シュスタニ遺跡とウマヨ湖@プーノ/ペルー

大きな地図で見る
1989年6月26日、クスコを朝出て、アンデスの高原を走って、フリアカで列車を乗り換える。
オランダ人のボブとオーストラリア人のジェラルド、それから日本人の薬剤師くんと一緒に真っ暗な中、列車でプーノに到着する。
駅前には、客引きというだけでは説明できないほど、大勢の人が集まっていた。
その人ごみをかきわけて、さっさとホテルを当たる。
その日はとにかく「HOTEL UROS」に決めて、薬剤師くんと同じ部屋に泊まる。
翌朝あちこちホテルを当たったが、やはり元のホテルが一番よさそう。
薬剤師君も僕も、誰かと一緒の部屋というのは、基本的にいやだ。
結局、同じホテルに薬剤師くんと別々のシングルルームを取って落ち着いた。

次に行く、ボリビアへのバスを調査して、チチカカ湖のウロス島のことなどを調べてる。
そうしていたら、突然、6月27日の昼過ぎに「シュスタニ遺跡(Sillustani Ruins)」へ行くバスが出るとの情報が入った。

たまたま一緒にいた、ゲーブル君、薬剤師君と、バスにすぐに乗り込む。
往復で6000インティ=2ドル=約250円、入場料が4500インティ。
とても安い♪
というのは最初の話では往復のバスと遺跡の入場料で15000インティ(5ドル)ということだったのに、別々にしたら10500インティ(3ドル半)で済んだからね♪

遺跡はチチカカ湖を右に見て、高台へ走った。
このチチカカ湖の景色も雄大で感動的だったよ。
シュスタニ遺跡へはちょっと走ったらすぐに到着した。
来る前はたいした遺跡ではないだろうと、勝手に思い込んでいて、ここに来たのも、ただの時間潰しだった。

これがすごい遺跡だったよ。
遺跡といっても結局、お墓なんだけどね。

そのお墓が塔になっていて、丘の上に何本も立っている。
空が真っ青で、静かで、お墓(chullpa)が何本も立っていて、そこから下を見ると湖(Lake Umayo)がある。
その湖が波一つなくほんとうに鏡のように静かで、湖の中の小島まできれいに見える。
空気が澄み切っているせいか、スコーンと見えるんだよ。

とても現実離れしていて、ステキだった。
あまりに感動したので、近くのチュルパ(お墓)の中に入って、薬剤師くんと一緒に立ちションベンをしてしまった。

このツアーは、マイクロバスでプーノを出たのが午後2時半。
ゆっくりと走って、遺跡への到着が午後3時20分。
遺跡を一時間ほど見学する。
4時半に遺跡を出て、プーノに5時過ぎに戻った。

プーノの町へ戻ると、列車で一緒だった、オランダ人、オーストアリア人と会う。
いっしょに夕食を食べに出たら、日本の女の子2人と会ってしまう。

そこでプーノのバーへ行って、5人で結構遅くまで飲みました。
ホットワインがおいしかったね♪


【旅行哲学】とにかく遺跡には、行ってみるのが正解。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx