『サン・アンドレス島からグアテマラシティへの飛行機を予約し、あとはペーパーバックを読んで過ごす』@サン・アンドレス島/コロンビア

【サンアンドレス島ロゴのTシャツ】
1989年9月9日、午前6時くらいに目が覚めて、そのまま起きていた。
ベッドに横になったまま、Marc Oldenの「ONI」を読む。
僕が旅をしていた1987年から1990年というのは、日本のバブルの絶頂期だった。
だから、海外でも、日本についての本がいろいろ出版されていた。
日本経済についての本もあったが、日本文化を取り入れた通俗小説も多かった。
僕が読んでいた、マークオールデンの「鬼」も、そういった小説のひとつだったと思う。
「思う」と書いたのは、本の内容は全く覚えてないからだけどね。
この時代は、ニンジャが出てきたり、まあいろんなわけのわからない日本文化を描いた本がたくさんあった。
僕はそれを結構読んでいたので、いろんな本のストーリーがごっちゃになってて、どの本がどういう内容だったかはわからないんだ。
その時代の小説は、ニンジャが出てきて、新宿にお城があったり、日本企業の陰謀があったりと、そんな感じと見て間違いはないんだが。
主人公は日本で修行をした白人のニンジャで、悪役は日本企業とそれに雇われた悪のニンジャというパターンかな。
僕としては、小説に大きな誤解があったとしても、日本のことを調べて、本に書いてくれたというだけで、ちょっと嬉しかったりした。
例えば、映画にもなった有名な小説「RISING SUN」も、日本文化や日本の風習への誤解だらけだ。
でも、この時代は、それほど日本には、存在感があったということなんだよ。
「ダイハード」の一作目も、ナカトミビルの日本企業のクリスマスパーティで事件が起きるわけだ。
こんな日本企業を舞台にした映画は、もう2度と作られないだろうね。
日本の自動車会社が、アメリカの田舎町を救う話「ガン・ホー」。
これも、日本の自動車会社が力を失いつつある現在は、懐かしくも甘酸っぱい思い出だよ。
もちろん2010年の今になれば、世界中が日本に対する興味を失っている。
だから、このタイプの小説は2度と生まれないだろうね。
この手のペーパーバックを集めておけば、ある時代のアメリカの日本観について、論文が書けるかもしれません。
誤解されていたとしても、話題になっていれば、日本の影響力もあったというわけだ。
だから僕が、最初の世界一周をしていた時は、どの国へ行っても、英語本の中に、日本関連の小説があったものなんだよ。
間違っていても、トンデモ本でも、日本について書いてあると、やはり嬉しかったものです。
午前6時に目が覚めて、午前10時ごろまで、ベッドで本を読んでいた。
次に旅行代理店へ行って、航空券を買おうと考えた。
昨日、サンアンドレス島からの航空運賃と行き先は調べてある
だいたいのところ下のようになっていた(注:1989年の料金です)。
サンホセ(コスタリカ)まで85ドル。
グアテマラシティ(グアテマラ)まで123ドル。
メキシコシティまで257ドル。
マイアミ(米国)まで278ドル。
コスタリカのサンホセに飛んで、カリブ海側のビーチに行くのもアリかもしれない。
でも、僕は陸路で北上して、米国へ戻るつもり。
とするとまた、コスタリカの北にあるニカラグアへ入らなければならない。
ニカラグアは、一度通過すれば十分のところだから、わざわざコスタリカのビーチへ行くことはない。
だって、僕はいま、カリブ海のサンアンドレス島にいて、ちょっと歩けばビーチなんだから。
昔と違って、長い時間ビーチにいたいとも思わない。
マイアミは、僕はすでに、『北米一周グレイハウンドの旅』の途中で行ったことがある。
しかも、マイアミからホテル加宝のあるロサンゼルスまでは、とても遠い。
問題は、グアテマラシティへ飛ぶか、メキシコシティまで一気に行くかだ。
どちらでもいいが、その料金の差が134ドルする。
つまり、134ドルより安く、陸路でグアテマラシティからメキシコシティまで移動できるなら、グアテマラシティへ飛んだ方がいい。
バスを乗り継いで(途中で泊まって)、4日から5日あれば、グアテマラシティからメキシコシティまで、余裕を持って移動できるはず。
だって僕は、もともとメキシコシティからグアテマラシティへ、陸路で移動した経験があるからね(中米旅行記参照)。
南下するときは、ユカタン半島へ寄ったが、今回は、一直線で行くつもりだ。
宿泊費と交通費、食費を入れても、1日20ドルあれば過ごせるはず。
この時期、メキシコのバス料金は、1時間乗って1ドル程度だからね。
10時間乗っても千円ちょっとだ。
とすると、グアテマラシティへ飛んで、バスを乗り継いで、メキシコシティへ行ったほうが有利だね。
しかももちろん、グアテマラシティの近くの日本人が集まる町「アンティグア」へ寄れる。
アンティグアへ行けば、日本レストラン「ZEN」へ行って、中南米一周旅行の自慢が出来る。
そういえば、マナウスを出てから、日本人と話をしていないよ。
マナウスで話をした日本人も、マナウスで日本料理店を経営するオーナーさんだった。
考えてみると、日本人旅行者とは、確かアルゼンチンのブエノスアイレス以来、話をしてないんじゃないかな。
ちょっと日本人が恋しくなってきているかも。
とにかく、グアテマラのアンティグアへ行きさえすれば、日本人旅行者はウジャウジャいる。
その中には、これから南米へ行こうと考えている人もいるから、南米帰りの僕はモテモテかな(笑)。
よし、グアテマラシティへ飛ぼう!と決意する。
切符を入手するにはパスポートが必要だということだったが、僕はホテルに置いていた。
切符は後でいいということなので、2日後の9月11日のフライトの予約を取った。
17時30分にサンアンドレスを出て、サンホセ(コスタリカ)を経由して、グアテマラシティ着が19時半。
もっと早い時間に着く方がいいが、1日1本しかないので、選択肢がない。
明日1日(9月10日)を空けたのは、スクーターを借りて、サンアンドレス島を一周してみたかったからだ。
切符を買ったあと、旅行代理店のスタッフと、軽く世間話をする。
「どうして、あなたはそんなにスペイン語が話せるんですか?」と、聞かれる。
「他の日本人は、ほとんどスペイン語がしゃべれませんけど」とのこと。
まあそれは、仕方がないわけだ。
僕はなにしろ、日本にいたときに、フランス語の勉強と同時にスペイン語をやっていた。
スペイン語の文法はほとんど理解している。
そのあと、バルセロナでスペイン語学校に通い、中米のアンティグアでは、スペイン語の個人レッスンを受けた。
さらには、南米一周の間、ずーっとスペイン語を使ってたのだから。
そういう詳しい説明は面倒だから、いつもの返事をした。
「僕は頭がいいですから(笑)」と答えて、笑いを取った。
朝は部屋でゆっくりして、旅行代理店で飛行機の予約も済ませたので、ビーチに出たのは結構遅い時間だった。
サンアンドレスの町の沖にある、椰子の茂った小さな島「ジョニーキー」へ行こうと考える。
ただ、ビーチの人に聞くと、「人が集まらないとボートは出せない」とのこと。
ここはあっさりと諦める。
あとは、ビーチのカフェでコーラ(150ペソ/45円)を3本飲んで、ずっと「ONI」を読んでいた。
絵葉書(70ペソ/20円)を3枚買って、書いて送った。
ビーチに来ているのだから、のんびりすればいいさ。
出発日も決まっているし、グアテマラから北上の旅行ルートも心配ない。
「ONI」がもう少しで読み終わるので、夜もベッドでがんばったが、少し残してしまった。
明日中には読み終えてしまうが、そうなると、さしあたり読むものがなくなるのが困るかな。

xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx