サンベント、セー広場、「美松」でチップを付けられ、リパブリカの日曜市、リベルダージの東洋市、本を買い、映画を見て、さようならサンパウロ@サンパウロ/ブラジル

1989年8月12日、今日は土曜日だ。
サンパウロを出ようと思いながら、なかなか離れられない。
サンパウロの日本人街が、ロサンゼルスのリトル東京と感じが似ているからではないかしら。
僕は、1988年にロサンゼルスへ着いて、南米へ行くと決めた後も、ぐずぐずして、リトル東京に居座っていた
「ホテル加宝」に、3か月もいた。
それもいい思い出だ。
リオデジャネイロへ出発する決断ができないときは、決断しなくていい(「世界旅行主義」)。
せっかくサンパウロにいるのだから、まだ見てないところを見学すればいいだけだ。
僕は、8月12日の土曜日は、「サンベント」近辺を散策することにした。
そんなに遠くでもないので、日本人街から歩いていった。
大聖堂、サンベント教会で、祈る。
8月14日付の「TIME」誌を購入(7クルザード)。
そのあと「セー広場」でぼんやり。
時間を潰して、夕食はまた、「美松」へ。
上寿司(26クルゼーロ/1300円)、鉄火巻(19クルゼーロ/千円)、ビール一本(2クルゼーロ/百円)、日本酒(中)(8クルゼーロ/4百円)。
合計が、55クルゼーロ(2750円)。
会計をしたときに、いままでチップを付けてなかったのに、10パーセントつけてきた。
僕の雰囲気で、これが最後だと考えたからではないかな。
やり方がセコイなー(涙)。
本物の日本人ならば、話しかけてきて、もし最後ということならば、「お酒をサービスで一本つける」とかね。
それが、日本人というものじゃないでしょうか(涙)。
目の前の金に弱くて、うっかり手を出してしまうのもまた、弱い弱い、日本人なんだよね(笑)。
日本人の心を忘れて、金儲けに走ったせいか、最近のガイドブックには、「美松」の名前が載ってない。
僕もちょっと気分を害して、翌日は意地でも行かなかったものね。
------------------------------------------
翌日、8月13日の日曜日。
リプブリカ広場で、「日曜市」が出て、賑やかだというので、行ってみた。
ブラジル名物の「宝石で作った絵」が面白かったが、もちろん買わない。
それから戻ってきて「リベルダージの日曜市」を見た。
どちらもたいしたものじゃないね。
お金のたっぷりある観光客ならば、うっかり買ってしまう程度のもの。
田舎者で、シャンデリア付きの家を建てたりしたら、応接間に飾るには、丁度いいだろう。
一人百万円の南米ツアーの想い出になることでしょう。
夜は、「ホテルニッケイ」のサウナへ行った。
東洋人がいたが、話をしているのを聞くと、全部韓国人だった。
まともな日系人はみんな、僕が行った1989年ごろは、日本に行って働いているという話は、本当かもしれないね。
ロサンゼルスのリトル東京に、韓国人の進出が激しいように、サンパウロの日本人街も、韓国人に乗っ取られていくようだ。
------------------------------------------------
8月14日、月曜日。
リオデジャネイロに行くと決めて、まず、現地通貨クルザードを入手する。
午前中に150ドルを両替したら、607.50クルザードになった。
レートは一気に下がって、1ドルは4.05クルザード。
「ホテ池田」ルの支払い(一泊32クルザード)をしなければいけないのに気がついて、午後にも同じところで両替。
午後は、100ドルが、395クルザードで、レートは3.95だ。
両替のレートは、上がったり下がったりするということが、これでもよくわかるね。
大きな流れとしては、クルザードは下がり続けているんだが、時々微妙に上がったりする。
前にも書いたと思うが、目覚まし時計を買った。
ブラジル製で、65クルザードを、60クルザードに値切った。
しかし、ムーブメントがいい加減で、使えなかったので、どこかに捨てたと思うけどね。
次は本屋へ行って、英語の本を買った。
これから、バス移動が多くなるはず。
ブラジルのバスは、高低のないところを静かに走ると予想できるので、本を読むには最適だからね。
結局、アガサ・クリスティの本を三冊買った。
「THE BODY IN THE LIBRARY」「A POCKET FULL OF RYE」「MURDER IS EASY」だ。
THE BODY IN THE LIBRARY
A POCKET FULL OF RYE
MURDER IS EASY
クリスティの本は、確実に面白いが、ちょっと傾向の変わったものも欲しい。
JONAS SAVIMBIの「A KEY TO AFRICA」を購入。
A KEY TO AFRICA
英語の本は全部新本で、トータルで、90クルゼーロ(4500円)かかった。
これで、サンパウロを出て、ブラジルをバス移動する準備は整った。
映画館へ行って、フランス製とブラジル製のエッチ映画を見た(4クルゼーロ/200円)。
これからのことをいろいろ考えていたせいか、映画の内容は全く記憶にない。
ホテルに戻って、8月7日から、8月14日までの8泊分を払う。
一泊32クルザードで、合計256クルザード。
することもないので、また「美松」へ行った。
鍋を取り、寿司を食べ、日本酒とビールを飲んで、チップも入れて、70クルザード(3500円)払う。
明朝は、バスでリオデジャネイロへ行く。
いろいろ考えたが、そのあとは、とにかくバスで、アマゾンへ。
すべては神の定めだ!

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx