『旅立つ支度をして、16日間の、ラパス滞在を振り返る』@ラパス/ボリビア
1989年7月13日、木曜日になった。
1989年6月29日にペルーのプーノからラパスへ到着した。

ラパスからチリのアリカへ抜けるのが明日7月14日の予定で、もう切符も買ってある。
僕は16日間ラパスに滞在していたことになる。

なぜ16日間、半月以上もラパスにいたのだろう?
それをいま考えてみよう。

まずラパスでは、定番の観光地というものがあった。
それは「ティワナコ遺跡」「チャカルタージャ山「月の谷」「エルネストカブールのペーニャ」だったかな。

僕としてはその他に「愛のコリーダ」を見るのも目的だったかな。
ブラジルのビザを取る」のも大切だった。

それだけでは、2週間以上もラパスにいた理由の説明にはならない。
居心地のいいホテル「レジデンシア・トリノ」が好きになってしまったということ。

おそらく僕1人だったら、ラパスに長くいることはなかっただろう。
ラパスには、この時期、なぜか、興味深い旅行者が集まってしまったんだ。

ナスカで知り合った「薬剤師くん」がいた。
彼とは、別に再会を約束したわけでもないのに、アレキパでも、クスコでも一緒になった。

マチュピチュ遺跡にも、ピサック遺跡にも、インティライミにも一緒に行ったよ。
ゲーブルくんがいた。

ゲーブルくんは、背の高いとても格好いい男性で、30歳前後だった。
もともとバイクで世界各地を旅して回っていた。

彼とは、もう1人の「のっぽくん」と一緒にホテル加宝にきたときに、知り合った
一緒に旅に出る話を僕が、勝手に断った。

彼も僕も、勝手に中米南米を旅した。
僕が彼の名前を見たのは、トルヒーヨの「チャンチャン遺跡」の訪問者ノートだったよ。
実際に再会したのは、クスコのアルマス広場だったね。
そのあとは、別に待ち合わせしたわけでもないのに、僕のあとを追いかけてくるようなルートになった。

町を歩いていると、何度も偶然再会するわけだ。
クスコでも、プーノでも、ラパスでも、町を歩いていると出会ってしまう(笑)。

ラパスではその他に、クスコで知り合った日本女性2人組がいたね。
彼女たちは、クスコからラパスまでは一緒に旅をしていたが、もともと一人旅という話だった。

僕の旅行ノートには、ちょっと小太りの方を「ハーフ」、痩せた方を「メガネ」と書いてある。
彼女たちは、プーノで外人と一緒にお酒を飲んだ(おごってもあげた)ので、まあ適当に仲がよかった。

ラパスの日本人会館で知り合ったロボ君も、話しやすい若者だったよ。
もちろん性格の悪い旅行者とも出会ったが、彼らはすぐにいなくなった(僕たちを避けていた)。

ラパスには6人くらいの、気の合う旅仲間がいたわけだ。
その旅仲間は、僕が勧める安宿「トリノ」に集まってきた。

「トリノ」は、とてもキモチのいいところだった。
実際長期旅行では、「ホテルが気に入って、ホテルに泊まるのが目的になる」のは珍しくない。

僕は1988年に最初に泊まってから、15年も毎年ロサンゼルスに行っていた。
これは正直、ロサンゼルスの4番街にあった「ホテル加宝」に泊まるのが目的だった。

海外旅行では、「海外の観光地を訪れる」という目的もあるだろう。
ほとんどの場合は、そうだけどね。

ただ単純に「日本から出たい」というだけの旅もあるわけだ。
その場合は、行きやすいところにあって、値段の安いホテルの存在が絶対条件だよね。

僕にとっては、ロサンゼルスのホテル加宝がその場所だった。
1989年はシングルルームの一週間宿泊料が95ドルだった。

だんだん宿泊料は上がって行って、一週間125ドルまでになった。
そのころはマンスリー料金が設定されていて、4百ドルだったからね。

ホテル加宝の場合は、ロビーにボーっとしていると、次々と新しい旅行者がやってきた。
旅行者も、ロサンゼルス滞在型、北米一周旅行者、中南米旅行者、世界一周旅行者というわけだ。

早い話、旅の話はいくらやっても尽きない。
いくら旅行自慢をしても、みんなから感謝されるという、まさに天国のような場所だったわけだ。

ある場所に長期滞在するためには、「安い宿」と「旅仲間」が必要なんだね。
もちろん、物価の安さも重要だ。

1989年のこの時期では、僕の南米旅行記の読者はわかっているだろうが、ボリビアの物価はペルーの物価の倍していた。
ではなぜ、ラパスに長居したのかというとだね、それは「日本食が食べられる」からだった。

クスコでは欧米風の食事だったが、ラパスには日本人会館があった。
レストランの日本食が、とてもおいしかった。

ラパスには中華料理店、韓国料理店もあったしね。
日本人会館では、日本語の本を安く借り出すことが出来た。

ラパスでは、安い居心地のいい宿があり、旅の友達もいて、日本食もあって、日本語の本も入手できたわけだ。
日本人旅行者が旅に必要なものがすべて揃っているのだから、長居してしまうのも仕方がない。

これから進むチリ、アルゼンチンとなると、白人だらけだろう。
もちろん物価も高くなる。

旅は楽になるだろうが、のんびりするところではないだろうね。
それで、ラパスに長くいたというわけだ。

逆に言うと、ラパスを出て、チリに入ったら、旅のスタイルが変わる。
少なくとも僕は、だらだらと長居はしない。

その覚悟を胸に、僕は、まず、100ドルのトラベラーズチェックを20ドル札の現金5枚に両替した。
これは、(この時期のボリビアでは)手数料がほとんどかからなかったので、やっておくべきことだった。

「海外旅行ではドルの現金が一番便利」なんだからね。
中華料理屋へ行ってモヤシ炒めを食べた。

日本人会館へ行き、朝日新聞を読んだ。
日本人会館から借りていた文庫本を5冊返却する。

明日のフェロバスの中で飲むためのワインを購入する。
もちろん、おつまみのチーズ、ミネラルウォーターも買う。

ホテルに、7月9日から13日までの5日分、40ボリビアーノ(2千円)を支払う。
ホテルの上品な婦人に、「明日の朝チェックアウトする」と、宣言する。

彼女は、僕が旅立つことを聞いて、ショックを受けたようだった。
僕も彼女も、互いに好意を持っていたのが、わかっていた…(涙)。

夜は、ゲーブルくんと、日本女性のみどりちゃんと、僕の3人で食事をした。
場所は、韓国料理店の「サンタクルス」。

3人で食事をして、ビールの大瓶を9本飲んだ。
女の子の分もゲーブルくんと2人で支払ったので、一人15ボリビアーノ(750円)になった。

明日は、ラパスを出て、チリへ向かう。
そしておそらく2度と、ここへ戻って来ることはないだろう。
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx