south america route

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート  南アメリカ 中米北上 world index

エクアドル ペルー ボリビア チリ アルゼンチン ウルグアイ パラグアイ ブラジル コロンビア 

エクアドル 
中米旅行記44話  エクアドルビザの謎が解かれる(コスタリカからエクアドルへ飛ぶときに、ビザが必要かどうか?)
中米旅行記44話b 「キトの日本大使館で、エクアドル入国の不思議が語られる」@キト/エクアドル
キトの旧市街 【コスタリカのサンホセから、キトへ飛んで、サントドミンゴ広場横のホテルスークレへ泊まる】 
サン・ホセ(コスタリカ)からキト(エクアドル)へ飛んで、旧市街の「ホテル・スークレ」の屋上部屋に泊まる@キト/エクアドル
キトの旧市街のホテルを当り、「スークレ」から「ワシコンチネンタル」へ移って、教会で神に祈る@キト/エクアドル
『パネシージョの丘に登るとふらふらする。初めての高山病?それとも二日酔い?』@キト/エクアドル
ミタデルムンド 【西から昇ったお日様が東へ沈む…って、オイ、地球の歩き方、それはナイのだ!!】
『キトから、小雨のジャングルをバスで14時間かけて、アマゾン低地コカへ』@コカ/エクアドル
『コカからミサウアジへ、アマゾン上流のナポ川を小さなボートでさかのぼって、9時間』@ミサウアジ/エクアドル
『激しい雨の中を、トラックバスでミサウアジからテナへ、テナでバスを乗り換えて、小雨のバーニョスへ』@バーニョス/エクアドル
『バーニョスを出て、アンバト、リオバンバ、グアヤキルと、昼間のバス移動で7時間半』@グアヤキル/エクアドル
『グアヤキルで、グアヤス川をドゥランへ往復し、ヒバロの干し首(tsantsa)を見て、バスでマチャラへ』@グアヤキル/エクアドル
エクアドルからペルーへの陸路国境越え (グアヤキル〜マチャラ〜ワキージャ〜トゥンベス〜トルヒーヨ)
ペルー
【トルヒーヨ】
エクアドルからペルーへの陸路国境越え (グアヤキル〜マチャラ〜ワキージャ〜トゥンベス〜トルヒーヨ)
危険を意識してトルヒーヨを歩き、両替すると不思議な現象が起きていた@トルヒーヨ/ペルー
チャンチャン遺跡の訪問者名簿に友達の名前を見つけ、ワンチャコ海岸、ドラゴンのワカ(アルコ・イリス)を見る
たった一人で、広大な遺跡の太陽のピラミッドと月のピラミッドを見て、神の導きを知る@トルヒーヨ/ペルー
トルヒーヨ(Trujillo)から、チンボテ(Chimbote)、カスマ(Casma)、セチン(Sechin)と、次々と乗り継いで「セチン遺跡」へ往復
【リマ】
トルヒーヨで下痢になって、インティの下落を感じ、夜行バスでリマに着いたとたん、財布が行方不明に(涙)
リマの金城旅行社で、サンチアゴからイースター島のフライトを予約したが、サンチアゴにたどり着けなかった@イースター島/チリ
サンフランシスコ教会で祈ると財布が戻り、現地の新聞「el comercio」で天安門事件を読む
パチャカマ(Pachacamac)遺跡(パチャカマ神殿)へローカルバスで往復し、一人海を眺める@リマ郊外/ペルー
黄金博物館、武器博物館、国立人類学考古学博物館を見るために、リマ中を動き回る
ラファエル・ラルコ・エレラ博物館(MUSEO RAFAEL LARCO HERRERA)を見るのは、話のネタを作るため
【ナスカ】
ナスカの地上絵 【ナスカの遊覧飛行で記憶にあるのは、セスナが揺れて吐きそうになったことだけ】
【アレキパ】
ナスカからアレキパへバス移動して、翌日のクスコへの航空券を買い、アレキパを観光する
『アレキパからクスコへ、アンデス高原を空から見て、クスコの宿に納まる』@ペルー
【クスコ】
『アレキパからクスコへ、アンデス高原を空から見て、クスコの宿に納まる』@ペルー
『クスケーニャを飲んで、薬剤師くんと、南米一周バイク男と、世界旅行者が盛り上がる』@クスコ/ペルー
『サンペドロ駅で翌日のマチュピチュへの往復切符を買って、20ドルをインティへ両替して、ペンション花田へ』@クスコ/ペルー
『長期海外個人旅行では、一日に一つのことをすればいいし、何もしなくてもかまわない』@クスコ/ペルー
『南米の日本人宿を論じ、ペンション花田へ行って本を借りだし、メルセー教会で祈る』@クスコ/ペルー
マチュピチュ遺跡(1) 【クスコ駅前で隣の男性のバッグで切られるが、世界旅行者が切られない理由があった】
マチュピチュ遺跡(2)アグアスカリエンテス(クスコからマチュピチュ遺跡を見て、アグアスカリエンテスから戻ってきました)
『クスコから、サンタマリア、サンタテレサ、水力発電所を通って、マチュピチュへ行くルートの紹介』@クスコ/ペルー
『遺跡の共通入場券を買って、さっそくクスコの教会、博物館を見て歩き、片っ端から祈る』@クスコ/ペルー
ピサック遺跡(1) 【ピサックの日曜市を見て、ピサック遺跡へ馬で登ると…、馬が崖へ突進】
ピサック遺跡(2) 【馬でピサック遺跡へ登り、ピックアップの荷台でクスコへ戻る@ウルバンバ渓谷/クスコ/ペルー】
『タンボマチャイへ行かずに、ジャッキーチェンの映画を見ると、雹が降ってきた』@クスコ/ペルー
『タンボマチャイ/プカプラカラ/ケンコー/クシリュチャヨック/サクサイワマン遺跡』を見る。@クスコ/ペルー
『ローカルバスを乗り継いで、クスコからオリャンタイタンボへ往復』@クスコ/ペルー
『インカのセーター、TUMIのペンダントヘッドをお土産に買って、オランダ人、イギリス人と知り合う』@クスコ/ペルー
『インティライミの影響でホテルの居心地が悪くなり、クスコ脱出の鉄道切符を買う』@クスコ/ペルー
『インティライミを見て、ガッカリするのも話のネタ』@クスコ/ペルー
『クスコ最後の夜に、4人で旅の体験談を交換して、ビールを12本飲む』@クスコ/ペルー
『旅の定番【部屋代を払ったのに、払ってないと請求される事件】が発生する』@クスコ/ペルー
『オランダ人のボブ、オーストラリア人のジェラルドと、薬剤師くん、そして僕のクスコからフリアカ経由、プーノへの列車旅』@ペルー
【プーノ】
『オランダ人のボブ、オーストラリア人のジェラルドと、薬剤師くん、そして僕のクスコからフリアカ経由、プーノへの列車旅』@ペルー
『ビザを取りにボリビア領事館へ行くと、ボリビアの新聞で日本映画の広告を見つける』@プーノ/ペルー
『プーノでボリビアのビザを取って、夜は日本女性とホットワインを飲む』@プーノ/ペルー
シュスタニ遺跡 【プーノからのツアーバスに参加したら、思いがけなく素晴らしい風景に出会った】
ウロス島 【チチカカ湖畔のプーノからの定番の「ウロス島ツアー」にも、280円から600円という大きな差があった】
『ボートでチチカカ湖へ乗り出しウロス島へ行き、葦舟に乗る』@プーノ/ペルー
『ラパス行きバスの切符を買い、プーノの観光を済ませて、ゲーブルくんと酒を飲み、再会を約束せずにわかれる』@プーノ/ペルー
『プーノ(ペルー)からボリビアの国境を越えて、宇宙船のようなラパスの灯りの中へ突入』@プーノ/ペルー
ボリビア
『ペルーからボリビアの国境を越えて、宇宙船のようなラパスの灯りの中へ突入』@ラパス/ボリビア
『歩き回ってホテルを決め、観光案内所を確認し、日本人会館で食事をする』@ラパス/ボリビア
『ホテルを「トリノ」へ移動して、3人で「愛のコリーダ」を見る』@ラパス/ボリビア
『ラパスを散策していると、プーノで別れた旅行者に再会し、夜はゲーブルくんとジョニ赤を飲む』@ラパス/ボリビア
『5千メートルを超すチャカルタージャ山に登ったら、コロッと高山病になっちゃいました』@ラパス近郊/ボリビア
チャカルタージャ山 【ボリビアの首都ラパスは4000mの高地だから、5300mのチャカルタージャ山へバスで簡単に行ける】
『ティワナク遺跡へローカルバスで行こうとしたが、結局ツアーで行くことに決める』@ラパス/ボリビア
ティワナク遺跡で太陽の門を見たあと、日本人会館の旅行者諸君とホテルトリノで飲む@ラパス/ボリビア
『1989年の暑中見舞いを出し、日本人会館でたくさんの旅行者と会い、韓国レストランで食事をする』@ラパス/ボリビア
『話の面白くない、旅行常識のわかってない旅行者の扱いに困る』@ラパス/ボリビア
『ペーニャナイラ(Pena Naira)でエルネス・トカブール(Ernesto Cavour)のチャランゴ演奏を聴く』@ラパス/ボリビア
月の谷 【ボリビアの観光名所のひとつ「月の谷」は、南米三大ガッカリに間違いなく入るところだが、それもまた話のネタになる】
『ボリビアの首都ラパスでブラジル大使館を探して、ブラジルビザを申請する』@ラパス/ボリビア
『ロボ君、薬剤師くんとのお別れ会を開く』@韓国料理店「SANTA CRUZ」/ラパス/ボリビア
『ボリビアのラパスからチリのアリカへ国境越えの方法を考える』@ラパス/ボリビア
『ラパスからアリカへのフェロバス(ferrobus)の切符を買い、映画を3本見る』@ラパス/ボリビア
『旅立つ支度をして、16日間の、ラパス滞在を振り返る』@ラパス/ボリビア
『ラパス(ボリビア)からアリカ(チリ)へ、フェロバスで国境越え』@アリカ/チリ
ウユニ塩湖について考える@ボリビア/南米
チリ
『ラパス(ボリビア)からアリカ(チリ)へ、フェロバスで国境越え』@アリカ/チリ
『スカニアの大型バスのゆったりとしたシートに座って、アリカからアントファガスタへ11時間』@アントフォガスタ/チリ
『アントファガスタを歩いて、午後3時半にサンチアゴへのバスに乗って20時間』@アントファガスタ/チリ
『サンチアゴの宿をLONDRESに決めて、五月女で文庫本を入手し、ステーキとワインを夕食にする』@サンチアゴ/チリ
『サンチアゴを歩き回り、プエルトモンへの行き方をチェックしたあと、親しい友人とステーキとワインで盛り上がる』@サンチアゴ/チリ
『サンクリストバルの丘へ登り、インディジョーンズを見ながら眠る』@サンチアゴ/チリ
『国立自然史博物館を見て、イースター島旅行を考え、プエルトモンへの寝台車の切符を買う』@サンチアゴ/チリ
『サンチアゴ出発の日に悩み、プエルトモンへの夜行寝台列車の切符を変更する』@サンチアゴ/チリ
『サンチアゴからバルパライソとビーニャデマールへ日帰り旅行』@バルパライソとビーニャデルマール/チリ
サンチアゴから夜行寝台列車でプエルトモンへ
チリのプエルトモンから、湖と山をいくつも越えて、アルゼンチンのバリローチェへの国境越え

リマの金城旅行社で、サンチアゴからイースター島のフライトを予約したが、サンチアゴにたどり着けなかった@イースター島/チリ
『イースター島で、「地球の歩き方」を使って宿を選ぶと、不愉快な思いをするかも』@イースター島/チリ
アルゼンチン 
バリローチェ 【チリのプエルトモンから、湖と山をいくつも越えて、アルゼンチンのバリローチェへ】
スイス人のおばさんは意地悪で、部屋を追い出されるが、一気にブエノスアイレスへ飛ぶことにする@バリローチェ/アルゼンチン
ブエノスアイレスで、ホテルを断られ続けて、2時間さまよいました。@ブエノスアイレス/アルゼンチン
からし泥棒に話しかける@ブエノスアイレス/アルゼンチン
「アリスカフォス」乗り場を捜していたら、南米名物「カラシ泥棒」に遭遇した。@ブエノスアイレス/アルゼンチン
ブエノスアイレス(アルゼンチン)〜コローニャ、モンテビデオ(ウルグアイ)の国境越え
ウルグアイ 
「アリスカフォス」乗り場を捜していたら、南米名物「カラシ泥棒」に遭遇した。@ブエノスアイレス/アルゼンチン
ブエノスアイレスから、コロニア、モンテビデオ1989/07/30
モンテビデオを展望台から見下ろし、レストランでビフテキを食べて、チップをドカンとはずむ。@モンテビデオ/ウルグアイ
モンテビデオから、ブエノスアイレスへの船に乗ると、大事件が起こってしまった。@モンテビデオ〜ブエノスアイレス/ウルグアイ〜アルゼンチン
アルゼンチン2
モンテビデオから、ブエノスアイレスへの船に乗ると、大事件が起こってしまった。@モンテビデオ〜ブエノスアイレス/ウルグアイ〜アルゼンチン
日本大使館に相談に行って、日本文化センターで新聞を読み、バスの切符を買うとまたまたトラブルが@ブエノスアイレス/アルゼンチン
左下奥歯のクラウンが外れて、世界旅行者は、ブラジルのサンパウロの日系人歯科医師の所へ行くと決意する@ブエノスアイレス/アルゼンチン
旅の友達、ゲーブルくんに、サンチアゴ以来の再会。会うべき人とは会うものなんだね♪@ブエノスアイレス/アルゼンチン
イズアスの滝で、アルゼンチンの入国スタンプがないのを、無事に切り抜ける@イグアスの滝国境/アルゼンチン〜ブラジル
イズアスの滝を見る。クルザード、ノボクルザード、クルゼイロを比較する。おまけに世界3大滝+エンゼルフォールズを語ろう。@ブラジル
ブエノスアイレス(アルゼンチン)からプエルトイグアス、国境を越えて、ブラジルのフォスドイグアスへ。
パラグアイ
プエルトストロエスネルのタックスフリーが怪しいものだらけで、とっととブラジルへ戻る。「入国の定義」@プエルトストロエスネル/パラグアイ
イタイプダムで日系人の案内人と話し、放水を見て、両替し、クリチバ行きバスの予約をする@パラグアイ〜ブラジル
ブラジル 
『ブラジル旅行記』
イズアスの滝で、アルゼンチンの入国スタンプがないのを、無事に切り抜ける@イグアスの滝国境/アルゼンチン〜ブラジル
イズアスの滝を見る。クルザード、ノボクルザード、クルゼイロを比較する。おまけに世界3大滝+エンゼルフォールズを語ろう。@ブラジル
プエルトストロエスネルのタックスフリーが怪しいものだらけで、とっととブラジルへ戻る。「入国の定義」@プエルトストロエスネル/パラグアイ
イタイプダムで日系人の案内人と話し、放水を見て、両替し、クリチバ行きバスの予約をする@パラグアイ〜ブラジル
クリチバ行きのバスで知り合ったANDREにホテルを紹介してもらったが、翌日早くサンパウロへ。@イグアスの滝〜クリチバ〜サンパウロ/ブラジル
ホテル池田の人に日本人歯科医の予約を取ってもらい、ペンション荒木へ突入すると…@リベルダージ東洋人街/サンパウロ/ブラジル
ベネズエラ領事館の住所を調べ、日系旅行会社ウニベルツールで、南米脱出のルートを考え、「美松」で鱈チリ鍋に涙する@サンパウロ/ブラジル
リオデジャネイロへのバスを確認し、「ブラジル日本移民資料館」へ行き、日本の雑誌と日本食にふける@サンパウロ/ブラジル
サンベント、セー広場、「美松」でチップを付けられ、リパブリカの日曜市、リベルダージの東洋市、本を買い、映画を見て、さようならサンパウロ@サンパウロ/ブラジル
サンパウロからリオデジャネイロへバスで6時間。当てにしていた宿が見つからなかったが、感じのいいホテルを見つける@サンパウロ/ブラジル
コルコバード、ポンジアスーカ、ベルメーリャ海岸、レーメ、コパカバーナ、イパネマ、レブロン、夜の市バスでホテルへ戻る@リオデジャネイロ/ブラジル
ポンジアスーカル 【リオでポンジアスーカルに登ったら、ゴンドラでブラジル美女との夜を語る日本人ツアー客と会った】
ブラジル通貨の下落を見て、バイーア(サルバドール)へ飛行機を使うか迷ったが、結局、噂の寝台バス(レイト)に乗ることに決めた@リオデジャネイロ/ブラジル
ベルメーリャ海岸でゆっくりと泳ぎ、ザラメ状の砂に寝転がり、人の運命を考える。@リオデジャネイロ/ブラジル
噂の寝台バス「レイト(LEITO)」に乗って、リオデジャネイロからサルバドール(バイーア)まで28時間のバス旅@サルバドール/ブラジル
サルバドールの旧市街に危険を感じて、とっとと脱出すると決定。翌日は、朝からバスターミナルで過ごす。@サルバドール/ブラジル
『サルバドールからフォルタレーザへ到着して泊まった宿は、その朝に値上げしたばかりだった(インフレのため)』@フォルタレーザ/ブラジル
『ベレン(BELEM)へのバスの切符を買って、PRAIA DO FUTUROで泳ぐ』@フォルタレーザ(FORTALEZA)/ブラジル(BRAZIL)
『フォルタレーザからベレンへバスで25時間』@フォルタレーザ〜ベレン/ブラジル
『ベレンからマナウスへのリバーボートと、マナウスやタバチンガへのフライトを調べ、日本レストラン博多で夕食をとる』@ベレン/ブラジル
『ベレンからマナウスへの航空券を買い、レストラン博多へ行って福岡の話をする』@ベレン/ブラジル
『ベレンからマナウスへ飛んで、全く寝ないまま、熱風の中を宿を10軒当たって、ホテルを決める』@マナウス/ブラジル
『シュラスコ屋に入ったが、体調が悪く、慣れてなかったので、シュラスコに完敗する』@マナウス/ブラジル
『2河川合流点(ENCONTRO DAS AGUAS/MEETING OF THE WATERS)へドイツ人カップルと市バスで往復』@マナウス/ブラジル
マナウス(Encontro das Aguas) 【黒色のリオネグロと灰黄色のソリモンエス川が合流するところ、地元のボートで川を渡る】 
『マナウスからタバチンガへのボートを捜しに船着場へ行くが、ぴったりのボートが見つからない』@マナウス/ブラジル
情熱のブラジル 【日本で全くモテなくても、ブラジルに行けばモテモテになるというありがたいお話】 
タバチンガ 【アマゾン奥地三国国境地帯、タクシーで国境を越える】
マナウスで南米から北米への脱出ルートをいろいろ考えて、タバチンガ〜レティシア経由でコロンビアへ入ろうと考える
アマゾン川のリバーボートをいろいろ当たってみたが、結局、マナウスからタバチンガへ飛行機を使う
『タバティンガからレティシアへタクシーで国境を越えると、みんな変に優しいのでアマゾン奥地に留まると決める』@ブラジル
『レティシア(LETICIA)から、タバチンガ(TABATINGA))へ高速モーターボートで、アマゾンを疾走する』@コロンビア/ブラジル
『タバチンガからベンジャミンコンスタントへ、リバーボートでアマゾン川を往復して、広島弁の兵士と話す』
コロンビア 
『タバティンガからレティシアへタクシーで国境を越えると、みんな変に優しいのでアマゾン奥地に留まると決める』@コロンビア
『レティシアで、「CALDO DE GALLINA」にはまり、ボゴダへの航空券を買い、絵葉書を出してのんびりする』@レティシア/コロンビア
『レティシア(LETICIA)から、タバチンガ(TABATINGA))へ高速モーターボートで、アマゾンを疾走する』@コロンビア/ブラジル
『タバチンガからベンジャミンコンスタントへ、リバーボートでアマゾン川を往復して、広島弁の兵士と話す』
『レティシアの空港で、コロンビア兵士の名前をカタカナで書いて、ビールをおごってもらう』@レティシア/コロンビア
『子連れの美人人妻とボゴタへ到着し、観光案内所の美女に、「ホテル・サラトガ」を紹介してもらう』@ボゴタ/コロンビア
『航空券の値段を調べ、明日のカルタヘナへの切符を買い、黄金博物館で黄金のジェット機を見る』@ボゴタ/コロンビア
『教会で灯すロウソクをケチって、神の機嫌を損ねたが、無事にカルタヘナへ到着し、宿に落ち着きビールを飲む』@カルタヘナ
『城壁に囲まれたカルタヘナの旧市街を歩き、「宗教裁判所跡」を見て、「サン・フィリペ要塞」へ行く』@カルタヘナ/コロンビア
カルタヘナ 【カルタヘナへ進んだ理由は、「Romancing the stone」というペーパーバックに出てきた町だったからだ。】 
『サン・アンドレス島へ着いて、宿を決め、旅行代理店で航空券の値段を調べて、ビーチで海に入る』@サン・アンドレス島/コロンビア
『サン・アンドレス島からグアテマラシティへの飛行機を予約し、あとはペーパーバックを読んで過ごす』@サン・アンドレス島/コロンビア
『サン・アンドレス島をスクーターで一周して、お魚を踏み潰しそうになる』@サン・アンドレス島/コロンビア
サンアンドレス島 【僕の心の中のサンアンドレス島は、いつもあの白い砂浜と難破船の風景のままだ】 
『サン・アンドレス島のビーチで、日本人カップルと会って、話が盛り上がり、出発を延ばす』@サン・アンドレス島/コロンビア
『グアテマラシティへのフライトで、出国切符がないと、搭乗拒否されそうになる』@サン・アンドレス島/コロンビア
『サン・アンドレス島からグアテマラシティへ飛んで、宿を決めて、午前3時まで飲む』@グアテマラシティ/グアテマラ

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 world index

エクアドル ベルー ボリビア チリ アルゼンチン ウルグアイ パラグアイ ブラジル


xxx