を出さない。

すべての取引というものは、絶対的な損をしたときに終わりになる。
取引を手仕舞いする前にいくら表面的に儲かっていても、いずれはなくしてしまう。

だって、儲かっているときに、手仕舞いできないからね。
儲かっているときに見際目をつけて、あっさり手を引いたら、それは本物だけれどね。

1989年の南米はものすごいインフレだったことが、これでもわかるだろう。
これから旅をするアルゼンチンになると、1日で、対ドル両替レートが三分の一に落ちたんだから。

この時期の南米旅行者は、毎日少しずつ両替していたものなんだね。
こういう情報が入ると、物価の安い国に突入して、豪遊したという話も多い。

僕は、昨日、危険だといわれるペルーに入ったばかり。
両替をして、現金を持って、ものすごい緊張していた。

とにかく昼のうちに、メインの食事を取った。
ビールの大瓶が1500インティ、つまり60円くらい。

あと、中華料理屋で中華スープを取って、揚げそばを食べた。
午後3時には、清潔なベッドに入って、寝てしまいました。

ペルーの物価は安いし、トルヒーヨの町を歩いても、特に危険はなかった。
これならば、ペルーの旅行は何とかなる、とメドをつける。

明日は、ペルー観光の開始だ。
トルヒーヨ近くの遺跡(チャンチャン、ワンチャコ、アルコイリス)を見て回るつもりです。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx