『サン・アンドレス島のビーチで、日本人カップルと会って、話が盛り上がり、出発を延ばす』@サン・アンドレス島/コロンビア

【サンアンドレス島ロゴのTシャツ】
1989年9月11日、今日はさすがに飛行機に乗るというので、緊張しているのか、スカッと目が覚めた。
今日の夕方に、グアテマラへ行くんだからね。
予約をした旅行代理店へ行って、お金を払い、航空券を手にする。
サンアンドレス17時30分発、グアテマラシティ着が19時半だ。
料金は、49200ペソ(123ドル)だが、これは、マスターカードで支払う。
サンアンドレスから、グアテマラシティまで2時間かかるように見えるが、1時間の時差があるので、実は3時間。
サンアンドレス島からグアテマラシティで3時間は、時間がかかりすぎる。
その理由は、このフライトは、途中でコスタリカのサンホセに寄るからなのね。
サンアンドレス島でやり残しているのが、サンアンドレスの町の沖に浮かぶ小島「ジョニーキー」へ行くこと。
ボート乗り場へ行って、いつ出るのか聞いてみる。
答えは単純明快、客が集まるまでボートは出ない。
逆に、ボートがいつ出るかわからないから、客も集まらないわけだよ。
客がいようといまいと、定期的にボートを運航すれば、客はやってくると思うんだけどね。
ラテンアメリカのビジネスモデルだから、仕方がないでしょう。
結局、ボートをチャーターするしかないようなので、行くのを諦める。
僕のサンアンドレス島の思い出としては、すでに「難破船へ歩いていって、足下にお魚が群がる」というのがあるしね。
ホテルの部屋に戻って、絵葉書を書いた。
絵葉書が70ペソ(21円)、切手代が130ペソ(40円)。
ホテルの部屋で、ワインを飲みながら、南米旅行を反芻した。
南米大陸は出てしまったが、サンアンドレス島はまだコロンビアなので、一応南米にいるわけだ。
コスタリカのサンホセからキト(エクアドル)へ飛び、ペルー、ボリビア、チリ、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイ、ブラジル、コロンビアと旅を続けてきた。
ベネズエラを残してしまったが、物価も高そうだし、また別の機会に、エンゼルフォールズを見にくることにしましょう。
今日、サンアンドレスからグアテマラへ飛べば、そこは中米だ。
グアテマラからメキシコ、そしてアメリカへは、一気に移動するつもり。
午後になって、最後に泳ごうと、ビーチへ出る。
波打ちぎわで、波に身体を預けて、ゴロゴロとする。
高く青い空を見上げて、僕をここまで導いた神の存在を感じる。
僕が離婚をせずに、あのままずーっと東京にいたところで、意味はなかった。
僕たちは、さらに傷つけあうだけだったろう。
僕ががんばって社会的に成功したとしても、僕は旅に出ることを夢見ていた。
こうならざるを得なかった。
僕は、長い旅に出ることが運命としてあった。
僕は波打ちぎわで、ゴロゴロして、またもの思いにふけることを、繰り返している。
そこに、日本人のカップルから、「日本の方ですかー(笑)♪」と、声がかかった。
話をすると、彼らも南米旅行を終えて、北米へ行く途中にサンアンドレス島に寄ったのだという。
これは、いい話し相手が出来た。
何しろ僕は、日本人旅行者とは、確か、ブラジルのサンパウロの「ペンション荒木」以来話したことが無いんだし。
いい話し相手が出来たと、一緒に食事に行くことにする。
彼らは、明日9月12日にグアテマラへ飛ぶとのこと。
それならば、僕も今日のフライトを止めて、明日一緒に飛ぶことにした方が、楽しいよ。
僕が今日買った切符はノーマルチケット。
別に今日飛ばなくても、明日また予約を入れ直せばいいだけだ。
ホテルも、チェックアウトしてなかったしね。
2人とも20歳代後半という感じで、話もなかなか面白い。
カップルが勧めた「MAMITA」というレストランへ行く。
このカップルは、アルゼンチンのパタゴニアで3か月キャンプ生活をしていたという(驚)。
テントを張っていると、子供たちから石を投げられたとか。
また、アマゾン川をベレン(ブラジル)から遡って、ずーっとボートで旅をした。
僕もマナウスからタバティンガへは、いいボートを見つけたが、ビール禁止であきらめた話をする。
彼らのリバーボートでは、ビールを思い切り飲めたそうだ。
カップルならば、退屈しても、することはあるし。
若い時代ならば、なんだって楽しいけれどね。
それよりもオドロキだったのが、日本を出る前の仕事の話になった時。
この女の子の勤めていた会社が、実は、僕が大学を出て就職して、勤めていた会社だったんだよ。
「僕はその会社を辞めたんだよ!」とは、言わなかったけどね。
ちょっと疑問に思うのは、旅先で、会社を辞めたと言うことはあるだろう。
でも普通は、会社の名前までは出さないんじゃないかな。
僕は、会社でも、結構有名だった。
OLさんたちにも人気があったので、ひょっとして、某企業では伝説になっていて、語り継がれているのかも。
何か神の導きだろうとも思ったりする。
この興味深いカップルと話が盛り上がっていると、ちょっとうさんくさい日本人の中年男が声をかけてきた。
彼の話では、もう「20年旅を続けている」。
今日、「ビーチで金とパスポートを取られた」とのこと。
僕は単に、「この人は、適当な話をして、金を借りたい(もらいたい)おじさん」と判断した。
日本人カップルも僕も、旅慣れているので、この怪しいおじさんは適当にあしらった。
結局、このカップルと一緒に明日(9月12日)に、一緒にグアテマラシティへ飛ぶことにした。
今日は、久しぶりに日本人と日本語を話せたのが、うれしかったよ。
翌日、サンアンドレス島からグアテマラシティに飛ぶ。
そこでは、大変なトラブル(=おいしい旅ネタ)が起きるんだった。
xxx

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx