『ロボ君、薬剤師くんとのお別れ会を開く』@韓国料理店「SANTA CRUZ」/ラパス/ボリビア
1989年7月10日、僕はボリビアの首都ラパスで、ブラジルビザの申請をした。
夕方、韓国レストランの「Santa Cruz」で、ロボ君、薬剤師くんの送別会をする。
参加者は二人に加えて、ゲーブルくんと僕で、送別会とはいっても、もちろん、ワリカンだ(笑)。
ロボ君、薬剤師くんは、明日、ラパスを出て行く。
ラパスでほとんど毎日会って話をしていたのだから、別れるのはちょっと寂しい。
でも旅人は、出会ったら必ず別れなければならない運命だ。
これまでもいろんな人と出会い、そして別れて、別れることにに慣れているけど。
ところで、ロボ君がラパスを出る理由と、薬剤師くんが旅立つ理由は大きく違っていた。
ロボ君は、明朝飛行機で、ラパスからリマへ飛ぶ。
ロボ君の親戚がリマにいて、そこへ戻るんだ。
ロボ君は、日本で一流ホテル勤務のホテルマンだった。
その仕事を辞めて、南米へ旅に出た。
かなりのお金を持ってきたらしいが、リマにいる親戚から「ペルーは危ないから」と、アドバイスされた。
それで、クスコへ発つ時に、お金の半分(トラベラーズチェック)を親戚の家に置いてきたそうだ(涙)。
ロボ君はクスコからプーノ(チチカカ湖)、ラパスと旅をして、ラパスで僕たちに会った。
僕たちと友達付き合いをして、ワイワイ過ごしているうちに、旅が大好きになる。
僕たちは、これからまだまだ旅を続けて、南米一周をする計画だ。
ロボ君も旅を続ける自信が出来て、残しておいたお金が必要だと気がついた。
リマに一度戻って、お金を持って、また旅を続けようという気持ちになった。
わざわざ飛行機代を使って、またリマへ戻るなんて、もったいない話。
リマにいる彼の親戚は、もちろんペルーに長く住んでいる。
ペルーの危険さを考えて、ロボ君のことが心配で、いろいろアドバイスしたのだろう。
この時代のペルーは、定評ある英文ガイドブックの「Lonely Planet」でも、「warning(警告)」の但し書きだらけだった。
ペルーは危険だ、というのが常識になっている。
実際、薬剤師くんと僕がマチュピチュへ行く朝、薬剤師くんのデイパックが刃物で切られたからね。
僕個人については、激しい下痢をしたのと、財布を盗まれたと思った(でてきたけどね)ことがあったくらいだ。
ロボ君も思い切って、自分の金は全部持って旅に出ていればよかった。
これからもわかるように、本格的な海外旅行に出るときは、中途半端な「情報」に頼らない方がいいんだよ。
普通の日本人ならば、とにかく「安全第一」のアドバイスしか出来ない。
「安全第一」のアドバイスとは、実は、自分の保身(言いわけ)のためなわけだ。
決して旅行者のための言葉ではなくて、アドバイスする人間の立場を守るための言葉なんだ。
現地の情報とはいっても、そこで働いて生活している人と、旅行者では全く違う見方をするものだ。
僕だったら、本当に旅行者のためを思うから、最初から、金は全部持って行けと言えたね。
そう言えるのが、旅行経験豊富な「世界旅行者」の使命なのだから。
ロボ君はなかなか格好いい男だった。
ゲーブルくんは180cmを超えていたが、ロボ君もそれよりはちょっと低かったが、180cm前後はあったと思う。
ゲーブルくん、ロボ君、そして僕の3人で、ラパスの市場のソーセージ屋へ行ったことがある。
その店では、ソーセージとパンをお皿に載せて売っていた。
ソーセージ(スペイン語ではチョリソ)が三本にパンをつけて一人前。
その店は、50歳くらいのお母さんと、ちょっとかわいい娘が2人でやっていた。
最初は3人で行って、日本人だとか、旅行者だとか、いろいろ話をして親しくなった。
そのあと僕も、市場でお酒を買ったあとなどに、ちょくちょく立ち寄ったものだ。
しかし、ロボ君が1人でソーセージ屋に行ったら、ソーセージが1本多かったとか。
ゲーブルくんが1人で行った時も、ソーセージをサービスしてくれたらしい。
僕が1人で行った時は、3本のままだった(涙)。
この件で、「やはり日本でも外国でも、モテる男は、モテるものなんだ」とちょっとガッカリしたけどね(笑)。
実際、ロボ君もゲーブルくんもモデルになれそうなほど格好よかったしなー。
僕も決してモテないわけではない。
僕は特に、話が面白いというので、知的な女性にモテるみたいなんだ。
僕は、自分が下手にモデル体型でなくて、良かったと思う。
僕が180cmもあったら、女性がたくさん押しかけてきただろう。
そうなれば、取り扱いに困るだろうからね。
薬剤師くんは明日の午後、飛行機でチリのアリカへ向かう。
1989年のこの時期は、ラパスからアリカへ向かうのが、定番のルートだった。
2016年だと、ボリビアといえば「ウユニ塩湖」を見るのが人気になっている。
ウユニ塩湖は2016年現在、まだ世界遺産に登録されていない。
僕が旅した1989年も、ウユニ塩湖があることは知っていたが、特に意識はしなかった。
薬剤師くんは、ごく当然の流れとして、アリカへ出る。
ただラパスからアリカへ行く手段が、また問題だったんだ。
このころの「地球の歩き方・南米」には、「ラパスからアリカのバスに乗ったら、真夜中に山越えで凍えそうになった」という体験談が載っていた。
薬剤師くんはお金もありそうだったし、そんな面倒な山越えをするくらいならば、飛行機で飛んじゃおうと考えたのだろう。
このルートについては、明日、じっくりと考えることにするのでお楽しみに。
ロボ君と薬剤師くんとのお別れ会が終わった(ビールをたくさん飲んだので、一人当たり20ボリビアーノ/千円)。
ロボ君は、明朝出発なので、本当のお別れだ。
薬剤師くんのフライトは午後なので、また明日の昼飯を食べることにする。
ずいぶん親しくなったが、僕たちは日本の住所の交換なんかはしない。
ロボ君も薬剤師くんも、本当の名前を知らない。
ロサンゼルスからずいぶん長い付き合いになっているゲーブルくんも、(姓は知っていたが)名前は知らない。
旅では思いがけないところで再会することがある。
もし神が、僕たちがまた会うと定めているならば、いつかきっと会えるだろう。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx