リオデジャネイロへのバスを確認し、「ブラジル日本移民資料館」へ行き、日本の雑誌と日本食にふける@サンパウロ/ブラジル

1989年8月10日、サンパウロ。
まず、通りの旅行社で両替をする。
この日は、午前10時半過ぎにレートが決まった。
100ドルが370クルゼーロ。
クルゼーロの価値が、毎日確実に下落しているね。
それなのに100ドルもまとめて両替してしまったのは、リベルダージの日本人街で、金を使いまくっているから。
サンパウロの日本人街に来たら、いままで張り詰めていた緊張の糸が解けてしまったみたいだ。
日本語が通じて、日本の食べ物があって、日本の本や雑誌があるところに来ると、ホッと安心してしまう。
その分だけ、財布の紐も緩み、変に高いものを食べてしまう。
高額な日本食の比率が高くなる。
こんな旅行をしてはいけないんだが。
サンパウロに来て、緊張感が無くなってしまったことは感じている。
南米は、海外旅行という観点からは、大きく2つに分けられる。
エクアドルやペルーボリビアという遺跡が残っている地域と、チリ、アルゼンチン、ブラジル、というヨーロッパを真似しそこなったところ。
僕としては、過去の文明には大いに興味があるが、現代文明を見たい気はしない。
僕の南米旅行のポイントは、エクアドル、ペルー、ボリビアで、すでに終了している。
ただ、ブラジルに来たら、アマゾンへは行きたい。
あとは、アマゾンからロサンゼルスへ戻るルートが問題なだけだ。

マナウスからベネズエラへ進むか、アマゾン奥地からコロンビアへ入国するか。
どのルートを取ったところで、特に難しい話ではなく、それなりに言い訳はつく。
サンパウロへ来た時点で、正直、僕の南米旅行は、実質的には終わっている。
あとはただ、南米脱出のこまごましたことを考えればいいだけだ。
さしあたり、目の前にあるのは、サンパウロからリオデジャネイロへの移動。
これも簡単なもので、バスに乗ってしまえばいいだけの、単純明快な話。
別に必要もないのに、わざわざサンパウロの「RODOVIARIA(バスターミナル)」へ行ってみた。
バスターミナルから、バスに乗って、リオデジャネイロまで、だいたい6時間だ。
朝出れば、昼過ぎに着くという、ごく普通のバス。
リオ行きのバス乗り場と、手荷物預かり所の場所を確認した。
バスターミナルの郵便局で、日本へ絵葉書を出した。
切手が、1.35クルザード(65円程度)。
帰りに日系の本屋で、「諸君」の5月号、6月号、各23.60クルザード(1200円)を購入。
日本でなら、僕は、雑誌一冊に千円なんか使わない。
自分でも、何か精神的に、変だと思う。
こんな金の使い方をしているから、今朝100ドルも両替したわけだ。
次に「ブラジル日本移民史料館(MUSEU HISTORICO DA IMIGRACAO JAPONESA)」へ行って、移民の歴史を学んだ。
これは文化会館の7階、8階にありました。
翌日の8月11日、この日に、リオに行こうという気持ちがあったのだが、気分が乗らず、止めた。
週刊新潮(6月22日、6月29日号)を買ったが、面白くない。
ペンション荒木に行ったが、相変わらず、旅の情報は手に入らない。
ほとんどの人は夜遊び目的なので、午前から昼間は、部屋の外に出てこないんだ。
しかし、日本の雑誌の古いやつは、置いてある。
僕が買った2か月遅れの日本の雑誌は、ブラジルでは最新号ということになっている。
荒木から何年も前の、「現代」「婦人公論」「小説推理」をゲット。
美松で、湯豆腐、日本酒、で、40クルザード(2千円)も使った。
本屋で、英語のNEWSWEEKを買った(7クルザード/350円)。
「A YEN TO TRAVEL」という特集があった。
説明しておくと、英語の「YEN」というのが、強い希望という意味があり、日本通貨の「YEN(円)」と掛けてあるわけだ。
この時期は、とにかく日本の若者は、強い円を持って、憧れを持って、海外旅行に出ていたもの。
それが、全世界的に話題になってたってことね。
南米で売られいてるNEWSWEEKは、アジア版と違って、日本の話題はほとんど取り上げられない。
日本人の海外旅行についての記事が、南米版のNEWSWEEKに載るってことは、それだけ、日本のプレゼンスが大きかったんだね。
これを書いている2013年では、日本人の若者は、海外旅行にも、留学にも消極的だしね…。
そろそろ、僕は動き出さなければ。
さしあたり、リオデジャネイロへ移動しなければね…。
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx