『ラパスからアリカへのフェロバス(ferrobus)の切符を買い、映画を3本見る』@ラパス/ボリビア
1989年7月12日。
今日は、水曜日だ。

昨日昼間に、中華料理店で、空港へ行く薬剤師くんと別れた。
ゲーブルくんと、夕食を韓国料理店で取りながら、いろんな可能性を話し合う。
結論としては、ラパスからチリのアリカ行きの、金曜日の「フェロバス(ferrobus)」に乗るのがいい。
基本の考え方は、「チリへ行けば旅は楽になる」ということね。
チリに行けば、道路は完全舗装で、そこを大型バスが高速で走っている。
バスは快適で、ボーッとしていれば、簡単に南下できるという話だから。

早朝に、ゲーブルくんと一緒に、ラパスの鉄道駅へ切符を買いに行った。
2人で一緒に国境越えをするのは、とにかく国境越えというものは、(知ってる人は知ってるが)危険だから。

入国審査官に因縁を付けられることもよくある。
税関で、イジメラレル可能性もあり、賄賂を要求されることも珍しいことではない。
とにかく、1人よりは2人の方が安全なんだ。

一人ぼっちで国境を越えようとすると、どんな難癖を付けられるかわからない。
個人旅行者なんて、国境の係官にしてみれば、暇つぶしにいじめてもいい、遊び道具のようなものだ。

膨大な旅の経験がある僕とゲーブルくんは、それがよくわかっている。
僕たち2人は、決してべたべたくっついているのではない。

互いに自分の安全を考えて一緒に行動する、という暗黙の了解がある。
ボリビアからチリへの国境越えの列車に乗るならば、とにかく2人の方いいと考えているわけだ。

ゲーブルくんと僕は隣同士の席を取るために、この朝、一緒に鉄道駅へ行った。
ちょうど駅からコチャバンバへ行く2両編成列車が出るのが見えた。

鉄道はちゃんと機能している(動いている)ようだ。
水曜日午前8時出発のアリカ行きコチェモトール(coche-motor)も見た。

さすがに126ボリビアーノ(6300円)もする列車らしく、なかなかきれいなものだった。
これならば、国境越えもスムーズに行く雰囲気だ。

金曜日出発のフェロバス(ferrobus)も、料金が100ボリビアーノ(5千円)だから、特に問題はないだろう。
7月14日金曜日、午前7時発フェロバスの切符を100ボリビアーノで購入。

僕の座席が10D席で、ゲーブルくんは隣の10C席だったと思う。
でもいま気が付いたのだが、5千円の鉄道って、こりゃメチャ高だよね。

僕の泊まっている「ホテルトリノ」がシングルルーム1泊8ボリビアーノ(4百円)なんだから。
そのトリノへ、ゲーブルくんもホテルを移動することになった(46号室)。

同じホテルに泊まっている方が何かと便利だからね。
かといって、朝一緒に切符を買いに行っただけで、あとは別々に行動していた。

僕は昼に、「Day America Crashed」(Tom Shachtman)を読了した。
この日は天気がよかったので、ホテルの部屋の前のベランダに椅子を出して、そこで座って読んだんだ。

Day America Crashed / Tom Shachtman (著)
そのあと、1人で映画を見に行った。
見たのは、「The Adventure of Jack Burton」と「Robocop」の二本立て。

「The Adventure of Jack Burton」は、エジプトのカイロで見ていた。
その時に比べると、映画をずいぶん切ってあったよ。

また、画面も荒れていた。
ひょっとしてカイロで見たフィルムが、流れ流れてボリビアまでやってきたのかもしれないね(涙)。

この映画は、「Big Trouble In Little China」というタイトルの方が有名なようだ。
いまも、カルト的な人気があるようだね。

ゴースト・ハンターズ [DVD]
しかし、ロボコップはまともで、とても楽しめた。
日本に戻ってきて、ロボコップ2やロボコップ3を見たが、この最初のロボコップが一番面白かったよ。

ロボコップ (2枚組) [DVD]
ロボコップがあまりに面白かったので、僕は続いて別の映画館へ行った。
これが僕たちが「愛のコリーダ」を見た芸術映画館だった。

イタリア映画の「CHIAVE」。
「CHIAVE」とはスペイン語の「LLAVE」、つまり鍵のこと。

全く面白くなかったので、中身は覚えていない。
ノートには、「面白くないし、性表現もたいしたことない。これに変に思想(反戦)をからませているところがさらにダサイ!」とある。

映画を続けて3本も見たら、頭がボーッとなってしまった。
夜は1人で食事をして、ホテルに戻って、とっとと寝ました。

7月14日(金)は、ラパスを脱出する切符を入手したから、それでいい。
しかも、映画を三本も見て、教会で祈った。

とにかく、今日は、「ラパスを午前7時に出て、午後7時に到着する」という建前の「フェロバス」という名称の列車の指定席を買った。
それが、本当は、どんなものかわからないが…(笑)。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx