ベネズエラ領事館の住所を調べ、日系旅行会社ウニベルツールで、南米脱出のルートを考え、「美松」で鱈チリ鍋に涙する@サンパウロ/ブラジル

1989年8月9日、サンパウロ。
昨日歯の治療も済ませたし、今日の予定はない。
もちろん、あるといえばたくさんあるわけだが(笑)。
ホテル池田303号室で、ゆっくりと寝て、シャワーを浴びて、外へ出たら、午前10時過ぎだった。
観光案内所へ行って、ベネズエラ領事館の場所を確認し、行き方を相談する。
ベネズエラ領事館の住所は、「R. JERONIMO DA VEIGA 164, 16-And.」だと確認。
「Lonely Planet」にある住所とも、「地球の歩き方」の住所とも違っていた。
ベネズエラ領事館の場所は確認したが、これはこれで終了、行くかどうかはわからない。
ベネズエラへ行くかどうかは、ブラジルからどういうルートを通って、ベネズエラへ入るかによる。
ベネズエラへ行くとしたら、ベネズエラから米国へのルートも考えなければならない。
いまのところ、ロサンゼルスの伝説の安宿「ホテル加宝」へ行くことは決まっている。
あそこなら、中南米一周の自慢話が、思いっきりできる。
せっかく中南米一周をしたのに、その自慢話ができなければ、何のために旅をしたのかわからない。
中米を陸路で旅しながら、南米へ入る前に知り合った宿の人に、南米旅行の自慢話もしたい。
それよりも何よりも、まだまだこれから、リオデジャネイロにも行かなければならないし。
いやー、南米は大きいね。
南米が大きいと感じたので、リベルダージの日系床屋へ行った。
日系人のおばさんが担当してくれて、完全に日本語で、話をする。
読者の皆さんはこれが、1989年で、日本のバブルの最盛期だと理解して、読んで欲しい。
理容師のおばさんによると、ブラジルの日系の若者はほとんど日本へ出稼ぎに行って、サンパウロにはいないんだそうだ。
「あなたは頭よさそうな顔をしてるし、サンパウロで日本語の教師でもしたらどう?」とリクルートされる。
うれしくなって、床屋の料金は、15クルザード(750円)にチップを2クルザード(百円)あげた。
地下鉄で「レプブリカ公園」へ。
サンパウロの地下鉄には、一回券0.4クルゼーロ(20円)の他に、2回券もあって、0.75クルゼーロ。
つまり、往復乗れば、0.05クルゼーロ(5センタボ/2.5円)安くなるわけだ。
安くなったついでに、5センタボコインが手に入って、ちょっとうれしかった。
有名な日系旅行代理店「ウニベルツール」へ行って、相談した。
まず、航空券の値段を確認する。
サンパウロからマナウスへ、538.10クルザード。
サンパウロからベレンへ、471.10クルザード。
サンパウロからアマゾンへの片道切符が、2万5千円程度する。
これはちょっと高いし、飛行機を使ったら話のネタにならない。
ブラジル国内は、バス旅行になるだろうね。
ブラジルのバスには、「レイト」という、豪華寝台バスもあるらしいし。
サンパウロからロサンゼルスの片道航空券が、1100ドル(この時期15万円)。
これは高すぎるのでもちろん使わないが、参考で調べただけだ。
サンパウロからアマゾンへ飛んだり、ロサンゼルスへ戻ったりするわけではないが、一応の値段を調べたんだね。
僕は、これからリオデジャネイロへバスで行くのは、決まっている。
マナウスは国際空港で、週2便、ベネズエラのカラカスへのフライトがある。
アマゾン奥地のコロンビア、ペルー、ブラジルの三国国境地帯のタバチンガへも、マナウスから週2便ある。
いろんなルートがあるが、アマゾンへ行かないなら南米旅行は成立しない。
いまは、だいたいの感覚を作っておけばいい。
レプブリカ広場から、セー広場まで歩いた。
途中で、「サンフランシスコ教会」などを見て、さらにいろいろ店を覗きながら歩いた。
2軒目の本屋で、「BERLITZ PORTUGUESE for Travellers」と「COLLINS GEM PORTUGUESE ENGLISH DICTIONARY」を購入。
32.70クルザードと15クルザードだったが、なぜか一割引になって、42.93クルザード(2100円)。
ポルトガル語は、フランス語とスペイン語の中間のような感じだね。
いまさらポルトガル語を勉強して、話す気はないが、少し読めれば問題ないという感じ。
この時代、コリンズジェムの小型辞書を集めていたんだと思う。
ネット時代になれば、ポルトガル語の意味はネットで調べられるので、無意味だったけどね。
引き出しを開けると、そこに小型辞書が存在するってことが、僕の旅を象徴しているってわけでね。
日本語の新聞が読みたくなって、またリベルダージの図書館へ行ってみた(0.2クルザード)。
日系の男女学生が、勉強していた。
学生が挨拶代わりに、キスしてまわったりしてるのを見て、やはり感覚が違うんだなーと感心した。
通りに「美松」というレストランを発見。
昼には、ラーメンとビールで、17クルザード(850円)、夜は鱈チリ鍋、日本酒を4合と、ビールで37クルザード(1850円)。
この店には、演歌が流れていた。
サンパウロで、一人で日本酒を飲んでいると、涙が出てくる。
離婚して、世界一周旅行に出た、世界旅行者。
南米の日本人町で、演歌を聞きながら、涙する。
なかなか、粋じゃないかい(笑)。
明日は、リオへの行き方でも調べましょうか。

xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx