サンパウロからリオデジャネイロへバスで6時間。当てにしていた宿が見つからなかったが、感じのいいホテルを見つける@サンパウロ/ブラジル

1989年8月15日、だらだら過ごしていたサンパウロを出て、リオデジャネイロに向かう。
正直、サンパウロほど面白くないところもなかった。
リベルダージの東洋人街(日本人町)は、元気な人はみんな日本へ出稼ぎに出ている。
有名な日本人宿「ペンション荒木」へも何度か行ったが、面白そうな日本人旅行者は見つからず。
結局、日本語の新聞雑誌をひたすら読んで、日本食を食べていただけだ。
サンパウロの見所は一応回ったと思うが。
ほとんどの人は、「サンパウロ名所」などといっても知らないだろう。
知ってるとすれば、「リベルダージの東洋人街(日本人町)」だ。
そういう意味では、日本人町をうろついて、日本語の本を読み、日本食と日本酒を飲んでいた、僕は正解だったかしら。
サンパウロは、だだっ広くて、一週間以上もいたのに、正直、町のイメージがさっぱりつかめなかった。
午前7時に目覚まし時計をセットしたが、もちろんその前に起きて、目覚まし時計が鳴るのを確認した。
ブラジル製の目覚まし時計が、ちゃんと動くかどうか心配だったからだ。
ホテルの清算は昨日夕方に、済ませてある。
地下鉄で、リベルダージ駅からティエテ(TIETE)駅へ移動。
この料金が、0.60クルゼーロ。
一週間前はまだ、0.40クルゼーロだったから、5割も運賃が上昇したわけだ(驚)。
サンパウロからリオデジャネイロの間は、バスは頻発している。
午前8時20分発のバスに間に合ったのだが、急ぐのがいやだったので、わざと遅らせて、8時40分のバスに乗る。
バスは大型で、ブラジレイロ(BRASILEIRO)社。
料金は、17クルゼーロか19クルゼーロだったと思う(千円弱)。
いまのところ、1クルゼーロを50円で考えているが、クルゼーロの価値が下落を続けているので、どこかで見直すかもしれない。
面倒なので、読者は、「クルゼーロの価値が毎日下落している」ということを、意識して読んでください。
午前8時40分にサンパウロを出発したバスは、揺れることもなく快適に走り、午後3時にリオデジャネイロのバスターミナル(RODOVIARIA)へ到着。
バスターミナルでトイレに行ったら、0.70クルザードだった。
バスターミナル裏の、市バスターミナルから、170番の市バスに乗り、「GLORIA」へ行く(0.50クルザード)。
心積もりとしては、この付近にある「HOTEL TURISTICO」に泊まると決めていた。
このホテルが、旅行者が泊まる定番ホテルとなっていたんだ。
住所が「LARGO DA GLORIA 30」だが、ホテルが見つからない。
普通は、次に行く町のホテルについては、旅行者同士が話をすれば、あそこがいいどこが穴場という情報は入るはず。
ところが、サンパウロでは、リオデジャネイロから来た旅行者に、一人も会わなかったんだから(汗)。
かなり焦ったが、目に付いた、近くのホテルを次々にあたっていく。
すると、完全にラブホテル仕様のものもあったね(笑)。
入り口にピンクの照明があったりして。
そこはさすがに遠慮して、3軒目で、「HOTEL MONTE CASTELA」にぶつかる。
なかなか感じのいいところで、とにかく決定してしまう。
この点、午後3時に到着したのは、よかった。
夕方に知らない町に着くと、ホテルを捜しているうちに、周囲が暗くなるので、選択肢が狭まるからね。
午後3時だったので、ある程度余裕を持って、捜せた。
201号室、20クルゼーロ(千円)。
一泊千円でシングルルームなら、ナットクのお値段です。
ミックスピザ(11クルゼーロ)とワイン(13クルゼーロ)を外で買って、部屋でごろごろしながら夕食にした。
今日は、サンパウロからリオデジャネイロへ移動して、適当な値段のホテルを見つけて、よかった。
リオデジャネイロは、いろいろ見るところもあるので、しばらく滞在するだろう。
問題はそのあとだね。
ちょっと旅に疲れてきている気がする。
気力が無くなってきた。
でも、ブラジルのバス旅といえば、レイトという寝台バスだ。
これに乗らないと、ブラジル旅行の話は成立しない。
サルバドール(バイーア)までは、バスで行こう。
そのあとどうするかは、サルバドールで考えればいい。
今日はとにかく、リオデジャネイロに着いただけで十分だ。
サンパウロで、リオデジャネイロを旅した人に会わなかったのが、ホテルを見つけるのに手間取った原因。
ホント、サンパウロは、全く旅行者がいなかったね。
だから、この旅行記を書きながら、思い出して、つまらないところだったなーと、再確認してます。

xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx