『サン・アンドレス島からグアテマラシティへのフライトで、出国切符がないと、搭乗拒否されそうになる』@サン・アンドレス島/コロンビア
1989年9月12日、まずSAM航空のオフィスへ行って、今日のフライトの予約を取る。
切符は昨日買ってあり、予約も昨日に入っていたが、日本人カップルと会ってしまったので、今日にした。
するとSAM航空のオフィスでは、「なぜ昨日飛ばなかったのか?」と、ウルサイことを言う。
ノーマルチケットなのだから、別に乗らなくても、全く問題はない。
それに、今の時期は客がいなくて、ガラガラだと聞いていたしね。
ただ、確かに予約を入れていたのに飛ばないで、また今日の予約を入れに来たというのは、面倒な客かもね。
突然、「グアテマラに入国するには、グアテマラの出国切符が必要だ」とか言い出した。
だいたいだよ、本当にグアテマラの出国切符が必要ならば、最初から片道切符は売らないはず。
ただ、この時期(今でもそうだが)出国切符問題というのは、確かに、中南米旅行者の間で話題にはなっていた。
つまり、ある国へ入国する時に、その国からの出国切符を持ってなければ入国できないという話。
僕自身の体験としては、ニカラグアからコスタリカへ入る時、国境でバスの切符を買わされたことがある。
パナマへの入国条件で、パナマの出国切符が必要だというのでいろいろ考えた。
このあとも、ロサンゼルスからオーストラリアへ片道切符で飛ぶときも、出国切符がないので入国拒否される可能性があった。
さらに、インドネシアへの片道切符入国も、問題だった。
そうそう、コロンビアからホンジュラスへ片道切符で飛ぼうとして、搭乗拒否された日本人に会ったことがあるよ。
だが、僕が考えているのは、「入国条件で一番大切なことは旅行者の人格だ」ということ。
怪しげな人間なら、入国拒否をすることはある。
その入国拒否の理由としては、「人間が怪しい」では文書に書きにくいので、「出国切符がない」という理由を付けることもある。
でも本来は、人物を疑われたから入国拒否をされたわけだ。
決して、出国切符がないからという理由で、入国拒否はしない。
それに、僕はまだ十分なドルを持っている。
クレジットカードも持っているので、ここは切り抜けられると判断した。
SAM航空のオフィスで、今日夕方の予約を入れなおし、出発の用意をする。
お土産屋で20ドル札を、8千ペソに両替する(少しレートは悪いが、手軽だったので)。
続いて、ホテルマリブの部屋代を4日分払う(4115ペソ×4日で16460ペソ)。
あとは、ビーチへ行ってまた泳いだ。
これで到着した9月8日から、今日9月12日まで、5日間連続で泳いだことになる。
次に「SAN ANDRES」とロゴの入ったTシャツを、記念に買った(1500ペソ/450円)。
ホテルのおじさんにあいさつして、バックパックを背負う。
空港まではとても近いので、もちろん歩いていく。
これからちょっとバタバタすることがあった。
空港のチェックインカウンターへ行って、グアテマラシティ行きの片道切符を見せる。
「グアテマラからの出国切符がないと乗せられない」と、言われる。
「十分なお金とクレジットカードがあるので、グアテマラで入国拒否されることはない」と、突っぱねる。
コロンビアの出国税を別のオフィスで払わなければいけないと言われて、2階のオフィスへ。
こんどは、僕がアマゾン奥地のレティシアで入国した時の、入国スタンプを念入りにチェックされた。
出国税は7米ドルで、現金で支払う。
チェックインカウンターへ戻ると、僕が預けたバックパックを係員の前で開けさせられる。
かなり入念な荷物のチェックがあった。
そのあと、出国の書類を、空港のDAS(Departamento Administrativo de Seguridad)へ持っていく。
また質問されて、時間がかかったが、無事に出国スタンプをもらう。
この手続きの途中で、昨日会った日本人旅行者カップルとも、あちこちですれ違う。
互いに、「手続きが面倒ですねー」とか「まだ終わらないよ(笑)」と言い合う。
正直、チェックインと出国手続きには、かなりの時間がかかったので、ぎりぎりに空港へ行ったら乗れなかったかもしれない。
とにかく「空港へ行くのは早ければ早いほどいい」わけだ。
コロンビア出国と、飛行機へのチェックインが無事に済んだ。
このあとさらに、出国待合室で、身体検査と機内持ち込み荷物の検査があった。
さらに、機内に積み込むチェックイン済みの荷物を、自分で持って、カーゴに運んで確認する。
いやはや、大変な手続きと手間がかかった。
でも、機内に乗り込むと、すぐに飲み物のサービスがある。
僕はウィスキーを頼んだが、食事にはワインの小瓶が配られる。
機内はなかなか快適だったが、さてこれから、グアテマラの入国審査が待っているよ。
機内で配られたグアテマラの入国書類に、記入を済ませる。
入国の時に出国切符がないことを追及されたら、もちろん米国まで陸路移動すると説明する。
それを、頭の中で、スペイン語に直したりする。
トラベラーズチェックや現金、カードを、入国の時に見せやすいように一か所に集める。
まあ、何とかなるでしょう。
何とかなるにしても、ならないにしても、すべてはもう決められているのだ、と思う。
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx