『サンチアゴを歩き回り、プエルトモンへの行き方をチェックしたあと、親しい友人とステーキとワインで盛り上がる』@サンチアゴ/チリ
1989年7月18日、サンチアゴのロンドレスのシングルルームでぼんやりと目が覚めた。
実際にベッドから出たのが午前8時半なので、やはり疲れているね。

僕は長期旅行では、靴下もパンツも3つずつしか持たない。
だから、さっそくお湯で手洗いして、下着やTシャツを部屋に干す。

部屋の外の共同シャワーで、ゆっくりと熱いお湯を浴びる。
そうしているうちに、なんと、昨夜日本人宿の五月女に泊まったゲーブルくんが、僕の部屋を訪ねてきた。

「ペンション五月女の連中が、深夜まで麻雀をしていてうるさいので、どこかへ移りたい」という話。
正直、昨日一緒に五月女に行った時から、僕は五月女の連中に、あんまりいい感じがしなかったんだ。

五月女にいる連中は、僕とは話が合わない。
昨日、ちょっと話しただけでわかっていた。

「類は友を呼ぶ」というわけで、この時期の五月女に泊まっていたのは、僕やゲーブルくんとは違ったタイプの旅行者だったようだ。
タイプが違うかどうか、それは、お互いにすぐわかる。

タイプが合うか合わないか、それは、顔を見た瞬間にわかる(笑)。
結局、知的レベルなんだと思うけどね。

知的レベルとはいっても、もちろん学歴ではない。
「世界観」とでもいうもの。

例えば、この時代でも「世界一周自転車旅行」をする日本人旅行者はいた。
僕はそんな人と会っても、心から「馬鹿なことをやってるなー(笑)」としか思わない。

でも、世界一周自転車旅行とか(南米一周バイク旅行と)いうだけで感動する、レベルの低い人もいる。
このレベルとは、ぼくは絶対に付き合えない。

僕は純粋に、「なぜ何の役にも立たない自転車旅行をしているのだろう」と思う。
「自転車旅行しか自慢できないって、もともとすごい劣等感があるんだろうなー」と、考える。
自転車旅行者の精神的な弱さを深く考えてしまう。
世界一周自転車旅行をすることで、自分の惨めな人生を一発逆転しようとしているのだろうと、同情する。

わかりやすく言うと、「暴走族○○連合の会長だった」という人を、尊敬するかどうか、ということだと思う。
尊敬する人もいるだろうが、僕は全くなんとも思わない。

そういう意味では、日本人ははっきりと2つに別れるんだろうね。
長期旅行をしている旅行者を、単純に頭から尊敬する人たちがいる。

僕やゲーブルくんは、基本的に「長期旅行をするのは馬鹿だけだよ(笑)」と、自分自身を笑ってる。
自分を笑えるってことは、知的だってことなんだよ。

僕から見てもこのときに五月女に泊まっていた日本人旅行者諸君の知的レベルは低かった。
ゲーブルくんが別の宿に移ろうというキモチは、よく理解できる。

ゲーブルくんと2人で、ゲーブルくんのホテル捜しに出かける。
ガイドブックに紹介してあった、サンパブロとモランデの角の「NUEBO HOTEL」に決定する。

シングルルーム料金が800ペソ(320円)だった。
ゲーブルくんは五月女へ戻って、バックパックを持ってきて、ヌエボホテルへチェックインする。

僕はゲーブルくんと別れて、サンチアゴからの脱出方法を考えに行く。
鉄道駅(ESTACION CENTRAL)へ行って、プエルトモン(PUERTO MONTT)への列車を調べる。

僕が旅していた1989年には、サンチアゴからプエルトモンへの鉄道が走っていた。
いまは、プエルトモンへの列車はなくなったけどね。

さて、中央駅でプエルトモンへの列車を調べる。
サンチアゴからプエルトモンまで、15時間との話。
金、土、日、月曜日にエコノミーの列車が出て、座席は2700ペソ(2500ペソ)。
火、水、木曜日に、サロンという列車が出て、それが3900ペソ(3500ペソ)。

寝台車だと、下段が6800ペソ、上段が4900ペソ。
個室寝台が14400ペソ。

この時期のペソは0.4円と考えてますから、自分で計算してください。
次にバスターミナルへ行って、調べてみる。

バスはプエルトモンへ16時間。
プルマンだと2000から3800ペソ、サロンカーマ(寝台バス)だと5900ペソ。
これを調べたあと、ヌエボホテルでゲーブルくんと会う。
2人で市場(MERCADO)へ行って、ウニを食べる(900ペソ)。
市場には、キッコーマン醤油の小瓶があったので、これを購入した。
正直、ステーキを食べるにも、もう一味欲しいと思ってたところだからね。

サンチアゴの中心部をアルマス広場から歩き回り、サンチアゴ大聖堂、サンフランシスコ教会で祈った。
歩き回ったあとで、ゲーブルくんと一緒に夕食を取る。

今日も話すことはたくさんある。
五月女に泊まっている連中の悪口とかね(笑)。

まあ、人の悪口というものは、(ナイショだが)結構楽しい。
でも、悪口をただ言うだけでは、話をしていても面白くない。
悪口を芸術まで高めなければならない。
それは、タダの悪口ではなくて、悪口を言う相手をネタにして、さらに社会論、人生論、哲学まで発展させるってことだけどね。

日本ならば、他人の悪口は、こっそり話すものだ。
ここはサンチアゴだから、いくら大声で、下品なことをしゃべっても、悪口を言っても、誰からもヒンシュクを買わない。
周囲の人は誰も、日本語を理解できないのだから。
どんな恐ろしいことでも、気軽に口に出来る。
正直言うと、海外旅行で楽しいのは、上品なレストランで、日本語で思いっきり下品なことを大声で話すってことなんだけどね。
間違えて日本レストランでやってしまうと、2度と行けなくなりますが…(涙)。

夕食は、ステーキセットに、2人で赤ワインをボトルで2本飲んだ。
一人当たり2千ペソ、つまり8百円。
サンチアゴの町を歩き回って、話の合う友人と、旅の話をして、社会論を語ったら、これは楽しい。
しかも日本の居酒屋ではなくて、サンチアゴのまともなレストランで、ステーキとワインを味わいながらなんだからね(笑)。
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx