《アマゾン奥地三国国境地帯、タクシーで国境を越える》 タバチンガ(ブラジル)〜レティシア(コロンビア)
注)この状況、旅行情報、は1989年時点のものですから、あくまでも参考にとどめて、現在の状況は自分で調べてください。
「南米からの脱出」 「アマゾン川リバーボート」 「アマゾン奥地国境をタクシーで越える」
1:「南米からの脱出」
とんでもなく暑いアマゾン川中流の町マナウスにいる。
ベレンを夕方に発ってマナウスの空港に真夜中に着いたあと、明け方まで空港で過ごして、始発のローカルバスで市内へ着いた。
クーラーなしの安いホテルはすぐに見つかったが、なにしろ40℃を越える暑さなのでクーラーが欲しい。
2時間も歩き回って10軒ほどホテルをあたり、やっとクーラーが付いているというだけが取り柄、床の傾いた部屋にはベッドだけのホテル、1泊25クルザードの『ホテルフォルタレーサ』を見つけた。

さて、この時期のブラジルの物価を語るのは難しい。
毎日どんどんレートが変化しているのだ。
5日前には銀行より率がいいベレンの土産物屋で、1USドル=4.5クルザードで両替した。つまり、1クルザードが30円。
それで計算すれば、このホテル代は750円ということになる。
念の為に書いておくと、2週間前は1ドル=4.05クルザードだった。
計算すると10日で10%レートが下がったことになる。
でもこれぐらいのインフレは南米ではおとなしいほうだ。
この年、アルゼンチンは1日で一気に物価が3倍になった例もあるくらいだ。

昼下がり、頭の痛くなるほど大きなクーラーの音のする部屋で、ベッドに南米地図を広げて、自分のたどったルートを書き入れてみる。
エクアドルから南米の旅を開始して、反時計回りにほとんどの国に足跡を残して来た。
これからはどういう形で南米から抜けるかということを考えながら旅のルートを設定しなければならない。
南米からの脱出は結構大きい問題だ。
南米旅行中に出会った日本人旅行者から2つの情報を入手している。
1.カリブ海に浮かぶコロンビア領サンアンドレス島はとても奇麗だし、ゆっくりするのに最適(これはクスコで一緒だった北西君の通ったルートだ).
2.コロンビアの女の子は親切で可愛い。コロンビアでモテなければ男を止めた方がいい(これはコロンビアで人妻に口説かれて同伴喫茶に入った日本人旅行者の体験談だ)。
ということなら、絶対にコロンビアへ足を伸ばすことになるだろうね。
問題なのは、ブラジルからコロンビアに入るのに、ベネズエラ経由にするのか、それともペルー・コロンビア・ブラジルの国境が交わるアマゾンの奥地の三国国境地帯を通過するのかということだ。
しかし、海外旅行では、行きたいからとどこにでもすんなりと入国できるという訳ではない。
ここには、入国条件の問題があるのだ。
まず、ベネズエラに入るためにはツーリストカードが必要で、それを取るためには出国切符が必要だという情報がある。
サンパウロの日系旅行社『ウニベルツール』で確認した所、飛行機で入国すれば自動的にツーリストカードをくれるとか。
この場合は十分な旅行費用を持っていれば出国切符は必要ないともいう。
しかしコスタリカからエクアドルの首都キトへ飛んで以来、南米の国境は陸路水路で越えてきた。
ここでベネズエラに飛行機ではいるのでは、一気に迫力がなくなってしまう。
定番ガイドブック『シューストリング』によれば『ベネズエラの滞在費は高く、安宿はいつも一杯』ということだし、お土産は石油ぐらいのものだ。
石油を飲んでも酔えない。
僕の好きな液体はアルコールだけだ。
経済的にいって長期の滞在は無理ということになるのなら、ベネズエラで見る価値のあるものは高さ世界一(979m)の『エンゼルフォールズ』だけだと言っていい。
そしてこの『エンゼルフォールズ』はブラジルからベネズエラへ陸路で国境を越えるルートからアクセス出来るらしいんだ。
これはブラジル領ボンビスタからベネズエラのサンタエレーナへの唯一のルートを使うことになる。
ただ、ブラジルから陸路でベネズエラに入国する場合は、ツーリストカードを取得するのに、出国切符が要求されるという話だ。
そうなると、例えばカラカスからマイアミ(この切符は安いという噂をサンチャゴで聞いたのだが)のノーマルチケットを購入しなければならないかもしれない。
実際にはバスでコロンビアへ向かい、その後にこの出国用航空券の払戻をするというテクニックを使う訳だが、これについてもいろいろな問題がある。
別の機会に『出国切符論』という論文で説明してもいい。
金も少なくなっているのに、これも面倒な話だ。
やはりアマゾン奥地の三国国境地帯からコロンビアへ入国するのが単純だし面白い。
コロンビアには日本人はノービザで入国出来ることになっている。
以前はここでも空路入国の場合、出国切符を要求されるという話があった。
多くの日本人がカリブ海のど真ん中にぽつんと浮かぶサンアンドレス島経由で中米から南米に向かうのは、コロンビアでここだけは出国切符のチェックをしないという噂があるのも理由のひとつだ。
ただ、陸路で入国する場合は出国切符は要求されない(この時期、コスタリカからコロンビアの首都ボゴダへ飛んだ旅行者の話では、空路利用の場合でも片道切符で問題なく入国出来たということだが)。
どちらにしても、アマゾン奥地でブラジル領『タバチンガ』からコロンビア領『レティシア』へ陸路で入国する場合は、何の問題もないはずだ。
きーめた。タバチンガへ行くことにしよう!
万が一コロンビアへ入国出来なければ、川をさかのぼってペルーへ入ってもいい。
2:「アマゾン川リバーボート」
長期旅行者の夢のひとつは、リバーボートでアマゾン川を航行するということだ。
主なアマゾン川航行ルートは、「河口のベレンからサンタレンを経由してマナウスまで」、「マナウスから三国国境地帯のタバチンガまで」、更には「タバチンガからペルー領のイキトスまで」の大きく3部分に分けられる。
最初の2区間が各1週間。タバチンガからイキトスまでは4日で通過出来る。
アマゾンをリバーボートで旅行すること自体は、ブラジルへ来たちょっと気のきいた旅行者は皆やってることで、特に大変というものではない。
変化のない日常にさえ耐えられれば頭も使うことがない。
かえって楽なくらいだ。
これをまたもや日本のガイドブックは大冒険にでっち上げて素人衆を騙している。
行けば皆あまりの簡単さにびっくりする(行ったことがないから書けるのだ)。
ベレン〜マナウスの下流のルートは、日本人よく使うところで、川幅が広過ぎて面白くないという噂だ。
僕もベレンでリバーボートを捜したのだが、出来るだけ楽をしようと、アマゾン川豪華客船というのに狙いをつけて、船会社に行ったところ、運行時期が外れていて、諦めてしまった。
この後サンアンドレス島のビーチで出会った日本人カップルは、このすべてのルート、つまり、アマゾン河口のベレンからペルーのイキトスまでの全航程をリバーボートで旅をしたというとんでもない人たちだった。
ただ、このルート自体はきちんと確立されていて、船もたくさんあり、人の行き来も激しいところなので、旅自体としては冒険ではない。
ま、日本の大学生などは、アマゾン川を筏で下って大冒険を気取ろうとしたりするが、その道筋は、冒険でもなんでもない。
ただ、スペイン語もしゃべれず、社会常識もない若者が、日本で新聞社から一冊本でも出してやろうと考えて、無謀に冒険を気取ると、軍隊に射殺されてしまったりするけどね(この話、覚えている人まだいるかな?)。
この日本人カップルは、アマゾン全航程を船旅しただけではなくて、パタゴニアに6か月キャンプしていたというのだから、彼らこそ本当の冒険者といえるだろう。
ま、こんなとんでもない旅行者とサンアンドレス島で知り合って、一緒にグアテマラに行き、LAで再会する話は、また別に書いてもいい。
船に乗ること自体は大した冒険ではないのだが、船待ちの時間を考えると1か月以上も同じことをしていたというのだから、その旅行観がすごい。
正直言うと、僕ならこんなことをしてたら、あまりの退屈さで精神が変になってしまうだろう。
ま、確かに、男女カップルならば、退屈なときにはすることもあるしね。
アマゾン川のリバーボートの上で、ジャングルを見ながらセックスしたら、これは原始の本能がよみがえって、ものすごく興奮するかもしれないし。
僕は、どんどん新しいことが起きないと生きる意味がないと考える種族だ。
でも、マナウスからタバチンガぐらいまでなら『世界旅行者』の話の種として、試してみてもいいかもしれない。
そこで次の日、マナウスの船着き場に船を捜しに行った。
桟橋には大小いろいろな船が停泊していて、その船には行き先と出発日が書いてある。
国境のブラジル側の町は『タバチンガ』、この名前の書いてある船を捜す。
タバチンガと書いてある船はそんなに多くない。
やはりサンタレンやベレン、それから僕の知らない地名の所へ行く船も結構多い。
タバチンガ行きの標識を見つけて、船に上って行って、責任者とスペイン語で話する。
この初めに当たったのはよくあるタイプの中型の船で個室がある。
アマゾンのリバーボートはハンモックを吊すと聞いていた。
それがいやだったのだが、個室があるのなら1週間ぐらい我慢出来るかもしれないと、かなり乗り気になる。
僕は女房に逃げられてから、1人でいるのが好きになってしまった。
眠る時には必ず本を読むことにしている。
だからベッドランプが無いとかなり精神的にきついのだ。
それに1週間もマスターベーションをしないなんて考えられない。
個室でゆっくりとマスをかきたいものだ。
しょせん男は、適当に飯を食って適当に精液を放出していれば幸せなものなのだからね。
条件としてはこの船はぴったりだ。
しかし、この船は今日の午後すぐ出発するという。
僕はまだリオネグロ(黒色)とソリモエス川(黄土色)の2色の水がぶつかるアマゾンの『壮大な』景色を見てないので今日発つ訳には行かない(この話も面白いよ)。
観光客向けの暴利をむさぼる『ジャングルツアー』などに参加する気はないので、ローカルバスと地元のボートを使ってこの景色を見なければマナウスに来た意味がない。
となると、今日の出発は無理だ。
別の桟橋でかなり大きなタバチンガ行きの船を見つけた。
船に乗り込んで行くと、品いい中年女性が出て来て奇麗な英語で説明してくれる。
ベンジャミン号。
『タバチンガ』まで7日。
この船にも個室がある。
扇風機が付いて300クルザード。9000円。
これには食料も含まれているがなかなかの値段だ。
出発は3日後なので、丁度いい。
女性に『なかなかいいですね。これでビールを飲みながらゆっくりアマゾン河を行くと最高でしょうね』と言う。
『この船ではビールは飲めません』と、にこりともせずに返事をする。
エーッ!そんな馬鹿な。
ビールが飲めないのなら旅をする意味がない。
おいしくビールを飲むために旅行をするのが『世界旅行者』の目的だ。
もう一度確かめるが、他の船と違って、このベンジャミン号だけは飲めない規則になっているのだとか。
他にタバチンガ行きの船が見つからないので、この条件ではアマゾン河を航行する計画は無理だ。
ここで船待ちをして時間をつぶす気持ちはない。
これからLAへ戻って、たぶん南太平洋経由でオーストラリアへ行く計画だ。
ちょっとヨーロッパからアメリカに渡って日本へ帰り、それを『世界一周』などと言いふらす、ありふれた根性なしの日本人連中の仲間にはなりたくない。
アマゾナスホテルの1階にある『セルバツール』という旅行会社で、タバチンガ行き飛行機の切符を買う。
こうなったら、一気にコロンビアの首都ボゴダまで行っちゃおうと考える。
しかし、マナウスからボゴダまでを直行便で飛ぶよりは、マナウス〜タバチンガとコロンビア領の町レティシアからボゴダと分けて飛ぶ方が100ドルぐらい安くなるのだ。
これは国際線よりも国内便を乗り継いだ方が安いという南米の原則だ。
ガイドブック『シューストリング』に拠れば、コロンビアでは貨物飛行機に乗り込めばもっとずっと安く飛べるという話もある。
マナウス5:30AM発タバチンガ6:15AM着、クルゼーロ航空SC236便。
値段は船よりも安い292.16クルザード。
チェックインは3:30AMだ。
いろいろと大変だったが、無事に『ミーティングオブザウォーター』をドイツ人のカップルと一緒に見て、いよいよ旅立ちの前日となった。
一応やることはやったのでホテルをチェックアウトしてフロントデスクに荷物を預け、町をうろつく。
浮桟橋に歩いて行くと木製のリバーボートとは全く違う、異常に奇麗な船が停泊していた。
真っ白な船体にホテルのような船室がある。小さいながらもプールが付いている。
乗り込んで話を聞くと下流のサンタレンまで5日で行くのだそうだ。
ちょっと遅い気もするが、どう見ても豪華観光船なので、あちこち観光しながら行くのだろう。
たまにはこんな豪華な船でゆったりと旅行したいものだよね。
昼間僕が大ファンのジャンクロードバンダムのアクション映画を見て時間をつぶした。
ローカルバス『680AEROPORTO INTERNACIONAL』に乗り込むと、40分で空港に着く。
5:00PM。ロッカーに荷物を預けて空港のレストランから飛行機の発着を見ながらビールを飲む。
何故こんなに早く空港に来たのかというと、どうしたって今夜は眠れないからだ。
3:30AMにチェックインということは3時前に町を出なければならず、そうすれば無意味に高いタクシーを頼んだとしても、起床は2時だ。
2時に起きるのなら、眠れるはずはない。だからホテルをチェックアウトして、空港で時間つぶしをした方がいいという計算になる。
ロビーに座って、本でも読んでいれば時間はすぐに立ってしまう。
バッグからJonas Savimbiの『A Key to Africa』を取り出して読み出す。
これはアンゴラ紛争を反乱軍側から書いたものだ。
マナウスは24時間オープンの国際空港で、深夜の発着便が結構多い。
夜も浅いうちは混雑してなかったのに、深夜1時頃になると、町から大型バスが次々に乗り付けてくる。
バスから降りた客があっという間にカウンターに長蛇の列を作る。
皆、ビデオやテレビなどの電気製品の大きな箱をいくつもカートに乗せているのだ。
言い忘れていたが、このマナウス地域はデューティフリーゾーンか何かになっているらしい。
町中はジャングルツアーの旅行会社よりも電気屋が目立つ。
未開のジャングルというパンフレットを信じて来た旅行客に取ってはがっかりする所なのだ(つまりそんなことは普通のガイドブックには書いてない)。
マナウス郊外には税金の特例措置でもあるらしく、近代的な工場が立ち並んでいる。
だから、ブラジル人に取ってみればここは働いたり、買い出しに来る所で、観光に来る所ではないんだよ。
アナウンスでは『申告書を用意するように』と繰り返し呼びかけている。
僕はここで何も買ってないのだが、念の為に申告書をもらって『何もなし』と書き込んでしまった。
結局必要なかったのだが、中途半端に言葉が解るといろいろ気を使って疲れてしまうということだ。
僕はいつもの通り真っ先にチェックインして、飛行機に真っ先に乗り込み、窓際の景色の見えるいい席を取る(ここでは座席を指定しない)。
せっかく飛行機に乗るのなら、外の景色が見えなければつまらない。
3:「アマゾン奥地の国境をタクシーで越える」
ペルーのアレキパからフリアカ経由でクスコに飛んだ時などは、チチカカ湖が見えるかもしれないと、努力して右の窓際の席を取った。
飛行機がアレキパ富士と呼ばれるミスティー山をかすめて飛んだのだが、機長が「世界旅行者」への特別サービスとして、ミスティー山の火口の上でググッと機体を傾けてくれたので、火口の中までじっくりと眺めることが出来た。
フリアカ空港上空ではチチカカ湖も遠望出来た。
そこからクスコまではアンデスの山並みを堪能する素晴らしい遊覧飛行にしてしまった。
これで外国人料金でたった40ドルだったのだ。
ナスカの地上絵の遊覧飛行がやはり40ドルで期待はずれだった(リマからのオプショナルツアーだと300ドルぐらいふんだくられる。これだけ払ってしまうと、ナスカの地上絵はつまらないとは言いにくい。それが人間の弱さだ)のに比べると、普通の飛行機で窓際の席を取ることがどれほど大切か、理解出来るだろう。
飛行機は予定より30分遅れて朝6時、ちょうどあたりが明るくなってきたころに離陸した。
飛行機の窓から望む大アマゾンの景色はまさしく言葉には表せないすごさだ。
地平線の向こうまで限りなく広がるジャングルの中をながれる数え切れない川が数百匹のへびのように見える。
取り残された三日月湖や水没したままのジャングルが果てしなく続いている。
まさしく息をのむパノラマだ。
この光景は船からは味わえないのだから、飛行機で飛んで大正解だ。
本を読むことも忘れて窓に顔をくっつけたまま眺めているうちに、飛行機は旋回をしながら降下を始めた。
タバチンガに近づいたらしい。
しかし見えるのは緑のジャングルの広がりと泥色の川だけだ。
飛行機が更に旋回を続けてジャングルの木が一本づつ見分けられるようになったころ、飛行場が目に入った。
2つある。
しかし、飛行場の滑走路のほかには川沿いに小さな村のようなものしか見えない。
早速『シューストリング』を取り出す。
どうやらひとつの滑走路がブラジル領のタバチンガ、もうひとつがコロンビア領のレティシアのものらしい。
飛行機の上から見るとかなり近い。
あの2つの飛行場の間に目に見えぬ国境線が通っているのだ。
飛行機は降下態勢に移り、ジャングルの中の狭い滑走路に無事着陸する。
着陸したのが僕の時計で7時45分。
タバチンガの空港ターミナルは平屋建てだ。
飛行機から荷物を下ろして、受け取るのに結構手間取った。
荷物を受け取ると空港の中でそのままブラジルからの出国審査がある。
空から見た感じではここには何もなさそうだ。
とっととボゴダへ向かうことを考える。
もうひとつのレティシアの空港へ行って飛行機を捕まえれば、早い時間に首都のボゴダへ着けるだろう。
空港の手続きに時間がかかって、もう9時を過ぎている。
ここからレティシアまではコレクティーボ(小型乗り合いバス)が走っているはずなのだが、面倒なのでタクシーで国境を越えることにする。
空港の前にいたタクシーを捕まえ、料金の交渉をする。
言い値は40クルザード。1200円。
ふっかけられているのは解っているが、土地カンがなくて急いでいればこちらは弱い。
30クルザードに値切って、その代わりDAS(コロンビアの入国管理事務所)へ寄った後、レティシアのセントロ(中心街)に行くように交渉する。
DASのオフィスにタクシーを乗り付けて、入国手続きをする。
2週間の滞在を申請して1か月の滞在許可をもらった。
DASの役人は眠そうだったが、それもそのはず、ここ国境三角地帯のタバチンガとレティシアは同じ時間帯を使っていたのだ。
つまり僕の時計で今9時過ぎなのが間違いで、実はマナウスと1時間の時差があったのだ。現在はまだ8時ちょっと過ぎなのだ。
勤務時間外にたたき起こしたにしてはコロンビアの役人はいやに愛想がよく親切だ。
運ちゃんにセントロの公園横に店を出している両替屋を教えて貰って、20ドル札を7900コロンビアペソにする。
つまり1コロンビアペソは0.3円。
それからタクシーを空港へ走らせた。
時差を修正するとまだ9時だ。飛行機はあるに決まっている。
空港に着くとそこにはドイツ人のカップルとアメリカ人の若者が1人いた。
『君たちボゴダへ行くの?』と話しかける。
『そうだよ。空軍機に乗せてもらえるように交渉してるんだけれど。君も行くかい?』
そりゃ面白い話だ。
『もちろん一緒に行くよ』と返事をする。
バックパックを待合室において、ブラジルのビール『ANTARCTICA(南極)』を飲む。
このビールは昨日マナウスで高くて3クルザード(90円)だったのに、ここでは450ペソ(150円)する。
やはりジャングルの奥地への運送料のせいなのだろうか?それとも急にインフレが起きたのだろうか?
しばらく待っていたが、どうやら空軍機に乗り込む交渉は駄目だったらしい。
彼らは空軍機や輸送機をねらっているらしく、また明日来るといって町の方へ歩いて帰った。
もう10時過ぎだ。
訳もなく何故か急いでいる僕は民間の定期便に乗り込むつもりだが、その乗客らしい人も数人集まってきている。
どうしたらいいのだろう?
あたりには空港職員らしい人は誰もいないので、自動小銃を肩に掛けた警備の軍人に話しかける。
親切に教えてくれる。
アビアンカ航空が午後1時にボゴダへ飛ぶ。チェックインは11時。
『切符はどこで買えるんですか』
『町のアビアンカのオフィスでないと切符は買えないよ』との答。
じゃあひとっ走り町まで行かなくてはならない。
でも、本の詰まった14kgのバックパックを背負って行くのはつらい。
この軍人に頼んでしまおうか?
丁度詰め所もあることだしさ。
『済みませんが、僕の荷物をここで預かってくれませんか?』
彼は一瞬『いいよ』と言いかけたのだが、やはり思い直したらしい。
『僕の所で預かる訳には行かないよ』と僕の荷物を持って空港のレストランに入って行った。
どうするのかと思って付いて行くと、食堂の姉ちゃんに『荷物を預かってくれ』と頼んだ。
姉ちゃんも元気に『いいよ!』と答えた。
ありがたい!
でも、なんでこんなに親切なんだろう。こんな軍人は初めてだ。
町まで15分ほど歩いて行く。
途中には軍隊の兵舎があって、訓練をしていた。
町のアビアンカのオフィスへたどり着いてボゴダ行きの飛行機について尋ねる。
ここもとても親切だ。
レティシア〜ボゴダは27,500ペソで毎日午後1時出発。
予約状況を確かめると『今の時期はいつでもがらがら』との返事がもどる。
オフィスの前の広場のベンチに腰を下ろす。
天気はいいし、寝不足で頭がぼーっとしている。
『急ぐことはない。何故か優しいレティシアにあと数日いても良いじゃないか』と思う。
そうしよう!
ゆっくりと空港へ歩いて戻り、誰もいない静かなレストランでまたビールを飲む。
荷物をもらって、さっきの兵士に『レティシアが気にいったので、もうしばらくここにいます』と挨拶して、ゆっくり歩いて町へ戻る。
3軒当たってホテルを決めた。
赤ん坊を抱いた可愛い若妻が経営する『ホテルアメリカーノ』。
1泊1200ペソ(400円)部屋にはトイレとシャワーがついている上に扇風機まである。
うん、気にいった。
ホテルも町もそしてここに生きる人たちも。
しばらくここにいよう。
すべては神様が決めているのだ。
きっと僕がここにやり残したことがあるんだ。
そう言えば、アマゾンをリバーボートで航行してないじゃないか。
もちろん『世界旅行者』の僕だからアマゾン川に接してない訳じゃない。
エクアドルのアマゾン側低地『オリエンテ』で、アマゾン上流のナポ川をスエーデン人の肥った女と、小さなボートに揺られて1日かけてさかのぼったことはある。
ただ、アマゾン本流でよく見かけるダブルデッキのリバーボートに乗った経験はない。
そうだ!川沿いの町、ブラジル領のベンジャミンコンスタントへ行こう。
それが神の指図ならば。
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx