『サンチアゴ出発の日に悩み、プエルトモンへの夜行寝台列車の切符を変更する』@サンチアゴ/チリ
1989年7月21日、午前8時に起きた。
昨日、鉄道駅で、明日7月22日発のプエルトモン行き夜行寝台列車の切符を買ってある。

サンチアゴにいるのは今日が最後。
日本人宿の「ペンション五月女」へ行って、思い切り本を借りることにする。

文庫本を6冊、それから「週刊宝石」を一冊持ち出す。
このときに、ロサンゼルスで話をしていた「痔男」と再会した。

痔男と呼ぶのは、南米旅行では長距離バスに乗らなければならないからと、南米旅行に出る前に痔の手術をしたといっていたからだ。
クスコの花田で話をしていた「ビデオ配達男」も、ここに来ていた。

ビデオ配達男と呼ぶのは、ニューヨークに住んでいる時に、日本のビデオを配達するバイトをしていたというエピソードがあったから。
彼は、ボリビアのラパスからチリのアントファガスタの移動で、飛行機を使ったそうだ。

その航空運賃が150ドルだったと、自慢していた。
ラパスとアントファガスタの陸路移動の途中には、あの有名な観光地「ウユニ塩湖」がある。

そこを一気に飛行機で飛んで自慢しているってことは、この時代はウユニ塩湖は、話題になってなかったんだね。
僕も、ラパスから、チリのアリカに入り、アントファガスタ、サンチアゴとバス移動したんだからね。

海外個人旅行では、ある町を出ようと決意したときに、なにか面白いことが起きる。
明日僕がサンチアゴを出ると決めて、切符を買ったとたんに、旧知の旅行者が五月女に2人も出現した。

ちょっと悩んでいる。
別に痔男もビデオ配達男も、それほど親しく付き合いたいわけではない。

僕が明日サンチアゴを出ようとしたときに、以前知り合っていた旅行者が2人まとめて出現した。
その意味は、なんなのだろう。
彼らがサンチアゴに現れたことで、「まだサンチアゴでやり残していることがあるのでは?」と考え出す。
1人でお昼ご飯を食べに行く。

ステーキを食べて、ワインを1本空ける。
旅について考える。

長期の中南米一週旅行というものは、一生に一度しか出来ない。
時間と金があったとしても、またやろうという気力も好奇心もない。

二度目になれば、どんな町でも、ありふれた風景にしか見えない。
サンチアゴにはもう来ないだろう。

サンチアゴで、何かやり残したことは…?
そうそう、サンチアゴの近くにはバルパライソ(VALPARAISO)という町があるよ。

バルパライソに隣接してビニャデルマール(VINA DE MAR)があるね。
サンチアゴを出る前に、とにかく、バルパライソとビニャデルマールを見るのは、悪いことではないかも…。

鉄道駅へ、22日の列車の切符を、7月25日発に変更に行った。
明日の切符は「011-C-A」だが、25日の切符は「013-C-A」となった。

「迷った時は、無理に決めない」ってこと。
決断力のない日本人らしく、「ただ先延ばしにしだだけ」なんだけどさ。

明日出るかどうか、ずいぶん考えて、頭が疲れてしまった。
厚切りのハムとワインを買って、ロンドレスの部屋で、夕食にする。

ベッドにトラベラーズチェックと現金を並べて、手持ちのお金を計算してみる。
まだ4千ドル(この時期で50万円)程度はある。

もちろん、いつまでに帰らなければならないという制限もない。
日本に戻れば、いろいろ面倒なことも待っている。

まだ金があって、時間もある。
急ぐことはない。

サンチアゴを出なければならないのなら、神がそう告げるはずだ。
明日は、バルパライソへ行って、「アセンソール(ascensor)」に乗りましょう。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx