サン・ホセ(コスタリカ)からキト(エクアドル)へ飛んで、旧市街の「ホテル・スークレ」の屋上部屋に泊まる@キト/エクアドル
1989年5月14日、コスタリカの首都サンホセの「ホテル・モラサン」で起きる。
今日は午後3時に、南米エクアドルの首都キトへ飛ぶ。
ヴァリグ・ブラジル航空の「RG871便」。
キト到着は現地時間の午後6時だ。
コスタリカとエクアドルの間には、1時間の時差がある。
キトで午後6時ということは、サンホセではまだ午後5時、つまり飛行時間はたったの2時間。
切符はOTECという旅行会社で、4日前(5月10日)に購入した。
値段は250ドルで、税金が20ドルの合計270ドルだった。
中米コスタリカから南米エクアドルへの片道切符で270ドルは、特に安くはない(期待していたより高い)。
ロサンゼルスから南米へは、往復切符で600ドル程度で飛べるんだから。
距離からいっても、中米のパナマからならコロンビアに飛んだほうが近いし、もちろん安いけどね。
ただ、僕が旅をしていた1989年春はパナマはノリエガがいて、治安が悪かった。
僕は南米一周して、もう一度ロサンゼルスへ戻るつもり。
北米に一番近いコロンビアから南米を出るのがいい。
コロンビアの南のエクアドルから南米の旅を始めるのが賢い、と考えたわけだ。
遺跡マニアとしては、ペルーのインカ、プレインカの遺跡をなるべく早く見たいキモチなんだよね。
コスタリカのサンホセから、エクアドルのキトへと飛ぶことにした。
切符を買ったあとで、エクアドル入国にビザが必要だという情報が入って、あわててビザを取りに行った
空港へ行くにも、絶対に間違いがないように、慎重に計画した。
バックパックの荷物を整理して、本や雑誌を一部は捨て、残りはホテルモラサンの受付に残しておいた。
トルコで買ったTシャツが、ちょっと汚れすぎていたので、これは捨てた。
前もって調べておいた空港行きのバスを待ち、20分で空港に到着する(16コローネ/24円)。
出国税は、前に調べたとおり517コローネ(775円)だった。
コンピューターで名前をチェックして、出国審査を受ける。
結構厳しい荷物検査があった。
出発ロビーで、ビール(IMPERIAL)を2本飲んだ。
ビール1本が84コローネ(126円)もした。
空港では、正直、手持ちのコローネを使い尽くすのがポイントなんだよ。
バス料金を払って、出国税を払ったら、残ったのが200コローネだったので、ビールを2本飲んだわけだ。
ビールで168コローネを使って、残りは32コローネ(48円)になったしね。
RG871便は予定通りに出発する。
僕の隣の席に、オーストラリア人のデイビッドが座ったので、話をする。
僕がサンホセで、エクアドルのビザを取るために走り回った話を、少し(かなり)大げさに話をする。
「やはり、入国条件は、大使館で確認した方がいいね」と、説教したりする。
キトには午後6時の予定到着時間よりも、少し早くなった。
すぐに、入国審査が行われ、デイビッドはスンナリと通過する。
僕の番になって、サンホセ(コスタリカ)で取ってきたビザを自慢げに見せる。
急に問い合わせをしたりして、僕の入国審査には時間がかかった。
デイビッドと僕は、機内で「一緒に町へ出よう」と約束していた。
デイビッドは僕を待っていた。
新しい国に着いて、町へ出るまでは、とにかく旅行者同士協力した方がいい。
空港(国境)では、「同じところへ行く人を見つけて、一緒に行動する」とは、海外個人旅行者の基本だ。
デイビッドのパスポートを見ると、彼は3か月の滞在許可をもらっていた。
僕の滞在許可は、1か月だ。
あとでわかったのだが、僕はツーリストビザを持っていたために、滞在許可が1か月しか出なかったんだとか。
ビザがなければ、スンナリ3か月もらえたらしい。
キトの日本大使館へ行った時、大使館員と話をして、わかったんだけどね。
これも、「旅の面白話」になるので、ちょっと得したと思う。
空港の両替所では、1ドルが530スークレのレートだ。
僕は、60ドルを両替して、31800スークレを入手する。
デイビッドと一緒に、空港から市内へ行くバスに乗る。
バスに乗っていると、だんだん暗くなっていくのがちょっと不安かな。
1人だったらビビッたかもしれないが、デイビッドは身体が大きくて、まだ30歳前後の一番元気な時期。
彼といっしょならば、まず襲われることはないだろうと、考えている。
サントドミンゴ広場でバスを降りる(20スークレ/5円)。
そこから旧市街を歩き、サンフランシスコ広場へ。
サンフランシスコ広場の角にある「ホテルスークレ(HOTEL SUCRE)」へ行く。
英文ガイドブック「Lonely Planet」で推薦してあったのが理由だろう。
客が多かったのか、僕とデイビッドは、ホテルの屋上に作られた部屋に入れられた。
互いにシングルを取って、隣同士の部屋になる。
料金は、1ドルもしない400スークレ(100円)だ。
部屋にバックパックを置いて、デイビッドと食事に出かける。
一階のホテル受付のところで、空港で見た覚えのある背の高い白人女性と会った。
話しかけると、やはり、同じフライトで着いたとか。
僕たちはバスで来たが、彼女はタクシーに乗ってきた。
彼女はドイツ人で、1人で旅をしている。
3人で旧市街を歩いて、食事に出かける。
僕はスープ(400スークレ/100円)、チキンライス(500スークレ/125円)を頼んだ。
3人で食事をしながら、ビールの大瓶(300スークレ/75円)を飲んで話をした。
3人とも、南米最初の町へ来て、少し興奮している。
旅行者が会えば、話は尽きないしね(笑)。
結局、ビールを飲み続けて、レストランが閉まるというので、追い出されてしまいました。
キトは、2800メートルの高地にあるので、赤道直下といっても結構肌寒い。
屋上の部屋は何か頼りなかったが、ベッドの布団はふかふかだった。
僕はかなり酔っ払っていたので、ベッドに入ると、本も読まずに、コロッと寝てしまった。
無事、中米から南米へ入れた、神の導きに、感謝しましょう。
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx