『タバティンガからレティシアへタクシーで国境を越えると、みんな変に優しいのでアマゾン奥地に留まると決める』@ブラジル/コロンビア
ペルーのアレキパからフリアカ経由でクスコに飛んだ時、チチカカ湖が見えるかもしれないと、努力して右の窓際の席を取ったことがある。
そのとき、飛行機が「アレキパ富士」と呼ばれるミスティー山をかすめて飛んだ。
さらに、機長が「世界旅行者」への特別サービスとして、ミスティー山の火口の上でググッと機体を傾けてくれた。
だから、火口の中までじっくりと眺めることが出来た。
フリアカ空港上空ではチチカカ湖も遠望出来た。
そこからクスコまではアンデスの山並みを堪能する素晴らしい遊覧飛行にしてしまった。
これでアレキパからクスコまで、外国人料金でたった40ドル。
ナスカの地上絵の遊覧飛行がやはり40ドルで、期待はずれだった。
ナスカの地上絵フライトに比べると、普通の飛行機で窓際の席を取ることがどれほど大切か、理解出来るだろう。
1989年9月1日、飛行機は予定より30分遅れて朝6時、ちょうどあたりが明るくなってきたころに、マナウスを離陸する。
飛行機の窓から望む大アマゾンの景色は、まさしく言葉には表せないすごさだ。
地平線の向こうまで限りなく広がるジャングルの中をながれる数え切れない川が、数千匹のへびのようにくねっている。
取り残された三日月湖や水没したままのジャングルが果てしなく続いている。
まさしく息をのむパノラマだ。
この光景は船からは味わえないのだから、飛行機に乗って大正解だ。
僕は、本を読むことも忘れて窓に顔をくっつけたままだった。
アマゾンのジャングルを眺めているうちに、飛行機は旋回をしながら降下を始める。
タバチンガに近づいたらしい。
見えるのは緑のジャングルの広がりと泥色の川だけだ。
飛行機が更に旋回を続けてジャングルの木が一本づつ見分けられるようになったころ、飛行場が目に入った。
2つある。
しかし、飛行場の滑走路のほかには川沿いに小さな村のようなものしか見えない。
早速「シューストリング」を取り出す。
どうやらひとつの滑走路がブラジル領のタバチンガ、もうひとつがコロンビア領のレティシアにあるようだ。
飛行機の上から見るとかなり近い。
あの2つの飛行場の間に目に見えぬ国境線が通っているわけだ。
飛行機は降下態勢に移り、ジャングルの中の狭い滑走路に無事着陸する。
着陸したのが僕の時計で午前7時45分。
タバチンガの空港ターミナルは平屋建て。
飛行機から荷物を下ろして、受け取るのに結構手間取った。
荷物を受け取ると、空港の中でそのままブラジルからの出国審査がある。
空から見た感じではここには何もなさそうだ。
とっととボゴダへ向かうことを考える。
もうひとつのコロンビア領レティシアの空港へ行って飛行機を捕まえればいい。
そうすれば、今日の早い時間に、飛行機を乗り継いで首都のボゴダへ着けるだろう。
空港の手続きに時間がかかって、もう午前9時を過ぎている。
ここからレティシアまではコレクティーボ(小型乗り合いバス)が走っているはず。
だが、面倒なのでタクシーで国境を越えることにする。
空港の前にいたタクシーを捕まえ、料金の交渉をする。
言い値は40クルザード、1200円。
ふっかけられているのは解っている(あとで考えたらものすごく吹っかけられていた)が、土地カンがなくて急いでいればこちらは弱い。
言い値の40クルザードを、30クルザード(900円)に値切る。
その代わりまず、DAS(コロンビアの入国管理事務所)へ寄ること。
さらにそのあとに、レティシアのセントロ(中心街)に行くように交渉する。
セントロへ行くのは、国境を越えたあとに必ずやることを済ますため。
つまり、コロンビアペソへの両替をするためだね。
DASのオフィスにタクシーを乗り付けて、入国手続きをする。
2週間の滞在を申請して1か月の滞在許可をもらった。
DASの役人は眠そうだった。
が、それもそのはず、ここ国境三角地帯のタバチンガとレティシアは同じ時間帯を使っていたのだ。
つまり僕の時計で今9時過ぎなのが間違いで、実はマナウスと1時間の時差があった。
現在はまだ8時ちょっと過ぎだ。
勤務時間外にたたき起こしたにしては、コロンビアの役人はいやに愛想がよく親切だ。
運ちゃんにセントロの公園横に店を出している両替屋を教えて貰って、20ドル札を7900コロンビアペソにする。
つまり1コロンビアペソは0.3円と考える。
それからタクシーを空港へ走らせた。
時差を修正するとまだ午前9時だ。
飛行機はあるに決まっている。
空港に着くとそこには、ドイツ人のカップルとアメリカ人の若者が1人いた。
「君たちボゴダへ行くの?」と(英語で)話しかける。
「そうだよ。空軍機に乗せてもらえるように交渉してるんだけれど。君も行くかい?」
そりゃ面白い話だ。
「もちろん一緒に行くよ」と返事をする。
バックパックを待合室において、ブラジルのビール「ANTARCTICA(南極)」を飲む。
このビールは昨日マナウスで高くて3クルザード(90円)だったのに、ここでは450ペソ(150円)する。
やはりジャングルの奥地への運送料のせいなのだろうか?それとも急にインフレが起きたのだろうか?
しばらく待っていたが、どうやら空軍機に乗り込む交渉は駄目だったらしい。
彼らは空軍機や輸送機をねらっているらしく、また明日来るといって町の方へ歩いて帰った。
もう10時過ぎだ。
訳もなく何故か急いでいる僕は民間の定期便に乗り込むつもりだ。
その乗客らしい人も数人集まってきている。
どうしたらいいのだろう?
あたりには空港職員らしい人は誰もいないので、自動小銃を肩に掛けた警備の軍人に話しかける。
親切に教えてくれる。
アビアンカ航空が午後1時にボゴダへ飛ぶ。
チェックインは11時。
「切符はどこで買えるんですか」
「町のアビアンカのオフィスでないと切符は買えないよ」との答。
じゃあひとっ走り町まで行かなくてはならない。
でも、本の詰まった14kgのバックパックを背負って行くのはつらい。
この軍人に頼んでしまおうか?
ちょうど警備の詰め所もあることだしさ。
「済みませんが、僕の荷物をここで預かってくれませんか?」
彼は一瞬「いいよ」と言いかけたのだが、やはり思い直したらしい。
「僕の所で預かる訳には行かないよ」と僕の荷物を持って空港のレストランに入って行った。
どうするのかと思って付いて行くと、食堂の姉ちゃんに「荷物を預かってくれ」と頼んだ。
姉ちゃんも元気に「いいよ!」と答えた。
ありがたい!
でも、なんでこんなに親切なんだろう。
こんな軍人は初めてだ。
町まで15分ほど歩いて行く。
途中には軍隊の兵舎があって、訓練をしていた。
町のアビアンカのオフィスへたどり着いてボゴダ行きの飛行機について尋ねる。
ここもとても親切だ。
レティシア〜ボゴダは27,500ペソ(約8千円)で、毎日午後1時出発。
予約状況を確かめると「今の時期はいつでもガラガラです」との返事がある。
ふっ、と肩の力が抜けた。
何で僕は、こんなに焦って走り回っているのだろう?
オフィスの前の広場のベンチに腰を下ろす。
天気はいいし、寝不足で頭がぼーっとしている。
「急ぐことはない。何故か優しいレティシアにあと数日いても良いじゃないか」と思う。
そうしよう!
ゆっくりと空港へ歩いて戻り、誰もいない静かなレストランでまたビールを飲む。
荷物を受け取り、さっきの兵士に「レティシアが気にいったので、もうしばらくここにいます」と挨拶する。
ゆっくり歩いて町へ戻る。
町と空港の間には、コロンビア軍の兵舎があって、体操をしてるのが見える。
レティシアの町を歩いて、3軒当たってホテルを決めた。
赤ん坊を抱いた可愛い若妻が経営する「ホテルアメリカーノ」。
1泊1200ペソ(360円)で、部屋にはトイレとシャワーがついている上に扇風機まである。
うん、気にいった。
ホテルも町もそしてここに生きる人たちも。
しばらくここにいよう。
すべては神様が決めているのだ。
きっと僕がここにやり残したことがあるんだ。
そう言えば、アマゾンをリバーボートで航行してないじゃないか。
もちろん「世界旅行者」の僕だからアマゾン川に接してない訳じゃない。
エクアドルのアマゾン側低地「オリエンテ」で、アマゾン上流のナポ川を、小さなボートに揺られて1日かけてさかのぼったことはある。
ただ、アマゾン本流でよく見かけるダブルデッキのリバーボートに乗った経験はない。
アマゾン川のリバーボートに乗ってないことが、引っかかっていたんだ。
そうだ!川沿いの町、ブラジル領のベンジャミンコンスタントへ行こう。
僕はそう思った。
もちろん、僕がそう思うことも、神の導きなのだが。

xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx