『サン・アンドレス島をスクーターで一周して、お魚を踏み潰しそうになる』@サン・アンドレス島/コロンビア

【サンアンドレス島ロゴのTシャツ】
1989年9月10日、目が覚めると、昨夜読みながら寝ていた、英語のペーパーバック「ONI」を、また読み始めた。
あと数ページだったので、一気に読み終えた。
読後の感想としては、僕のノートには「細かいところにこだわって、つまらない本」とある。
もちろん、つまらない本だというのは、読んでいる途中でわかっているわけだが(笑)。
日本でこのペーパーバックを手にしていたら、まず読み終えることは無かっただろう。
ところが、このとき僕が持っている本というのが、これ一冊しかなかったんだよ(涙)。
僕はとにかく、何をしているときでも、本を読む癖がついている。
旅先では本を読む時間がたくさんある。
バスや、列車や、もちろん飛行機に乗っている時間は、読書には最適だ。
また、その乗り物を待っている時間も、読書のために存在するようなものなのね。
1人で安食堂に入って、何かを食べる時は、もちろん本を読む。
下手をすると、町を歩いている時も、僕は本を読んだりする。
それだけ本を読んだ結果、内容が頭に入って、賢くなるかというと、それは別の話なんだが。
ただ、本を読むという習慣が身についている。
すると、「本を読む」ということが目的になって、本の内容は二の次だってことになる。
かといって、面白くない本はやはり読めないけどね。
「ONI」は、つまらない本だったが、日本について書いてあるので、結構「オイオイ」とツッコんで読めるわけなんだよ。
でもどんな本でも、英語のペーパーバックを一冊読み終えるというのは、快感です。
昔の旅行者は、本を読み終えたら、その本を旅先で売ったり、交換したり、部屋に置いておくのが礼儀だった。
読み終えた本を、誰か他の旅人の役に立てたいと思ったりした。
僕も読み終えた「ONI」を、僕が泊まっている「HOTEL MALIBU」のおじさんに渡す。
おじさんは、わざわざペーパーバックを2冊も、持ってきてくれた。
これはうれしかった。
ただその本が、「ENDLESS LOVE」 と「A TALE OF TWO CITIES」だった。
ホテルのおじさんは、片言の英語は話すが、英語の本までは読めない。
だから、内容を考えずに、誰か他の旅行者が置いていったものを、持って来てくれたんだね。
「ENDLESS LOVE」は、1979年に書かれて全世界的なヒットになった恋愛小説。
ブルックシールズ主演で、映画化されたという。
ただ、僕は、日本で離婚をして、その心の傷を癒すために旅に出た、ただの寂しい中年男です。
恋愛小説を旅先で読む気にはならなかったね。
おじさんが僕にくれた「A TALE OF TWO CITIES」は、誰でも知っている。
世界名作、ディッケンズの「二都物語」だ。
僕の世代だと、誰でも世界文学全集は家にあって、ほとんどの名作は読んでいたもの。
僕はなぜか、二都物語は読んでなかったみたいだ。
どちらも恋愛小説だということは間違いない。
愛に破れて旅に出た世界旅行者とは関係ありませんけどね(涙)。
先にも書いたように、僕は本の内容に関わらず、ただ本を読み続ける人なので、ありがたく受け取りました。
今日は、昨日も考えていたとおり、スクーターでサンアンドレス島を一周するつもり。
ビーチのスクーター屋へ行って、バイクを見る。
あんまり整備状況は良くない。
料金は、1時間当り1500ペソ。
この時期、1ペソが0.3円だから、450円。
ちょっと高いとは思ったが、店の前の大きな料金表にあるので、規定の料金だろう。
サンアンドレス島は、長さが13km、幅が3kmの細長い島。
とすれば、スクーターを時速30km程度で走らせたら、1時間程度で一周できる。
まあ、途中で景色を見ても、2時間程度。
だとすれば、一周で3千ペソ、つまり9百円程度と考えられる。
島を一周する道路があるので、まず、道に迷うことはない。
僕は東京でも、ホンダの「TACT」に乗っていたので、スクーターには慣れている。
スクーターを借りた時間を紙に書いてもらって、誤魔化されないように確認する。
ところが、スクーターをチェックする時に、停めたままで見ていたので失敗した。
走り始めたら、僕が選んだスクーターの軸が歪んでたよ(恐)。
事故車だったのでしょう。
すぐに戻って、スクーターを交換してもらい、出発時間を書き換えてもらう。
そのあとは簡単で、細い道を走れば、サンアンドレスの町を出る。
トコ、トコ、トコ、トコ、トコっと、スクーターを走らせる。
「CUEVA DE MORGAN(MORGAN'S CAVE)」へ立ち寄って、またスクーターを走らせる。
急に、ドッカーンと雨が降ってきて、前方の視界が無くなり、動けなくなった。
道端の小屋に入ると、これがちょっとした商店みたいなものだった。
ここに居るのが、黒人で、訛りの強いカリブ系の英語を話す。
サンアンドレスの町では、みんなスペイン語を話していた。
30分走った海岸の小さな店では、みんな英語を話している。
これは、スペイン語も英語も話せる僕としては、文化的に面白かったよ。。
雨宿りをさせてもらったので、雨が降り止んだときに、何かお菓子を買って、サヨナラを言う。
スクーターで、島の南の端まで行き、それから北へ、島の東岸を走る。
サンルイス(SAN LUIS)の海岸を走っていると、座礁した大きな船が見える。
スクーターを道路沿いに停めて、目の前の船に歩いていく。
船はすでに真っ赤に錆びていて、いつ座礁したのかわからない。
歩いていくと、足元の砂は真っ白で、きめが細かい。
小さな魚が、僕の足元に集まってくる。
踏み潰さないように、ゆっくりと歩いていく。
空は、スコールの後、完全にスコーンと晴れていて、他に全く人影がない。
カリブ海の、サンアンドレス島の東海岸の、サンルイスで、真っ青に晴れた空の下で、座礁した船に歩いていく。
ものすごい数のきれいな魚が、僕の足元に集まってくる。
小さい魚も多いが、15cmくらいの大きな魚も、寄ってくる。
僕はそれを踏み潰さないように、ゆっくりと足を勧める。
僕をここへ導いた神に祈る。
僕がここに来た理由がわかったからね。
スクーターに乗って、サンアンドレスの町へ戻り、2時間料金(3千ペソ)を払う。
ホテルの部屋に戻って、バックパックの取っ手の部分のほつれを、縫い付けた。
今の計画では、明日9月11日に、ここを出て、グアテマラシティへ向かう。
フライトの予約は入っているが、金は払ってない。
まだ少し、迷いがある。
いまの予約は、グアテマラシティに入っている。
でも、メキシコシティまで飛んだほうが、スッキリするかもしれない。
ちょっと迷いがあるが、それは明日解決されるだろう。
なぜならば、僕の旅は、神に導かれているのだから。
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx