『トルヒーヨ(Trujillo)から、チンボテ(Chimbote)、カスマ(Casma)、セチン(Sechin)と、次々と乗り継いで「セチン遺跡」へ往復@セチン/ペルー』
1989年6月1日。(1ドル=3150インティ)
午前7時45分、ペルー北部の海岸にある町、トルヒーヨ(trujillo)のコレクティボの集まっている地区で、大型バスを発見。

この大型バスでチンボテ(Chimbote)へ(2時間/2000インティ)移動する。
バスでは、隣に座った中学校の女教師と、スペイン語と英語を混ぜて世間話をしていた。

チンボテでバスが停まったところで聞いて、次は15人乗りのミクロ(ミニバス)に乗り換える。
ミクロでカスマ(Casma)へ(1時間/1500インティ)。

カスマの中央公園に到着して、ここで押し掛けの頼りないタクシーに乗り換える。
セチン遺跡まで10分ほどで到着(550インティ)。

セチン遺跡と博物館の入場料が、1500インティ。
この遺跡は、それほど大きなものではなく、特にピラミッドがあるわけでもない。

紀元前2千年荷まで遡れる超古代遺跡だという。
この遺跡の特徴は、石版に刻まれた戦士の線画があることだろうか。
注:セチン遺跡については、僕の旅行ノートにあるメモだけで書いてます。詳しい歴史などについては、ご自分で確認お願いします。

僕が行った時は、遺跡内に石版が並べられている程度だった。
いままでのチャンチャンなどの巨大遺跡に比べると、かなり貧弱な感じがしたね。

これで、セチン遺跡は見たことになる。
北部ペルーを旅して、セチン遺跡を見たかどうかは、旅行者の差別化として重要だ。

これから、トルヒーヨに帰らなければならない。
トルヒーヨから南へ3時間下ってカスマへ来た。

どうせリマまで下るのだから、考え方によっては、カスマに泊まってもいい。
遺跡を見たあと、さらに南へ下ってリマまで行ってしまえばいい。

僕は、トルヒーヨから日帰りでセチン遺跡を見ることにした。
バックパックを持って移動するのが面倒だったこともある。

トルヒーヨのホテル「ホテルコンチネンタル」が居心地よかったから。
旅では、ホテルに魅せられて移動できないってことがあるんだよね。

それと、トルヒーヨは歩き回っても安全だった。
これから行くリマは、この時期、泥棒や強盗などの悪い噂がたくさんあったんだ。

ちょっとビビッていたのが正直な話。
何かと理由をつけて、リマへ行くのを延ばしていたんだろう。

ペルー北部なんか、2度と来ることはない。
トルヒーヨにいる間に、いろんな遺跡を見るのは正しいことだ。

セチン遺跡から出ると、もちろん、カスマから乗ってきたタクシーは町へ帰っていた。
カスマへの道は一本道なので、わかりやすい。

僕は、セチン遺跡からカスマへ、歩きました。
天気もいいし、のんびりと歩くと、50分かかった。

カスマからチンボテは、ミクロ(乗り合いマイクロバス)に乗って戻った。
チンボテに着くと、僕が乗ってきた大型バスが見つからないよ。

チンボテは町中が魚臭いので有名だ。
ペルー沖で取ったイワシを魚粉肥料に加工する町だから。

港は魚の死骸、魚の切れ端、破片が浮かんで岸壁に打ち付けていた。
南米旅行者というものは、陸路でぐるりと南米大陸を一周するのが常識。

だから、チンボテの魚の臭いを知っているかどうかが重要だった。
チンボテの町を歩いてないと、この臭いの話は出来ないからね。

トルヒーヨへの帰り方を町の人に聞いて、コレクティボに乗って、トルヒーヨへ戻った。
大型バスは2000インティだったが、コレクティボは6千インティでした。

チンボテでは、大型の5人乗りアメ車をシェアしたものを「コレクティボ」と言っていた。
15人程度のマイクロバスを「ミクロ」と呼ぶようだ。

トルヒーヨでは、ミクロをコレクティボと呼ぶようだね。
世の中いろいろだ。

このセチン遺跡見学については、セチン遺跡そのものはあんまり記憶にない。
トルヒーヨから、大型バス、ミクロ、タクシー、歩き、ミクロ、コレクティーボと、次々乗り継いで移動したことの方が面白かったよ。

さてこれで、チムー文化のチャンチャン遺跡、モチカ文化のアクロイリス、モチェの太陽と月のピラミッド、セチン文化のセチン遺跡を見た。
トルヒーヨ近くの遺跡は、だいたい見終わった。

明日は、朝のバスでリマへと移動しようと、バスターミナルへ行って切符を買う。
午前8時出発、バス会社のTEPSAで10850インティ。

しかし、切符を買ったからといって、無事にバスに乗って、リマへ移動できると思うようではまだまだ。
ペルー旅行(南米旅行)はそんなに甘くはありません(涙)。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx