『タバチンガからベンジャミンコンスタントへ、リバーボートでアマゾン川を往復して、広島弁の兵士と話す』@ベンジャミンコンスタント@ブラジル

大きな地図で見る
1989年9月3日、アマゾン奥地の、ブラジル、コロンビア、ペルーの三国国境地帯。
僕は、コロンビアのレティシアの港から、モーターボートでタバチンガへ来た。
タバチンガの浮き桟橋から、典型的なアマゾン川のリバーボートへ乗り込む(下のスケッチ参照)。
リバーボートは、午前11時半にタバチンガの桟橋を出る。

【世界旅行者がスケッチしたリバーボート(1989)】
アマゾン川を遡り、午後12時45分に、無事ベンジャミンコンスタントの桟橋に到着(乗船時間は1時間15分)。
ガイドブックによると、この2つの町は、20km程度離れているそうだから、この時間は納得かな。
ところで、いま確認のために調べていたら、「BENJAMIN CONSTANT」は、「ベンジャミンコンスタン」と日本語の地図にあった。
ブラジルはポルトガル語で、ポルトガル語は実はフランス語とよく似ている。
フランス語では単語の最後の子音は発音しないのが原則。
だから、最後の子音「T」を落として、ベンジャミンコンスタンと呼ぶのでしょう(多分)。
でも、そこまで厳密に表現することもないと思うので、僕は「ベンジャミンコンスタント」と書きます。
アメリカ人が発音するとしたら、「ベンジャミンコンスタント」となるだろうしね。
このアマゾン川でびっくりしたことがある。
それは、船から眺めていると、川岸が川へと崩れていくこと。
つまり、アマゾン川の蛇行が、目の前で進行中なわけだ。
別にアマゾン川の流れが激しいわけでもなんでもなく、川はゆったりと流れている。
それなのに、目の前で静かに、何気なく、岸が崩れていくんだ。
川岸までびっしりとジャングルが迫っていて、木々が茂っている。
ずいぶん高く成長した木もあるが、それが地面を削られて、木ごとアマゾンに倒れこんでいくんだ。
アマゾンでは、川のルートが、常に変化しているということがわかる。
確かに、マナウスからタバチンガへの飛行機の窓からは、アマゾンの蛇行が数千の蛇がくねっているように見えたからね。
これは、アマゾンを実際に船で通らないと、理解できないだろう。
何度も書くが、川の流れの変化が、実際に目の前で起きているなんて、ビックリだ。
僕はもっと、長い時間をかけて、ゆっくりと地形は変化するものと、思っていたからね。
これは本当にビックリこいたので、しつこく書いておきます(笑)。
さて、到着したベンジャミンコンスタントは、とても小さな町だった。
いま、グーグルマップで見ると、結構大きな町のようだ。
でも1989年の僕の印象として、製材業があるだけのジャングルの中の場所という印象を受けた。
切り倒された木材が見えたからかな。
また、丘の上に教会があったことを覚えている。
タバチンガへ戻る船は、午後2時と4時にあるという話。
別にタバチンガに長くいても意味がないので、2時の船が出ることを確認して、波止場で船を待つ。
2時の船は、来た時の船よりも大きくて、立派だった。
二階になっていて、2階料金は15クルザード(450円)、1階料金は10クルザード(300円)。
僕は2階に席を取ったが、乗客もほとんどいなくて、これはステキな経験だったよね。
地元の船に乗っていると考えると、なんでもない普通のこと。
でもこれがアマゾンツアーに参加しているのだったら、ものすごい金を取られるだろうし。
まあ、物事は、考え方によって、お得なものになるってわけね。
僕は2階席からアマゾン川と岸を眺めていた。
するとそのとき、リバーボートの後方から、小型のモーターボートが勢いよく走ってきた。
モーターボートの運転手の他に、白い服を着た女性が乗っている。
リバーボートに乗り遅れて、追いかけてきたんだ。
ところが、リバーボートのウェーク(船から出る波/航跡)に、追いかけてきた小さなボートが乗り上げてしまった。
あっという間に、ひっくり返る。
リバーボートは、引き返して、女性を助けあげた。
女性は、ハンドバッグ一つを持って、リバーボートに乗る。
どうやらこれ自体、たいして珍しい事故でもないのか、誰も騒いだりはしなかった。
アマゾンでは、よくあることなのだろう。
あとは特に言うようなこともなく、無事に3時半ごろ、ボートはタバチンガの港に到着。
片道1時間ちょっと、往復2時間半程度の船旅というのは、ちょうどよかったかな。
ある意味、一週間もかけて、リバーボートでアマゾンを旅したら、退屈でたまらなかっただろう。
すぐに気が変わる僕としては、この程度の「アマゾン奥地をリバーボートで探検する話」で、十分です。
タバチンガの船着場で、さて、レティシアへいくコレクティーボ(マイクロバス)でも捜そうと、あたりを見回す。
すると、「あんた、日本人かいのう」と、広島弁で話しかけられる。
この広島弁が正しいかどうかわからないが、広島弁だったことは確かだ。
見ると、アジア系の顔をした軍人だ。
当然日系人なのだろう。
僕は日本語で「はい、日本人です」と答える。
時間もあるので、一緒にビールを飲んで話をする。
彼は、現地の美女といっしょだ。
彼は、コテコテの広島弁をしゃべる。
なんでも、おじいさんが広島からの移民で、家では広島弁を使っていたとか。
広島弁とポルトガル語をごっちゃにしてしゃべるが、だいたいのことはわかったよ。
彼に、レティシアへの行き方を教えてもらう。
コレクティーボに乗って、レティシアの広場へ。
料金は、0.5クルザード(15円)と教えられてたが、降りる時に1.5クルザード(45円)取られた。
レティシアの広場近くの食堂で、ビール(大)500ペソ(150円)を飲んで、のんびりする。
確か、行きつけのおばさんの店で、CALDO DE GALLINA(鶏肉の煮込み肉)にパンで、夕食にしたんだと思う。
あとは、ビール(小)180ペソ(54円)を、2本飲んだ。
アマゾン奥地はみんな親切でやさしいが、ただ一つ問題なのが、ビールの値段が高いことかな。
「ホテルアメリカーノ」の若妻さんに、明日チェックアウトすると告げて、ホテル代1200ペソ(360円)を払った。
「明日のフライトで、ボゴダへ行きます」と、別れを告げる。
明日は、レティシアを出て、コロンビアの首都ボゴダへ、向かいます。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx